どうも、こんにちは

 

今回はジャズをテーマにしている漫画を今回紹介したいと思います。BLUEGIANTという漫画で登山漫画である岳を描いた人でもあります。ほんとにおすすめなのでぜひ一度読んでほしいです。ということでさっそく見ていきましょう。

BLUE GIANTあらすじ

仙台編

宮城県仙台市に住む高校生・宮本大はまっすぐな性格の持ち主だが、将来なにをしたいのか分からず学生生活を送っていた。ある日聞いたジャズの曲に興味をひかれ、初めてのライブハウスでのジャズ演奏を目の当たりにしたことで、サックスプレーヤーを目指すことを決意。

サックス購入のためアルバイトを続けるも、なかなか貯まらなかったが、それを知った兄・雅之がローンでサックスを購入し大にプレゼントする。毎日学校帰りに河原でサックスを練習し続けた大は、リード購入の際に立ち寄ったことで知り合った楽器屋の店主からライブ出演の誘いが来る。

小さなジャズ・バーの出演バンドにゲストという形で披露するが、常連客から音が大きいだけでうるさいと罵声を浴びられ、呆然としたままステージを降り帰路につく。その後も日課である練習を続けるなか、大が出演したジャズ・バーのマスターから音楽教室の講師:由井を紹介される。

大の演奏に、いろいろ落第点をつけるも、次回から家に来いと誘われ大は快諾。教室に通うことで大の演奏はパワフルさを増しながらも、繊細な部分も向上していった。サックスプレーヤーになるために高校卒業後は上京することを決意。

上京する前に最初のステージにて罵声を放ったジャズバーの常連客を招いて、今の自分の演奏を聴かる。常連客はしかめ面をしながらも最後まで演奏を聴いて店を出た。

 

東京編

上京後、宛のない大は、進学上京していた同窓生:玉田の家に上がり込み居候を始める。家賃を払うことで玉田もしぶしぶ承諾した。都内のジャズライブハウスを回っていた大は、ピアニスト:沢辺雪祈と出会う。人をなめきった態度は好ましくないが、ピアニストとしての腕にほれ込み、大はバンド結成を呼び掛けた。

大の演奏を聴いて、なにかを感じた雪祈は組むことを承諾。二人きりでの練習が続くなかドラムが必要と感じメンバー募集を始める。大学生活に刺激のなかった玉田は、大の演奏を聴いて、なにか楽器を始めようかと大に話したところ、玉田をドラマーにしてバンドに加入させることを思い、雪祈に告げると、ドラムセットにも触れたことのない全くのド素人ためもちろん大反対。

「200パーセントムリ!!」となめられた態度であしらわれた玉田は諦めがつかず、ドラム教室に通いはじめ、自宅用に練習セットを購入し猛練習に励む。1週間後に玉田の演奏を聞いた雪祈は加入を反対するも、大が「下手だからダメ。追い出すのは簡単。

それがジャズへの入り口を狭くして、誰も通さなくなる。だからジャズがダメになるんじゃねぇか?ウマくてもヘタでも感動できればいい。」と説得。三人は「JASS(ジャス)」を結成する。玉田が加入して5か月後に初のライブが決まる。数えるほどしかない観客の前で演奏をはじめる三人。

終演後、何もできなかったと呆然とする玉田は、二人のためにバンドを抜けるべきかと吐露すると、雪祈は他に二人にダメ出しを言い、玉田に「思ってたより、悪くなかった」と告げたことで、玉田は続けていく決意。その後、JASSはライブ回数を増やしていく度、ファンが増えるようになってくる。

客として来ていたプロギタリスト川喜田の目にとまり、自身のライブゲストに誘われた雪祈は快諾し出演。後にツアーメンバーに誘われたが、JASSの活動があるためと断る。出ごたえを感じ始めた雪祈は、日本最高のステージ「SO BLUE」への出演に乗り出すため、川喜田経由で支配人の平(たいら)を紹介され、JASSのライブを観に来ること約束。そのライブは成功とも言えるほど雪祈は満足し、終演後に平と出会いライブの感想を聞くも、葉は厳しく、ライブをうまく見せることに気合を入れた雪祈のプレイは「面白くない」であった。

言い返す言葉もなく、さすがの雪祈も完膚なきまでに打ちのめさた。後日、大は高校自体に思いを秘めていた三輪と再会。三輪の誘いで1日デートをしたことで、大は改めて告白をしようと思っていたが、三輪は他に好きな人ができたこと、そして大のことでずっと悩んでいたことを告白し、お互い握手をして駅で別れた。三人はJASSとして「SO BLUE」のステージに立つことを決意する。


平は「SO BLUE」での海外ミュージシャンの来日公演で、出演不可となったピアニストの代わりに、雪祈へ連絡をとり、サポート参加を頼んだ。JASSとして上がる目標であったSO BLUEのステージに立つことに葛藤していたが、大と玉田は快く送り出したことで参加を快諾。雪祈はこれでもかと、自然に自分自身のプレイを完奏した。その後の平との再会から、JASSの「SO BLUE」出演をスタッフ会議で打診した。

BLUEGIANTの漫画

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

まとめ

ということで今回はJazzのおすすめ漫画を紹介しました。ブルージャイアントは正直めちゃくちゃおすすめの漫画なので一度ぜひ読んでほしいです。私もこれを読んで熱い気持ちになり、受験に励みました。何か頑張りたい人にはおすすめです。