今回は無料でビットコインをもらえる方法を解説していきたいと思います。
<本記事が参考になる方>

✔ビットコインについてまだあまり知らない人

✔少額もしくは無料でビットコインを始めたい人

✔ビットコインをやる意味(メリット)を知りたい人

 

さっそくみていきましょう

ビットコインとは

 

ビットコイン(BTC)と仮想通貨は同義語ではありません。

 

「通貨」というくくりの中に日本円やアメリカドル、ユーロなどが存在するように、ビットコイン(BTC)も仮想通貨の一種に過ぎません。現在、仮想通貨には数多くの種類があり、それぞれがコミュニティによって運用されています。

 

ビットコインの価値は世界中の誰にとっても同じです。対して私たちが普段使っているお金は国によって価値や単位が異なります。

 

 

お金の単位は円やドルのように国ごとに違う呼び名を持ち、自国の経済状況に応じて価格が変動していく仕組みです。しかしビットコインは世界共通でBTC(ビーティーシー)という単位で管理され、各国の情勢とは関係なく人々の信頼に応じて価格が変動します。

 

またビットコインはインターネット上でしか存在しないため、財布に入れて持ち運ぶ必要がありません。さらには旅行先で換金するという作業もないのです。このように外貨両替所に行く手間が省け換金手数料も払わなくて済むとなれば、ビットコインを利用する人々はどんどん増えていくでしょう。

 

現在でもすでに、決済システムの導入を筆頭にしてビットコインが持つこうした便利な要素が着々と日常生活に反映されています。ビットコインは世界中のあらゆる公共機関やレストランで共通のお金として普及しつつあるのです。

ビットコインの3つのメリット

個人間で直接送金ができる

仮想通貨は「直接送金」ができるといっても、あまりピンとこないかもしれません。

 

しかし、これはとても大きなメリットです。

 

インターネット上での売買や、離れて暮らす子供などに送金するとき、銀行振込を使うのが一般的です。しかし、銀行を介する振込では、送金から着金までにタイムラグが発生します。また、別の銀行に小切手を送ると信用調査のための時間がかかり、さらに海外送金となると数日かかることも珍しくありません。

 

ところがビットコイン(BTC)なら、驚くほどスピーディーに送金が完了します。そのスピードは理論的には10分、実際には40分もあれば、相手がどこにいようと送金できてしまいます。

手数料が極めて安い

送金のための手数料が格安なのも、ビットコイン(BTC)の利点です。

 

もちろん、これはビットコイン(BTC)に限ったことではなく、仮想通貨全体にいえることです。銀行の場合、預金者からの引き出しに備えるため、まとまった額の現金を常に用意しておかなければなりません。それには頑丈な金庫が必要ですし、管理する人員も必要です。

 

不便がないように各地に支店を設け、夜間や休日にも対応できるようATMも設置しなくてはなりません。当然その分、設備費やシステムの維持管理費、人件費などがかかり、そのコストを利用者の手数料で賄うことになります。そのため、自分の口座から現金を引き出すだけでも、手数料がかかってしまうのです。しかし、仮想通貨であるビットコイン(BTC)では、そんなことはありません。

 

運用のためのコストはもちろんかかりますが、現金を扱う銀行とは比較にならないほど安く済みます。そのため、送金手数料も非常に低く抑えることができます。例えば、10万円を海外へ送金する場合で比較してみると、銀行の場合は為替手数料と送金手数料を合わせて数千円かかります。

 

一方、ビットコイン(BTC)なら送金手数料がかかるだけで、数百円ほどで送金できます。

世界中で同じ通貨を利用できる

海外旅行に出掛けるときは、渡航先の通貨を現金で用意しておかないと何かと不便です。大抵の場合、事前に日本の銀行で現地の通貨やトラベラーズチェックに替えておくか、現地の空港で両替することになります。

 

