カフェ開業のあれこれ

カフェ開業のあれこれ

自宅カフェ・喫茶店で必要最低限の機材は何がいる?

今回は、自宅カフェで喫茶店で最低限の機材をまとめてみました。どうだったでしょうか?シンクや食器棚のような大きいものは注文しないといけませんが、コップや食器、イスやテーブルは自分でももしかしたら集めることができるかもしれません。なので一度知り合いに尋ねてみるといいでしょう。まずは一度事業所などを作ることからだと思いますので、まずは挑戦してみましょう。
カフェ開業のあれこれ

定年退職後】セカンドキャリアとしてカフェ・喫茶店開業はどうなの?考察してみた

今回は、定年退職後、セカンドキャリアとしてカフェ・喫茶店開業をしたい人に向けて、カフェ開業のメリットとデメリットを書きました。やはり、稼ぐことはなかなか難しいと思います。なので、どちらかというといろんな人と関わりたい、コミュニケーションが好きという人にはおすすめです。ぜひ、やって見たい方は長期的な目標を立てて行ってみましょう。
カフェ開業のあれこれ

【カフェ開業したい方必見】おすすめの本5選│まずは読んでみよう

今回はカフェ開業したいときにおすすめの本を5選紹介しました。よかったら一度本屋や図書館で調べてみるといいでしょう。カフェ開業したいけれど最初はどうすればいいのか、、、何を始めればいいのか分かっていない人も多いと思います。内装をDIYしたいという人もいると思うのでまた、他の記事で紹介しようと思います。今回はここまでに。読んでいただきありがとうございました。
カフェ開業のあれこれ

【カフェ大繁盛】通販番組から学ぶ導線設計│経営・集客戦略

今回はカフェ大反響にするための通販番組から学ぶ導線設計を考察しました。やはりいろいろのビジネスモデルから学べることはいろいろとありますね。勉強すればするだけ知識として蓄えられるのでやってみましょう。失敗しなくてもいいものはしないで自分のカフェ開業でできることをしていいきましょう。
カフェ開業のあれこれ

【カフェ起業】仲間・共同者と上手くビジネスをするためにすべきこと

今回はカフェ起業をするうえで大事な仲間や共同者と上手くいくためにすべきことを書きました。やるべきことはまずは目的をしっかりとすることです。なので、目的である軸を作りましょう。そのあとにあなたは絶対ルールを作って、店の個性を出すこと、従業員に伸び伸びと働いてもらうことが大事になるでしょう。
カフェ開業のあれこれ

【週末カフェ起業】メリットとデメリットをそれぞれ3つずつ解説します

今回は週末カフェ起業をする上でのメリットとデメリットを考察して解説しました。週末カフェ起業は趣味でやるうえではいいかもしれませんが、単純にお金稼ぎのためであればおすすめしません。しかし、誰かに感謝や楽しい気持ちにさせることが好きであれば、あなたの新しい価値観が芽生え、今後いい方向に進んでいくのは必ずでしょう。
カフェ開業のあれこれ

【カフェブランディング戦略】実店舗は何を売りにするのかで決まる

今回はカフェでのブランディングについてお話をしました。やはりやるべきことは掛け合わせだと思います。そしてここのお店に来る理由を作りましょう。ネット販売が発展した中、機能だけで勝負するのは厳しいと思います。なので、空間に価値を置いてみたり、デザインに凝ってみるのもいいでしょう。今後カフェを行いたい人もいろいろと想像が膨らむと思いますが、ブランディングについても考えるといいはずです。自分だけのカフェを作り上げていきましょう。
カフェ開業のあれこれ

【カフェ開業】6W2Hを考えて経営を考えよう│仕組み化も一緒に

今回はカフェ開業の経営を考えるために6W2Hという技法を使いました。6W2Hはあくまでターゲットを予想するときに使います。多くの場合は、ターゲットはずれたり、間違うことが多いです。なので、やるべきことは予想をしてそれに対して対策を打つことです。まずはやってみましょう。そして、予想が外れれば修正をしましょう。
カフェ開業のあれこれ

【カフェ開業】集客に必要な最低限のツールとは?

今回は集客において必要な最低限のツールについてお話をしました。カフェ開業において準備期間である仕込み時間は長ければ長い方がいいです。なのでまずあなたがやるべきことは戦略を練ることかもしれません。確かに実践するのも大事ですが、何も考えずに実践しないのは違うでしょう。まずは考えること、そして実践していき、失敗すれば改善することが大事です。
カフェ開業のあれこれ

【副業】1人カフェ起業でするべき3つのこと

今回は1人起業カフェですべき3つのことについてお話をしました。やるべきことはまずはブランディングでしょう。一番いいのはブランディングをしながら、集客や商品作りをすることですのでまずはやってみましょう。1人カフェであれば、やろうと思えばできないことはないです。ただ、そこにお客さんが集まるかどうかは別です。なのでまずはできることからやっていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました