【簿記2級】独学で合格するためのポイント

独学のメリットは専門学校で勉強することと比較して、お金がかからないという点です。

つまり、コスパです。できるだけ、時間・お金をかけずに合格したいですよね。

 

ですが、独学はそんなに甘いものではありません。

それなりの戦略と気力が必要となります。

 

私が日商簿記2級に合格した経験を元に、独学合格に必要な3つのポイントを解説します。

工業簿記は満点を目指し、商業簿記は合格点を目指すことがポイントです。

 

よくある勉強法の間違いとして、商業簿記と工業簿記はバランス良く勉強しましょうという記載を見かけます。ですが、日商簿記2級に関して言えば、バランス良く勉強することは、かなり効率の悪いやり方です。

 

特に社会人であれば、そこまで時間はとれないと思うので、時間がない人はやめた方が良いです。

なぜなら、商業簿記と工業簿記の出題範囲とパターンが大きく異なるからです。

 

<<商業簿記>>

出題範囲   : 広い、1級から論点が追加されることがある

出題パターン : 多い

配点     : 60点

<<工業簿記>>

出題範囲   : 狭い、論点の追加はない

出題パターン : 少ない

配点     : 40点

日商簿記2級の基本情報でも触れましたが、日商簿記2級は商業簿記、工業簿記を合わせて、70点以上で合格です。工業簿記は範囲も狭く、パターンも少ないですが、40点の配点です。

 

一方、商業簿記は、範囲が広いうえに1級からの論点追加がありパターンが多いにもかかわらず、60点の配点です。

 

ここまで分かると、もう説明する必要もないと思いますが、

工業簿記は完璧に理解し、満点の40点、商業簿記は半分の30点を確実に取れるよう勉強することが効率的な戦略となります。

 

ここまで聞くと、工業簿記で満点なんて可能なのか疑問を抱くと思います。

 

結論を言うと可能です。

なぜなら、工業簿記はその性質上、一部の解答を間違えると芋づる式に解答を間違えてしまう出題パターンがほとんどだからです。

 

例えば、原価の配賦の計算問題であれば、配賦する元の金額を間違うと、各部門への配賦額も間違ってしまいます。ですから、工業簿記を満点近く取れない人は、おのずと不合格となる可能性が高いです。

 

実際、私自身も工業簿記は1問も間違えないように何度も問題を解いて練習しました。

その結果、満点の40点とることができました。

 

工業簿記は慣れが大事です。

何度も問題を解いて練習しましょう。

 

これらの戦略を念頭において、勉強スケジュールを立てましょう。

先に勉強スケジュールを決めるのが正解
勉強のスケジュールは先に決めることが重要です。

おすすめの簿記2級テキスト

資格の勉強と言ったらもうTACかRECしかありません。

私が使っていたテキストを紹介しますね。

 スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第12版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

 簿記勉強時のおすすめの集中力を高めるアイテム

 

効率的に勉強して知識をつけるには、戦略が必要ですが、戦略は遂行できなければ意味がありません。では、遂行に必要なものは何か。

 

それは、目的意識と集中力です。

目的意識は、その名の通り、何のためにそれをやるのか、目的を明確に定めることで、作ることができます。

 

一方、集中力を維持させることはなかなか難しいです。

集中力は、その日の体調や精神状態に影響されます。

 

なので私はモンスターを飲んでいました。

 

 アサヒ飲料 モンスター パイプラインパンチ 355ml ×24本