どうも、こんにちは

 

 

今回は3種類の読書方法を紹介していきたいと思います。

 

 

みなさんは「読書=全部隅々まで読もうとしていませんか?」

別に読書感想文ではないので、隅々まで読まなくていいのです。本来の読書はもっと自由であるべきです。自分の好きなところを読み、興味のないところは読まなくてもいい。そんな読書の仕方もあることを今回は伝えていきます。

 

それではいきましょう。

興味のないところは読まない

 

まず1つ目が興味のないところは読まないことです。自分の興味のないこと・知っていることは読まなくていいんです。

 

だって嫌じゃないですか?

せっかく好きな本でも中には「あ~この知識は知っている」ということがあると思います。

そういうときはじゃんじゃん読み飛ばしてしまいましょう。

ちょっと興味のある所はちょび読みをする

 

おそらくあなたが少し興味のある文章の中に、あなたがそそるキーワードがあると思います。そういうときは、ざっくりでいいので、さらさら読みをしましょう。

 

あんまり深くまで読まなくてはいいです。

あ~こんなこと言ってるんだな~と思えれば全然OKです。

 

興味のある所は熟読

 

 

あ!これは今の私には必要なことだと思えば、そこは熟読をしましょう。じっくり読み内容を理解しましょう。

 

難しいキーワードがあれば、しっかり調べ、読みこみましょう。

そして、読んだことはアウトプットをするとなおよいです。

 

 

アウトプットといっても人に話すのもいいし、ブログに書いてみるのもいいかもしれません。

ぜひ行ってみてください。

まとめ

 

以上で今回は3種類の読書方法を伝えました。簡単に言えば好きなように読みましょうということです。あなたの時間はあなたでしか使えなく、簡単に時間は潰れることもあれば、有意義に活用することも可能です。読書はもっと自由であるべきです。好きな時に好きなところだけを読む重要性をもっと広めていきましょう。