Amazon"呪術廻戦16巻"予約購入はこちら

【チェンソーマン】暴力の魔人の正体は?ペストマスクを被っている理由|プロフィールまとめ

チェンソーマン

【チェンソーマン】暴力の魔人のプロフィールまとめ

ペストマスクとガスマスクを合わせたような仮面を装着し、パーカーのフードを被った男性。特異課の統合以降は、コベニとバディを組んで活動している。能力は不明だが、蹴り技を得意としており、蹴る際に足を肥大化させる描写も確認できる。魔人の身でありながら強すぎるため、常に毒の出る仮面で力を制御されている。仮面の下は人間に近い顔をしているが目が2対ある。

暴力と言うけど性格は?

気さくな性格をしており、バディであるコベニに仕事の度に奢ったり、同僚の危機に率先して駆けつけたりとフレンドリーな言行も多く、およそ暴力の魔人らしからぬ振る舞いをする。本人も暴力など好きではないと語る。人間の脳が多く残っているらしく、乗っ取った人物が生前に通っていた学校や定食屋の記憶が残っており、マキマに助けられたことも覚えているが、なぜその人物が亡くなったかは覚えていない。

闇の悪魔との戦いで仮面を外し抵抗を試みるも、あえなく敗れ死亡した。

実はチェンソーマンの眷属

83話にて、チェンソーマンの眷属であったことが明らかになった。

タイトルとURLをコピーしました