Amazon"呪術廻戦16巻"予約購入はこちら

【チェンソーマン4巻】ネタバレ有り感想まとめ│サムライソード現るwww

チェンソーマン

チェンソーマン4巻ネタバレ内容まとめ

4巻は26話から34話まで収録されています。

姫野が『幽霊の悪魔』との契約で消失してしまった。

そのショックで戦意喪失した早川を横目に、デンジがチェンソー化してソードマンに立ち向かう。

圧倒的力でソードマンに対抗するデンジだったが、銃を持つ男にダメージを負わされる。

デンジはソードマンの仲間を人質に取り、脅しをかけた。

ソードマンは攻撃を止め、脅しに従ったと思ったその時!

仲間もろともデンジを一刀両断!

下半身と上半身を切断されたデンジは連れ去られてしまう・・・。

チェンソーマン4巻感想

マキマさん生きてた…良かった!と思ったら、アキ君の寿命は2年だわ他の人達も結構死んじゃうわ…。コベニちゃん本当に強いね。何かこの展開の速さカオスな感じ、ちょっと鬼滅にも通じる(内容は全くもって違う)マキマさん激強なんだけどどういう能力なんだろう?思惑は?

特異1課のおっちゃんがデンジとパワーを鍛える。特異課全員で敵の巣くうビルへ。そして仲間少ないかと思いきや、新たな人外の面々が最後に見られてちょっと安心。やっぱアキ君唯一マトモだけどいつまでマトモでいられるんだろう。

襲撃を受けたデンジはサムライソードに敗れるが、マキマの支援もあり難を逃れる。永遠の悪魔の件以来特異課の底上げの必要性を感じていたマキマは、デンジとパワーを”最強のデビルハンター”岸辺に預ける。二人が死に物狂いで岸辺に立ち向かっていた頃、アキは新たに未来の悪魔と契約を結んでいた。新4課の戦力が揃い、いよいよサムライソードが待ち受けるビルに突入することに。果たしてデンジは勝つことができるのか。マキマとコベニは謎が多いですね。コベニは包丁を標準装備している不審者ですが、現時点での実力はデンジより上っぽいですね。

チェンソーマン4

沢渡 アカネ(さわたり アカネ)

ショートカットの少女。元は民間のデビルハンター。ヘビの悪魔と契約している。自身の爪などを代償に、尻尾で攻撃させたり、対象を丸呑みさせたりする。丸呑みした悪魔を吐き出させ、そのまま使役することもできる。この能力で沢渡は姫野の幽霊の悪魔を使役し、アキと戦った。
詳しい経緯は不明だが、銃の悪魔と契約して2万円と交換でヤクザたちに銃を流し、またサムライソードを改造して刀の悪魔の心臓を移植し、特異課を襲撃させた。最終的には特異課に捕らえらたが、尋問の前にヘビの悪魔に首を刎ねられ、謎を多く残したまま死亡した。死体はマキマに回収されており、銃の悪魔との決戦時、彼女の能力の生け贄の一人として再登場した。

サムライソード

デンジを雇っていたヤクザの孫。本名は不明。モミアゲが特徴的な男で、デンジからはモミアゲマンとも呼ばれる。デンジに祖父を殺されたことを恨んでいる。祖父のことを半ば盲目的に敬愛しており、自分や祖父の正当性を疑わない身勝手な人物。他者に対しては高圧的で見下すような態度をとる。
沢渡に身体を改造されて心臓が刀の悪魔になっているとのことで、刀の悪魔に変身することができる。デンジと同じ、悪魔でも魔人でもない存在とされる。初戦ではデンジを圧倒したが、再戦にて敗北して捕らえられた。警察に引き渡される前に、姫野の復讐という名目でデンジと早川に股間を蹴られ続け悶絶した。

 

刀の悪魔

サムライソードが悪魔に変身した姿。仕込み刀のようになった左手を引き抜いて抜刀することで変身する。変身すると、長大な刀が頭を後ろから前に貫くようにして水平に生え、その刃の部分とツバが一体化した軍帽のようなものも現れる。頭部は黒い肉質に覆われ目などの感覚器は確認できないが、口は歯が剥き出しになったものになる。腕からも、腕を貫くように刃が生える。

戦闘では主に両腕の刃を使うが、攻撃は居合斬りのような形で放つことが多い。居合斬りの際には、しゃがみ込んで刀を横に構え、対象を瞬時にすり抜けながら刀を振り抜く。目にも留まらぬ速さで敵を両断できる強力な技で、デンジと初めて戦ったときにはデンジを腹から真っ二つにした。しかし、予備動作が大きく動きも直線的であるため、再び戦った時には反撃を合わせられ、意趣返しとばかりに縦に真っ二つにされてしまった。

タイトルとURLをコピーしました