【カフェ開業】6W2Hを考えて経営を考えよう│仕組み化も一緒に

カフェ開業のあれこれ

どうも、こんにちは

 

今回はカフェ開業の際に、6W2Hを考えて経営を考えようということについて書いていきます。経営をする上での非常に大事なことなので、カフェ開業をしたい方は、一度考えてみるといいかもしれません。

6W2Hは以下のとうりです。

Who:誰が

When:いつ

Where:どこで

What:なにを

Whom:誰のために

Why:なぜ

How:どのように

How much:いくらで

カフェ開業6W2Hの例

Who:20代から30代の女性

When:正午12時から午後3時ほど

Where:東京渋谷区

What:談笑スペース

Whom:お客さんとその連れ

Why:渋谷区に長時間滞在する場所がないから

How:個室を用意

How much:時間制(1時間2000円)

このように6W2Hを細かく設定することでターゲットを定めて来店してくれる客層を絞ることができます。

カフェ開業6W2Hの注意点

6W2Hを決めるのはとてもいいことです。しかし、注意点があります。それはあくまでこのターゲット層が正解ではないことです。私のターゲットの客層とは違うお客が来た、、、、ということもあります。いや、後者の方が多いと思います。なので修繕をしましょう。時間帯を午後、午前に分けてもいいです。なので、あなたが決めたターゲットが必ずしも来ることはないので、そこはあらかじめ念頭に入れておきましょう。

カフェはありふれている│差別化と仕組み化が重要

カフェは私たちの周りにありふれています。なので大手のスターバックスやドトールのような競合店には絶対に値段では勝つことはできません。なので、やるべきことは値段以外の差別化です。例えば、カフェなのに雑炊を置いている店もあります。いわゆる雑炊カフェですね。これも差別化ですお客さんは安いから来るわけではありません。中には時間をつぶすために安いカフェを選ぶ人もいます。しかし、安いカフェは言ってしまっては失礼ですが、大手のカフェに任してしまえばいいのです。あなたのお店だから来る人であるファンを作りましょう。

また、仕組み化も大切です。仕組み化といってもそれほど大事ではありません。やるべきことはデータを取ることです。例えば、この時間帯にこれほどの来店数、注文はこのメニューが多いといったようにデータを取りましょう。そうすることによってきちんと、対策ができます。対策ができれば、それによって、曜日によって限定数量を変えればいいので、必要な食材だけを仕入れることができ、余分の食材をコストカットできます。

まとめ

ということで今回はカフェ開業の経営を考えるために6W2Hという技法を使いました。6W2Hはあくまでターゲットを予想するときに使います。多くの場合は、ターゲットはずれたり、間違うことが多いです。なので、やるべきことは予想をしてそれに対して対策を打つことです。まずはやってみましょう。そして、予想が外れれば修正をしましょう。

他にも読んでほしいオススメ記事

カフェ運営に必要なブランディング

 

カフェ経営でファンを作るために必要なこと(回答)ファン同士を繋げる
どうも、こんにちは 今回はファンを作るために必要なことについて話をしていきたいと思います。 結論から言うと、ファン同士を繋げることが大切になると思います。 ファン同士を繋げる?どういうことだ?と思うので見ていきまし...
【カフェ集客】Instagram編│SNSを使って来店してもらうきっかけを作ろう
どうも、こんにちは 今回はカフェ集客でインスタグラムを活用してお客さんに来店してもらえるようにしましょう。使っている人は若い人、特に女性の方の割合が非常に多い印象でもあります。なので特に女性の方でお店に来店する導線づく...
カフェ経営ですべきブランド戦略│開業から考える8つの術
どうも、こんにちは 今回はカフェ経営ですべきブランド戦略をお話をしていきたいと思います。開業からでも全然役に立つ知識であるのでよかったら参考にしてください。ブランド戦略をするときにやってはいけないことは、何も考えずに価格を上げ...
カフェ経営で売り上げを上げるためにすべき2つのブランディング
どうも、こんにちは 今回はカフェ経営で売り上げを上げるためにすべき2つのブランディングについてお話をしていきたいと思います。それではいきましょう。カフェ経営では、なかなか競合が多いですよね。 一番有名どころだと、...
【カフェブランディング戦略】実店舗は何を売りにするのかで決まる
今回はカフェでのブランディングについてお話をしました。やはりやるべきことは掛け合わせだと思います。そしてここのお店に来る理由を作りましょう。ネット販売が発展した中、機能だけで勝負するのは厳しいと思います。なので、空間に価値を置いてみたり、デザインに凝ってみるのもいいでしょう。今後カフェを行いたい人もいろいろと想像が膨らむと思いますが、ブランディングについても考えるといいはずです。自分だけのカフェを作り上げていきましょう。
【副業】1人カフェ起業でするべき3つのこと
今回は1人起業カフェですべき3つのことについてお話をしました。やるべきことはまずはブランディングでしょう。一番いいのはブランディングをしながら、集客や商品作りをすることですのでまずはやってみましょう。1人カフェであれば、やろうと思えばできないことはないです。ただ、そこにお客さんが集まるかどうかは別です。なのでまずはできることからやっていきましょう。

 

カフェ経営

 

カフェ経営での失敗談を7つ解説│結論)経営の仕方を学ぼう
どうも、こんにちは 今回はカフェ経営で失敗談を7つ解説していきたいと思います。私も今経営の必要だなと思うところを自分で独学ですが学んでいますが、やはり学んでおいて損はないことだと思います。なのでやるべきことはやっておいた方がい...
カフェ経営で客数×客単価は意味がない?解説してみた
どうも、こんにちは 今回はカフェ経営で客数×客単価は意味がないことをお話をしていきたいと思います。一般的には売り上げを知りたいときは客数×客単価で計算をして出します。カフェ経営でも売り上げを出すだけであれば問題ないです。ただ、...
カフェ経営から学ぶ3つの時間の浪費│無駄はなくそう
どうも、こんにちは 今回はカフェ経営から学ぶ3つの時間の浪費について学んでいきたいと思います。カフェ経営を将来したいという人はぜひ私と一緒に学びましょう。 その前に時間の考え方について学びましょう。 時間に...
カフェ開業が夢であればやるべき5つのステップ
今回はカフェ開業でやるべき5つのステップについて解説していきました。どうだったでしょうか?みなさんもやりたいという気持ちの人はいると思います。しかし、すぐに物件を探すのではなくまずは自分ができること。そして、小さい失敗をたくさんしましょう。私も現在やれるべきことをしている途中です。そして、自分の目標を叶えるために全力で!ということで今回はここらへんにしたいと思います。読んでいただきありがとうございました。
【カフェ大繁盛】通販番組から学ぶ導線設計│経営・集客戦略
今回はカフェ大反響にするための通販番組から学ぶ導線設計を考察しました。やはりいろいろのビジネスモデルから学べることはいろいろとありますね。勉強すればするだけ知識として蓄えられるのでやってみましょう。失敗しなくてもいいものはしないで自分のカフェ開業でできることをしていいきましょう。
【週末カフェ起業】メリットとデメリットをそれぞれ3つずつ解説します
今回は週末カフェ起業をする上でのメリットとデメリットを考察して解説しました。週末カフェ起業は趣味でやるうえではいいかもしれませんが、単純にお金稼ぎのためであればおすすめしません。しかし、誰かに感謝や楽しい気持ちにさせることが好きであれば、あなたの新しい価値観が芽生え、今後いい方向に進んでいくのは必ずでしょう。

 

カフェ運営に必要な集客

 

カフェブログ集客をするときに注意する5つのポイントまとめ
どうも、こんにちは 今回はカフェブログ集客をするときに注意する5つのポイントについてまとめました。ブログであなたの店を認知してもらい、アクションを起こしてもらえるような書き方をしなければなりません。そのためにも、まずはやるべき...
【カフェ集客】集客できるホームページの5つのポイントを紹介するよ
どうも、こんにちは 今回はカフェ集客で集客できるホームページを作成するためにすべき5つのポイントについて話をしていきたいと思います。ホームページなんていらない。アナログ集客でも全然集客できるでしょ。という人も中にはいる...
カフェブログでWordpressを使うときにおすすめ無料テーマ紹介
どうも、こんにちは 今回はカフェブログでワードプレスを使用する際にテーマを設定する必要が必ずあります。テーマとはそのサイトの全体のデザインを決めたり、一定の機能をもったもののことをいいます。今回はそんな無料でもいけるテーマを紹...

 

 

タイトルとURLをコピーしました