しかし、この両替の手数料は意外と割高です。例えば、アメリカドルの場合、国内の銀行での手数料は1ドルあたり3円です。1,000ドル分を両替した場合、手数料だけで3,000円もかかります。海外へ旅行に出掛けるときも、旅行から帰ってきて現地の通貨を日本円に両替するときにも、どちらもしっかり手数料を取られます。

 

 

けれども、ビットコイン(BTC)で支払えば、両替の手数料は要らず、決済手数料のみで済みます。旅行先の飲食店でもショップでも、ビットコイン(BTC)の決済に対応している店なら、タブレットなどで支払い用のQRコードを表示してくれます。

 

自分のスマホアプリでそのコードを読み取って送信するだけで、財布から現金を出して支払うのと同じ感覚で、支払いができるのです。ビットコイン(BTC)決済が可能な店舗は年を追うごとに増えており、特にアメリカとヨーロッパの都市部では、急激に取扱店舗が増えています。

 

店側にとっても、数%の手数料を支払わなくてはならないクレジットカードよりもビットコイン(BTC)決済はメリットが大きく、普及している理由のひとつといえるでしょう。

ビットコインのデメリットとリスク

大きな価格変動

 

ビットコイン(BTC)は、インターネットを使った便利な決済手段として開発されました。現在でも決済手段として利用されていますが、最近、ビットコイン(BTC)の取引を始めた人の多くが、株式やFXなどのように金融取引・投資の対象にしています。

 

また、ビットコイン(BTC)はボラティリティーが非常に大きく、投機的な側面が強くなっています。そのため、価値の保存に不向きな資産となり、本来の目的であった決済手段として利用しにくくなってしまいました。

国による価値の担保がない

 

法定通貨のように中央銀行の管理を受けていないビットコイン(BTC)は、それぞれの国や地域の経済状況の影響を受けにくいというメリットがあります。その反面、システムの崩壊などビットコイン(BTC)の価値を大きく損なう事態が生じても、それぞれの国や地域は価値を保証してくれません。

 

また、ビットコイン(BTC)には価値を担保する中央銀行がなく、適正価格の算出が難しいという傾向があります。そのため、ハッキング被害など外部環境の影響を受けると、価格が大きく変動する傾向にあります。

取引所の破たんリスクがある

 

銀行や証券会社、保険会社などの金融機関は、破たんした場合でも利用者を守るための仕組みが国によって整備されている面があります。

 

しかし、ビットコイン(BTC)に関しては、これらの伝統的な金融機関やこれらの金融機関が取り扱う商品やサービスに比べると、利用者保護の仕組みが発展の途上にあり、取引所がハッキングなどを受けて破たんした場合でも補償が受けられないことがあります。

チャージバックできない

 

クレジットカードにはチャージバック機能があり、不正な取引や処理から利用者が守られる場合があります。

 

しかし、ビットコイン(BTC)は取引が承認されると、その取引を取り消すことができません。そのため、不正アクセスで仮想通貨が流出した場合や、間違えて送付してしまった場合でも、補償してくれる仕組み等がありません。

取引の処理に時間がかかるようになってきた

 

ビットコイン(BTC)の取引をする人が増えた結果、処理が追いつかなくなり、承認を得るまでの時間がかかるケースが増えてきました。

 

また、より迅速に送金するため、追加で手数料を支払わなければならないこともあります。

無料でビットコインがもらう方法

僕はアンケートモニターを利用してポイントを貯めて、ポイントと仮想通貨を交換してビットコインをもらいました。毎日コツコツと重なていけば、1カ月くらいで交換できると思います。

 

なので、ビットコインで生活資金を稼ぎたいという人には向いていないでしょう。ビットコインって?何なの?ちょっとだけ始めたいという方向けにはおすすめです。

>>僕が利用したサイトはこちら

まとめ

ということで今回はビットコインが無料でもらえる方法を書いていきました。どうだったでしょうか?もしかしたら初心者には少し難しいかもしれません。投資をするならまずは投資信託の積み立てNISAの方もおすすめです。よかったらそちらも調べてみてください。