Amazon"呪術廻戦16巻"予約購入はこちら

【チェンソーマン第2部】デンジの誕生日や悪魔の姿は?プロフィールまとめ

チェンソーマン

【チェンソーマン第2部】デンジの誕生日は?プロフィール

 

本作の主人公。自称16歳。死別した父親の借金を背負い、自身の臓器を売るほど貧乏な生活を送っていた。瀕死のポチタと出会い血を与え契約して以来、ヤクザに雇われて主に非正規のデビルハンターとして活動して生計を立ててきた。ゾンビの悪魔と契約してゾンビ化したヤクザたちに一度は殺害されるが、ポチタが心臓となり身体を再生させたことでチェンソーの悪魔へと変身する能力を手に入れた。ゾンビの悪魔とヤクザたちを皆殺しにした後、マキマに拾われて公安所属のデビルハンターとなった。

肝が据わっており、凶悪な悪魔を前にしても物怖じしないなど大胆な性格の持ち主。また自身の欲望に正直で、女性の胸を揉んだりキスするためにやる気を出すなど不純な面がある。幼少から働いていたため学校に通っておらず、マナーや教養、社会性に疎い面があるが、パワーの好き嫌いを注意したり、悪魔との戦いに鉢合わせた民間人を助けたりと、一定の道徳は持ち合わせている。長らく極貧生活を送っていたため幸福の基準が人よりも低く、また栄養になるものは何でも食べようとする。パワー曰く「口に入った栄養になるものを飲み込む習性がある」。
マキマに好意を持っており、姫野に性交渉を持ちかけられた際も断腸の思いで拒否をするなど律儀な面もあるが、一方で美人でフレンドリーなレゼにあっさり恋をするなど浮気性の一面も持ち合わせている。本人曰く「俺は俺のことを好きな人が好きだ」

サメの魔人ビームに「チェンソー様」と呼ばれ崇められている。ポチタことデンジの心臓が一部のデビルハンターに狙われている。日本のメディアに報道規制をかけるなど、公安からもその存在は外部に秘匿されていたが、レゼとの戦闘においてその姿がTVで報道されたことにより全世界に存在が知られることとなってしまい、各国の政府に手配された刺客たちに命を狙われる羽目になった。
公安に入る前は「普通に生きて普通に死ぬ」ことを夢としていたが、現在はポチタとの「契約」を守るべく、かつての夢の続きを模索しながら生活している。現在の目標は、銃の悪魔を倒してマキマに何でも一つ望みを叶えてもらうこと。

作中での経験を通して様々なことを学び、人間的に成長を続けている。特にパワーとアキとの疑似的な家族関係の発達が顕著であり、家事を分担して行ったり、恐慌状態のパワーをアキと交代で世話したりといった描写にそれが表れている。銃の魔人と化したアキをやむなく殺した際には茫然自失としており、未来の悪魔に「チェンソーの少年にとって最悪の死に方」と評された。

アキとの戦いの後は、姫野の遺族と分け合ったアキの遺産でアパートを借り、パワーと共に過ごしていたが、アキを殺した負い目から食物が喉を通らなくなる程に精神を病んでしまう。そこに現れたマキマに自宅に誘われ、彼女に銃の悪魔を倒した見返りについて問われた際、彼女の家で飼われている犬たちを見た事と、何も考えたくないという思いから『マキマの犬になる事』を願う。しかしその直後、マキマにパワーの殺害に加担させられ、さらにデンジが過去に犯した親殺しの罪を暴露された事から精神が完全に崩壊し、以後はマキマが助けを呼んだことを引き金に『チェンソーマン』に変身し、暴走の限りを尽くす。マキマをして「勝てる気がしない」と言わしめるほどの強さを誇るが、銃の悪魔を倒したヒーローとして周知されたことで恐怖されなくなり、力が弱まったところをマキマに致命傷を負わされる。その後、デンジの体の中に残っていた血から復活したパワーに命がけで助けられ、契約したことでデンジとしての姿を取り戻す。コベニとともに岸辺にかくまわれた際に、コベニとの問答やテレビで称賛される自分の姿を見たことを通して、自分の欲望が肥大していることを自覚し、自らの意思で「チェンソーマン」となることを決意、再びマキマと対峙する。マキマが「デンジ」ではなく「チェンソーマン」しか見ていないことを見抜き、分離させ変身させたポチタを囮に、人間の姿のまま不意打ちをすることで勝利を収めた。

マキマへの好意は最後まで変わることはなかったが、マキマの所業とそれによって命を落とした者たちへのけじめとして、彼女を完全に殺し、罪を共に背負うことを選ぶ。事実上不死身と言っていいマキマを殺したうえで彼女と一つになるための手段として、全身を食肉に加工し肉料理の材料として調理し食べた。

全てが終わった後はニャーコやマキマが残した犬たちと暮らしていたが、ことの顛末を岸辺に報告した際に、転生した支配の悪魔である「ナユタ」を岸辺から預けられ、共に暮らすこととなる。

チェンソーの悪魔とは

 

デンジが悪魔に変身した姿。胸から生えたスターターロープを引っ張ることで変身する。変身すると、頭部全体がチェンソーを模した形状になり、両腕からも腕を貫くようにガイドバーとソーチェンが生える。排気口のような頭部のスリットからは目と思しき丸い光が覗くことがあるが、それ以外の感覚器は確認できない。口は針のような牙が生える。刃は自分の意志で足からも出せるほか、引っ込めることもできる。刃は実際に体を裂いて出現しており、変身している間デンジの血が流出する。そのため貧血になりやすい。

