【チェンソーマン】かわいい東山 コベニ(ひがしやま コベニ)プロフィールまとめ

チェンソーマン

【チェンソーマン】東山 コベニ(ひがしやま コベニ)

デンジの同僚で新人の小柄な女性。20歳。特異課の統合以降は暴力の魔人とバディを組んでいる。姫野曰く「引っ込み思案だけどかなり動ける」。契約している悪魔は不明。本人は大学進学を望んでいたが、兄を大学に行かせるために風俗に行くかデビルハンターになるしかなかったためデビルハンターになった。9人姉妹で、私服は姉からのお下がりを着ている。また、暴力の魔人にご馳走されるまで人生でソフトクリームを一度しか食べたことがなかったと語るなど、荒んだ家庭環境であることが推測される。悪魔に対しては怖がりな面が目立つが、人並み外れた身体能力を持ち対人での戦闘力は非常に高い。作中では、変身前のサムライソードの腕を出刃包丁で切り落とし拳銃を奪う、銃撃される前に咄嗟にデンジの死体を盾にする、アキと戦闘中の沢渡の背後を悟られずに取るなどの活躍を見せた。


給料を貯めて自動車(フィアット・500)を購入したが、パワーからアメリカ三兄弟の長男が扮する黒瀬を撥ねた責任を擦り付けられ、自動車はその後の戦いの中で大破した。デンジらと共に地獄に送られてしまうが暴力の魔人に守られて生き延び、公安を辞める。
辞職後はハンバーガーチェーン店『ファミリーバーガー』に勤めていたが、店長や店員からパワハラを受け「助けて」と零した事がチェンソーマンを呼び寄せる。「女とデートをしたい」というデンジの夢に付き合わされる形でチェンソーマンに連れまわされる。

タイトルとURLをコピーしました