【怪獣8号】主人公日比野カフカって?怪獣の能力も解説

怪獣8号

【怪獣8号】日比野カフカ

困っている人を見かけたら放っておけないお人好しで、善良な人物。
入ったばかりで生意気な態度を取った新人アルバイトの市川レノに対しても、初仕事で精神的にダメージを受けているレノにエナジーゼリーを渡して体力を回復するように促したり、二人して同時に怪獣に襲われた際には、自分が命の危機に陥っている状況でもレノを逃がすために体を張るなど、根っからの英雄気質。

怪獣清掃業者としては非常に優秀で、文句を言いつつもきつい作業をこなす精神性と、解体業者としての経験から培った知識は本物で、その優秀さはもしも防衛隊員に「なれていれば良い隊員になれていた」と、清掃業者の社長が一目置くほど。

肉体的にも通常の三〇代としては決して劣っている方ではないが、肉体の衰えは隠しきれず、やや中年太り気味。それでも腹回りに若干肉が付くに留めている。

突然の覚醒

ある日、市川ともども余獣に襲われた際に二人してケガで入院するが、その際に謎の怪獣に寄生され人間の意識を持ったまま怪獣になってしまう。
防衛隊に入隊するどころか、むしろ自身が討伐対象となったことで一度は夢への復帰に絶望するも、年齢制限が33歳未満とギリギリまで引き上げられたことに加え、怪獣形態で助けた子供の言葉によって怪獣となった身でも怪獣災害から人々を救うことができるということに気づき、再度防衛隊を目指す気概を取り戻す。

初変身時に一般人に目撃され、さらに初めての未討伐怪獣となったことにより「怪獣8号」のコードネームが付けられた。

怪獣としての能力

一言で言えば、超強力な肉体強化がメインの能力となる。
怪獣の強さを表す指標であるフォルティチュードと言う単位では、歴史上でも稀に見るほどの強力な数値を叩きだしており、怪獣としての強さは恐らく最強クラス。

怪獣への変身

怪獣形態時には、頭部は額から2本のツノと牙を生やしたドクロのようになり、体は黒い筋肉で隆々と覆われ、ところどころに鎖骨や脊椎が露出した、身長2メートルほどの人型となる。
力が非常に強く、本気で振った拳は自身よりはるかに大きな怪獣を粉々にするほか、本獣クラスの放つエネルギー弾を受けても無傷で耐えるタフネスもあわせ持っている。ただし、人間に戻った時にはこの性質は引き継がれないようである。

肉体変形

怪獣への変身だけでなく、怪獣への変身をした後も肉体そのものを変形させることができる。
現在のところ、パンチを放つ際に足から支柱が生える、肘が割れてブースターが露出するなど拡張性が高く、変身によって得た強い力を補助するために使っている描写が多い。
作中の描写からすると、純粋に体を大きくするだけの様な巨大化や腕を増やすなどの、より戦術性の高い戦闘ができる可能性もある。
ちなみに空腹(?)になると触手だらけの姿になり口からゼノモーフのようにもう一つの口が出て勝手に周囲の生物を捕食してしまうほか、一見性器はないのに乳首から小便が出るなど、見かけによらず奇妙な構造をしている。

カフカはこの怪獣形態と人間形態を自由に切り替えられるが、基本が怪獣で人間に擬態している状況らしく、気を抜くとたまに怪獣に戻ってしまいそのたびに市川から諫められてる。

タイトルとURLをコピーしました