【チェンソーマン5巻】ネタバレ有り感想まとめ│幽霊の悪魔が敵に?

チェンソーマン

【チェンソーマン5巻】ネタバレ内容

姫野の仇を討つために、姫野を殺したヘビ使いの女・沢渡と激突する早川。

しかし、沢渡は姫野が使役していた「幽霊の悪魔」を従えて早川に襲いかかります。

前回の戦闘では圧倒されていた早川でしたが、新たに契約した「未来の悪魔」の力で幽霊の悪魔を追い詰めていきます。

未来の悪魔の力は、少し先の未来を視ることができるというもの。

その時、幽霊の悪魔は早川の首を捉え、絞め上げる。

そんな中、早川は姫野との思い出を思い出します。

デンジとパワーはサムライソードを捕らえる為に行動していました。

ゾンビが蔓延るビル内に現れたサムライソードの男。

サムライソードはかつてデンジが殺した父親(※1巻でゾンビになりデンジに襲いかかったヤクザ)の仇を討つ為に襲いかかります。

激戦の中、ビルから落下したデンジたちは、その下を走っていた電車内で戦闘することに。

乗客を守りながら戦うデンジは、サムライソードの猛攻により両腕を切り落とされてしまう。

頭のチェンソーしかなくなってしまったデンジにトドメを刺すべく、サムライソードが一撃を加えます!

しかし、デンジは足からチェンソーを出し、サムライソードを真っ二つに両断します。

デンジは見事サムライソードを捕らえることに成功します。

 

そして物語は新しい話に展開されます。なぞの女レゼその正体とは・・・

 

【チェンソーマン5巻】感想まとめ

サムライソードとの決着の場面、決め台詞から見開きの頁までの演出がとてもかっこいい。無力化した相手を一方的に痛めつける場面を「気楽に」少年漫画で書いてしまうやり口が気持ちいい。映画デートのマキマさんはめんどくさいオタクが好きそうな造形、こういう言動をされたらあっさり落ちるであろう知り合いが何人かいる。姫野のタバコの気楽に復讐を!というメッセージを見て幽霊の悪魔を倒すアキ。デンジもサムライソードを捕まえるが沢渡アカネは死んでしまう。銃の悪魔はチェンソーの悪魔の心臓を欲しがってる?銃の悪魔の肉片が本体に向かって動き出す。デンジが夢に見る扉の先にあるのは?パワーの血抜きのためサメの魔人ビームと組むことになったデンジ。ビームはなんでチェンソーの悪魔を慕ってるんだろ。マキマさんと映画デート。マキマさんの人生を変えた一本気になる。マキマさん以外を好きにならないと言いつつレゼを好きになりそうになるデンジ。

チェンソーマン5

レゼ

カフェ「二道」でバイトする人懐っこい美女。長い前髪と、常に赤らんだ顔が特徴的。雨宿りのために入った電話ボックスでデンジと出会い、差し出された花のお礼にカフェに誘ったことで交流を持ち、彼にとって二人目の「好きな人」となる。

学校に通ったことがなく若い身空で危険な仕事に就くデンジを案じて、夜の学校や縁日に連れて行き、普通の高校生らしい幸福を教えようとする。縁日の夜にデンジに告白し、仕事を辞めて駆け落ちするように説得するが、仕事にやりがいを覚え始めていたデンジは、レゼのことは好きだが仕事は辞めないと告げる。

その正体は、かつてソ連軍が国に尽くす戦士を育てるために人体実験の要員として集めた「モルモット」と呼ばれる子供達の一員。爆弾の悪魔に変身することができ、デンジのような悪魔でも魔人でもない存在と見られる。人間の状態での身体能力も高く、ナイフを持った成人男性を徒手空拳で絞め殺す力量を持つ。ビームは彼女を「ボム」と呼び、「銃の悪魔の仲間」であると言ったが、それがレゼ自身のことなのか、「ボム」のことなのかは定かではない。また、台風の悪魔に「レゼ様」と呼ばれ慕われているが、詳しい関係性は不明。デンジに接触したのもデンジのチェンソーの心臓を奪うためだが、ソ連の人間として動いているのか、銃の悪魔の仲間として動いているのかは明かされていない

タイトルとURLをコピーしました