Amazon"呪術廻戦16巻"予約購入はこちら

【亜人15巻】ネタバレ有り感想まとめ│大量のIBMエグイw

漫画

【亜人15巻】ネタバレ内容

自爆した佐藤はやはり永井たちの作戦を見抜いており、永井の元にやってくる前に一旦死んで、穴とは別の場所に置いてきた腕をもとに復活したようでした。

その後、戻ってきた彼は喋っていた永井と海斗を銃で殺し、またさっきの続きを話し始めます。しかし海斗が殺されたことによる感情の高まりと自身の復活が重なり、永井はフラッド現象を発生させ、大量のIBMを生み出してしまいました。

そしてそれを見た佐藤は、なんと自身のIBMの頭部を永井のIBMの頭部にぶつけ、彼ともう当たりはIBMだらけ、しかもフラッド状態で生み出されたIBMはコントロール不能なため、事態はもはや収集が付かなくなってしまいました。精神状態を交差させることで自身もフラッド現象を発生させ大量のIBMを生み出してきたのです。

【亜人15巻】感想まとめ

このタイミングで「飽きる」佐藤、とんでもない強運の持ち主といえるかも。 戦闘機の墜落によって基地のあちこちが爆発、崩落してしまう。 田中や下村さんは亜人だから死なないにしても、前巻で大活躍だった特選部隊の人達が心配。 圭も佐藤も、かなり特殊な精神構造の持ち主でしたが、海視点の物語によって彼もかなり特殊な考え方をする人間だという事が判明します。 海の死によって引き起こされた圭のフラッド、佐藤のフラッドはこれからどんな事態を引き起こすのでしょうか。 まだ目が離せいない展開が続きそうです。

タイトルとURLをコピーしました