どうも、こんにちは

 

今回は浪人時代の勉強時間についてどれくらいすればいいのかについて答えていこうと思います。私は病気で二浪しましたが、今考えると勉強を長くやれば賢くなるという安易な発想は辞めた方がいいと思います。どれだけ効率よくできるのかを考えた方がいいでしょう。そして、勉強時間も決めて、その時間内に自分のやるべきことを解決することも大事です。

ということでさっそくみていきましょう。

浪人時代は1日7時間だけ勉強すればいい

導入文でも話しましたが、1日にやるべき勉強時間は決めた方がいいと思います。また、何時にどのくらいの勉強時間するのかを決めて毎日をルーティン化した方がいいでしょう。その中で、いかに効率よく勉強をするのかが勝負だと思います。よくあるのは、音楽を聴きながらの勉強です。音楽は自分の勉強の集中をそぎます。なので、できるのであれば音楽を聴くのはやめましょう。

音楽を聴くとしてもJ-Popのような歌詞が入っているものはやめましょう。せめて歌詞がないJazzやクラシックの音楽がいいでしょう。他にも自分の勉強部屋を持っている人の場合、自分の部屋で勉強するのはあまりおすすめできません。なぜなら誘惑がたくさんあるからです。漫画やゲーム、ベッドなどあなたはその誘惑に勝つことができるでしょうか。10分間だけ休憩といいつつも1時間も休憩してはいないでしょうか。なので、自分で効率よく勉強するためにしっかりと環境のいい場所に自分を置きましょう。

勉強は絶対に朝にしよう

勉強は絶対に朝にしましょう。朝の方が効率よく勉強ができます。私は夜にしか勉強できない体質という人がいるかもしれませんが、試験時間は正直いうと昼間です。夜に試験があるわけであありません。なのであなたが勉強するべき時間帯は朝です。なのでできるんどえあれば午前中に多くの勉強時間を割きましょう。私も統合失調症という病気を患いながらも、朝に3時間だけ効率よく勉強することによって志望大学に合格しました。なので、あなたがもしどうしても夜にしか勉強ができない体質であれば絶対に朝に勉強しなさいとは言いませんが、効率を考えたら絶対に朝の方がいいので、自分の成績を上げたいのであればやってみることをおすすめします。

おすすめは超効率15分勉強法

おすすめは超効率的な15分勉強法です。そのままのとおりで、15分間ずつに分けて絶対的に集中うして勉強する方法です。私は病気の症状もあり、頭がそんなに働くことができませんでした。しかし、短期に効率よく一気に勉強することによって勉強は超効率化できます。人間は1時間も集中することができないように作られています。なので15分という短気なスパンで超集中をして自分で効率よく勉強できる時間を確保しましょう。

その時には、ノートを使って書いて覚えるということは不要です。読んで覚えることを何回もやること、つまり反復しましょう。1度で誰でも覚えることができれば苦労しません。なので、あなたは短期的に何度も反復しながら勉強することが大切です。

おすすめの浪人時代を勝ち抜くための本

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

勉強大全 ひとりひとりにフィットする1からの勉強法

まとめ

ということで今回は、浪人時代の勉強時間についてどれうくらいやるのがいいのかということについてお答えしました。あくまで個人の見解なので何時間でもいいと思います。ただその勉強がどれだけ効率よくできているのかをしっかりと確認した方がいいでしょう。私の場合は、勉強できる時間も限られていたいのでどれだけ効率よく勉強できるのかに焦点を当てました。なので効率よく勉強して空いた時間はあなたは他のことに時間を充てられるといいでしょう。