ブログの記事の書き方│成約率を高めるアフィリエイトの張り方も

Cocoon・Wordpress

分かりやすいブログの記事の書き方

分かりやすく伝えるためにはテクニックと前提となる考え方が重要になります。

今回はさまざまあるテクニックの一例を紹介します。

今は文章にもデザインを使う時代になりつつあるので、図や箇条書き、枠組みは前提条件であるのでこれ以上は書きません。

導入文は最後に書く

導入文(記事冒頭の文章)は読者がタイトルの次に目にするものでありブログ記事の中で一番重要な文章です。導入文にはユーザーの求める情報が記事に含まれてるかを判断してもらう役割や、ユーザーとの距離を縮めるアイスブレイクのような役割があります。

導入文は最初に書くことが多いのですが、ブログ本文を書き終え記事ができてから「読者に対して記事内容が伝わるか」を意識して書き直すことをおすすめします。

書いた記事を読んでほしい人や読んだ後どうなっているのかを書くと効果的です。

簡潔に分かりやすく書く

「無くても同じ内容が伝わるなら書かない」ことを意識して簡潔に書くように心がけましょう。

できる限り文章は短くして簡潔に伝わりやすいように書いてください。

難しい単語は使わない:あくまで初心者に向けて

あなたにとって当たり前の言葉は、読者にとっては当たり前ではありません。ブログを書くときに、基本的にはなるべく難しい表現や言葉、専門用語などを使わないように気をつけましょう。

専門用語を使う場合は、なるべく多くの人が理解できるように簡単な言葉に言い換えたり、知ってほしい大事な用語の場合には解説を設けたりするなど工夫をしてください。

見出し・本文にもSEOキーワードを含めよう

見出しにキーワードを入れることはSEOの基本ですが、無理にいれすぎて読者がわかりづらい表現になってしまうと本末転倒なので、その点には注意しましょう。

語尾を「です/ます」調で統一する

記事を読んでいて違和感を感じる場合、原因として多いのが語尾が統一されていないケースです。混同している場合は違和感を覚えたのではないでしょうか。個人ブログでは特に理由がなければソフトで丁寧な印象になる「です/ます」調で統一することをおすすめします。

成約率の高いアフィリエイトの張り方

成約率を高めるアフィリエイトの張り方について解説します。

まだ、何もアフィリエイトサイトに登録していない人はまずは有名なアフィリエイトサイトであるa8.netに登録してから始めましょう。

他にもおすすめのアフィリエイトはありますが今回は割愛します。

 

基本的に今回のアフィリエイトの張り方は、ブログの内容がいいものを前提としています。

そのことを踏まえてみていきましょう。

 

読者は、あまりデイスプレイ広告を好みません。

あからさまに広告だなと分かるからです。

 

なので、リンクを張るのであれば、テキストリンクにしましょう。

そして、ただおすすめですといってテキストリンクを張るのではなく、今登録するといいということを教えないと読者は動きません。なので、テキストリンクの前の文に2~3行ほど、読者が今すぐ登録したいと思うような文章を書きましょう。

 

*しかし、嘘は書いていけませんからね。

まとめ

今回はブログの記事の書き方とアフィリエイトの張り方について解説しました。ゴリゴリにおすすめですというのではなく、こんなサービスもあるので興味があれば見てねくらいがちょうどいいです。だってリアルでもゴリゴリに営業されたら、困りますよね。

読者の立場になって考えるのが一番です。そこを前提として考えて記事を書きましょう。

タイトルとURLをコピーしました