大学生が仮想通貨で失敗する理由はこれしかない

「ツイッターの有名な人がこう言っていたから」と投資を決める。。。

 

これが多いのではないでしょうか??つまり稼げると聞いたから仮装通貨を始めたというのが一般的だと思います。

よくある失敗、それは仮想通貨投資に特に言えることで、人の発言や真似をしてトレードすることです。

 

「投資は自己責任であり損は誰の責任でもなく自分の責任」です。

 

これを理解せず、信じ込んで投資する人が多数存在します。また、ミラートレードと言って、人のトレードを真似することを推奨するところもありますがこれもおすすめできません。このような「楽して稼ごう」というスタイルは、最終的にどんな投資でも失敗してしまうためです。

 

仮想通貨以外でも、よくアナリストのコメントや雑誌の推奨記事を読んだりして、少し投資してみようかな?という感覚になることもあるでしょう。

 

しかし、投資を行うにあたって必要なことは「本質を理解して、自分自身が納得して投資をすること」です。投資をする上で100%勝ち続けることはどんなプロでもできません。投資は最初負けることの方が多いものです。そこをショートカットして勝ちにいくことはまず不可能でしょう。

 

損失が出た時に、きちんと「なぜ負けたのか?何がダメだったのか?」と振り返ることを繰り返し改善していく中で、トレードは上手くなります。人の真似をして一番問題となるのは、「なぜ負けたのかわからない」という状態に陥ってしまうことです。

 

例えば、仮想通貨であればBTC(ビットコイン)を初めて買った時になぜ買ったのかという理由が「人がいいと言ったから」というだけでは、自分で振り返ってフィードバックすらできません。これではただのギャンブルと同じです。

仮想通貨という世界はまだ発展途上であり、ヒヨコのような状態のマーケットです。さらに、外国為替のFXや株のように情報がリアルタイムで入るわけでもなく、またボーダレスな通貨であるため情報が正しいのかすらまだわからないことも多いマーケットです。

 

仮想通貨に関して正しい情報を掴むためには、英語で公表される一次情報を読むことが最もおすすめですが、英語が苦手という理由からツイッターだけで情報を集める人も多いのではないでしょうか。

 

これから投資をされる方や、実際に既に上記のようなミラートレードを行っている方がいたら、まずは自分が危険な投資を行っているという自覚を持ちましょう。ツイッターは、参考材料として利用するのはとても有意義なツールであり、利益を出している(出している可能性がある)ツイッターのアカウントのエントリーを参考にするのはいいかもしれません。

 

しかし、それについていくだけではなく、「なぜその人はここで買ったのか、売ったのか」という理由を掴んで納得し、自分の中で相場のシナリオが頭で整理できるようになることが重要です。

 

繰り返しになりますが「なんとなくその人が言っていたから」という理由での投資は絶対に行ってはいけません。これだけは絶対に控えましょう。

まとめ

中には仮想通貨で稼いでいる人もいます。仮想通貨は、正直なところ今までの投資と比べると投資家にとっては稼ぎやすいのかもしれません。手数料の安さがその一つと言ってもいいでしょう。まずは自分で勉強してから仮想通貨を始めてみるのがいいかもしれません。

 

まずは無料で始めてみるといいでしょう。下記の記事が参考になるはずです。

大学生が仮想通貨(ビットコイン)を無料でもらえる方法紹介