体の各部のソーで切りつける、チェーンを拘束具にする、伸ばして物に掛ける、相手に巻き付けて動きを止めるといった行動ができる。

レゼとの戦いのあと敵味方不明の「デンノコ悪魔」としてTVで報道されたことで、各国から刺客が送り込まれることになる。

レゼとの戦闘やそれまでのデビルハンターとしての活躍に合わせて、銃の悪魔を倒した功績がテレビで取り上げられたことを決め手となり、ヒーロー「チェンソーマン」として世界中に周知されるようになった。

『真の姿』チェンソーマン

 

岸辺の部隊の襲撃を受けたマキマに助けを求められた際にデンジが変身した姿であり、かつポチタの真の姿であるとも思われる。意識がデンジとポチタどちらのものであるのか、あるいはどちらでもないのかは分かっていない。変身の際には、腹から腸のようなものが出てマフラーのように首に巻き付く。頭部と手足のみが変化する普段とは違い、全身が刺々しく黒い鎧のようなもので包まれるほか、角の生えた悪魔らしい頭部になったり、腕が肘の先から4本になったり、片面4本あるはずの排気口のような頭部のスリットがなくなるなどの、より大きな変化がある。マキマ曰く「悪魔に最も恐れられる」「地獄のヒーロー」。悪魔に助けを求められると現れるが、その悪魔ごとあらゆる悪魔を殺し回る。当然その横暴に目を付けられ命を狙われるが、殺されるたびに復活し蹂躙を続ける。その活躍により、怒りや畏怖、崇敬など様々な感情を悪魔から向けられている。

悪魔から恐れられる更なる理由として、食べた悪魔と、その名前を持つ存在をこの世から消し去ってしまうという能力を持っていることが挙げられている。食べられた存在はあらゆる記録や個人の記憶から抹消され、支配の悪魔であり「物事を掌握する力」を持つマキマは唯一覚えていられるが、それでも完全には思い出すことができない。チェンソーマンに名前を持つ悪魔を食べられた結果、作中の世界には「ナチス」「第二次世界大戦」「エイズ」「核兵器」「第六感」といった事物や概念が存在しない。

何者をも寄せ付けない圧倒的な強さでマキマと対峙したが、人々がチェンソーマンをヒーローと見なすようになり、恐怖されなくなったことで弱体化し、一度は敗北する。弱体化してからは、それまでのチェンソーの悪魔の姿に腕だけ鎧が備わったような見た目となった。

『チェンソーの悪魔』ポチタとは

犬に似た姿をした「チェンソーの悪魔」。基本的には犬のような鳴き声しか発さないが、精神世界では大人びた口調で流暢に話す。

前頭部からチェンソーの刃が生えており、後頭部と尻にはグリップも付いている。尻尾はスターターロープになっており、これを引っ張ることで刃が伸張し、チェンソーとしての機能を十全に発揮できる。作中では、デンジが悪魔と闘う際の武器や、材木の伐採のための工具として活用されている。
瀕死で倒れていたところにデンジと出会い血を与えられ、「ポチタを助ける代わりにデンジを助ける」契約をし協力するようになる。悪魔でありながら、デンジとははぐれた際には泣いてしまうほど良好な関係を築いており、デンジが語る夢の話を楽しみにしていた。デンジが殺害された際には夢の中で『心臓をデンジにあげる代わりにデンジの夢を自分に見せてほしい』と言い、再び契約をしてデンジと一体化する。マキマによれば「浪漫的な意味ではなくデンジの中で生きている」らしく、それを聞いたデンジは心から安堵していた。デンジと一体化してからはたびたびデンジの夢の中に現れるようになるが、姿を見せることはなく、廃墟のような場所で紙が幾重にも貼られたドアの向こうから「絶対に開けちゃダメだ」と語りかけるばかりであった。長らくその扉の正体は謎に包まれていたが、82話にてデンジのとあるトラウマを封じ込めていたものだったことが明らかになった。

チェンソーマンとなったデンジがマキマによって瀕死にされた際には、デンジの血に残されたパワーの残滓に自らの肉を与え、パワーとデンジの復活に大きく貢献した。

マキマとの最終戦ではデンジの策の一環としてデンジと成り代わってマキマと対決し、デンジを勝利に導いた。

「誰かに抱きしめてもらうこと」が夢であったが、強すぎたがためにデンジと出会うまでそれが叶えられることはなかった。第一部の最終回である97話では、自分とも通ずる部分のあった支配の悪魔の心中を見抜き、夢の中でデンジに「たくさん抱きしめてあげて」とアドバイスを残した。

デンジについての作者インタビュー

「このマンガがすごい!2021」のインタビューでは、

デンジのキャラクター性は親から虐待を受けた子のドキュメンタリーを参考にした。

デンジはドライを装っているわけではなく、心に穴が空いていて空虚。作品をドライなテイストにし

たかったのでそういった感じが合うかと思っていた。

デンジには敵を恐れる「回路」がなく、学習によって備わることはない。

ということが語られた。

「ダ・ヴィンチ」2021年4月号ではマキマとの関係について

デンジのマキマに対する想いは一方通行じゃなきゃいけない。マキマはデンジを好きになるようなこ

とは何もされていない。

決して通じ合わない関係にケリをつけなきゃとずっと思っていた。

と語っている。

タイトルとURLをコピーしました