『共働きが理想』という男女におすすめな婚活サイト紹介│キャリ婚

就職・転職のあれこれ

今回は共働きが理想という男女におすすめな婚活サイトを紹介します。女性でももうすでに家で家事をして旦那さんを待って居ることなんて古いです。女性も今後活躍していく中で今回の記事を参考にしてもらえれば幸いです。

ということでさっそく見ていきましょう。

NHKほかメディアで話題殺到! 女性が選ぶ婚活サイト「キャリ婚」

共働きで理想な生活を送るために必要な5つのこと

家事を相手任せにしないこと

夫の家庭状況などにより、妻が負担する家事が多くなってしまうことがありますが、これはもちろんNGです。

妻が働くことを同意しているならば、こういった家事の分担もしっかり話し合うことが大切です。決して、どちらかが偏って負担しないようにしましょう。

また、分担制にするといいかもしれません。料理を作るのが苦手であれば得意な方がしてその分皿洗いはするなど分担しましょう。

すれ違う不満を相手にぶつけないこと

夫婦ともに仕事が忙しく、また、就業時間によっては顔を合わせない日があるということも。そんなすれ違い生活に不満を感じても、相手にぶつけてはいけません。

また、ラインやメールなどではしっかりと連絡を取るようにしましょう。

時にはイチャイチャなメールを送っても全然いいと思います。末永く幸せになるためにもすれ違いの生活はできるかぎりなくしましょう。

お金は共同で管理すること

共働きだからといって、お互いのお給料をそれぞれ好きに使っていたら、結婚生活を送っている意味がないと言っても過言ではありません。

例えば、将来生まれる子供のことなど未来のプランをしっかりと立てて貯蓄する必要があります。既にお子さんがいるのならば尚更、お金の管理はとても大切なことです。

出来れば貯蓄用とやりくり用に口座を最低2つはつくり、そこから互いのお小遣いも出していきましょう。10年後先には1000万円貯めるなどといったプランをしっかり立てましょう。まずは目標を決めることが大切です。

はたらく女性の為の婚活サイト【キャリ婚】

自分だけ損しているとは思わない!

家事など、自分が負担しているものが相手より多い気がして「自分だけが損している!」と思ってしまうと、途端に不満が爆発してしまいます。

しかし、そういう時は考え方を変えてみましょう。例えば、相手より多くの家事をこなしているなら、「こんなに頑張っている自分はえらい!」「ここまでするのは負担が多いから、やっぱり相手に手伝ってもらおう」と素直に、ポジティブに考えてみてはいかがでしょうか?

前向きにとらえることで、相手へ素直に要求を伝えられるようになります。また、頑張り過ぎないことも重要です。

休日は二人で過ごそう!

朝から夜までパートナーと過ごせる時間はとても貴重です。休日は出来るだけ二人でいましょう。
たまに友人と遊ぶ約束するのは仕方ありませんが、必ず相手の了承を得てから計画を立てるように。

お互いに寂しい思いはしないよう、思いやりを持ちましょう。近くの公園や浜辺でのんびりすることも時には大事です。二人でいれる時間を大事にしましょう。

キャリ婚の5つのポイント

5つの手順で主にキャリ婚は進めていきます。

事前面談

独身誓約

共働き志向があるかどうか

価値観マッチング

女性が選ぶ

 

事前面談

すべての男性会員に事前の面談を行っています。数ではなく、結婚にコミットする男性を確保しています。男性の方は会員登録が無料の分です。

独身誓約

男性会員は登録時にキャリ婚独自の「独身誓約書」にサインをしています。うそをついてけっこ恩をしてということがあればそれは違約になります。気を付けましょう。

共働き志向

面談時に必ず「共働きで構わないか」「すぐに結婚したいと思っているか」の2点を確認しています。女性の方が特に共働きをしたいという思考が強い方が多いです。そういった女性の方をお探しの男性にはおすすめです。

価値観マッチング

会員登録時に50個近い、恋愛・結婚・家庭生活に関する質問にお答えいただきます。

女性が選ぶ

サイト上からアプローチできるのは女性のみ。安心して婚活に望めます。

おすすめなのはキャリ婚

働いていてなかなか時間が取れない女性のために作られたサービスです。ぜひ今回を機会に使ってみましょう、まずは行動してみないと分かりませんとにかくアクションしまくりましょう。

はたらく女性の為の婚活サイト【キャリ婚】

まとめ

ということで今回は、『共働きが理想』という男女におすすめな婚活サイト│キャリ婚について少し掘り下げてみました。共働きが理想になっていく世の中です。男だけが仕事に行き女性は家で家事をするのはもう時代遅れ。。。そんな人にとっておすすめなサービスだと思いますので一度検討してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました