今回の記事は、高卒で工場勤務の方が転職するためにするべきことを簡潔ですがまとめあげました。高卒で劣悪な環境下の工場で働いている人は毎日嫌気がさしていますよね。そんな方に向けて転職するためにすべきことを3つにまとめあげたのでよかったら参考にしてください。

高卒は転職しにくい?

はじめに厳しい現実をいいますが、現在の日本、高卒は大卒よりも採用において圧倒的に不利であるといえます。実際に、高卒は一切採用しないという企業もあるのが現状です。しかし全ての企業が高卒を採用しないわけではありません。

 

高卒の一番の利点は、大卒よりいち早く社会に出ることで積める、経験とスキルです。持っているスキルや経験の多さから、高卒を積極的に採用したいという企業も存在します。

しかし、はじめから諦めないことが大切です。

まずは頭を柔軟にして、幅広い業界に着目することが大切です。大企業だから無理だろうと、はじめから諦めるのは勿体無いことです。

求人の条件が大卒以上となっている場合でも、応募できないか電話で確認をしてみるのもよいでしょう。大抵の企業は、大卒でも高卒でも優秀な人材なら欲しいと考えています。

しかし、応募者を絞るために大卒以上としている場合が多く、スキルと経験があれば高卒でも受け入れてくれる場合があるのです。チャレンジすることを惜しまず、積極的にぶつかっていく気持ちが重要です。

高卒工場勤務が転職するためにやるべき3つのこと

やるべき3つのことを知る前にまずは前提を知っておきましょう。

高卒でも転職を成功させるためには、まずは努力が必要です。努力と言っても正しい方向で正しい環境下でしなければその努力は水の泡になります。

まずは、自分のことを知ることからです。

何ができて、何ができないかをあなたは知る必要があります。

 

✔あなたが持っている資格・スキル

を簡単でいいのでメモ帳や紙に書きましょう。

そのうえで下記のことをしましょう。

自分の価値を高める

まずは、自分の価値を高めましょう。

あなたの持っている資格とスキルは確認できたと思います。なのであなたがやるべきことは次にそのスキルを伸ばすこと・新しいスキルを身に着けることです。

何もしないで転職をしてもまた、同じような環境下のもとで働くことになります。

 

そうなりたくない。。。。

と思うのであれば特にITスキルは今後も需要のあるスキルなので勉強しておくといいでしょう。

 

エンジニアになりたい!ITスキルを身に着けたい方におすすめの学べるサイト

TechAcademy [テックアカデミー]

(*エンジニア転職保証のコースもあります)

 

また、転職までの食いつなぎでバイトをしたいという方は

“マッハバイト”

(時期によりますがバイトが決まり次第1万円がもらえることもあります。)

企業分析

高校時代の就活とは異なり、1人1社制ではないですし、職場見学の機会も基本的にはありません。指導してくれる先生もいないため、自分で多くの求人や会社HPなどから、情報を集める必要があります。

まずは、興味がある業界の求人から気になる企業を探してみましょう。

 

気になった企業があれば、HPを調べ、どのような業務を行っているのか、どれくらいの規模なのか等を確認してみてください。求人票もしっかりと確認しておきましょう。いくら給与がもらえるのか、休日・残業はどのくらいなのか、求人票に詰まっている情報を見逃してはいけません。

 

転職を助けてくれる会社もあるのでリンクを張っておきますね

あなたの就職活動・転職活動に専属トレーナーを【パーソナル・クライム】

転職エージェントサイトを活用する

高卒で就職してしまった場合、1人1社制の縛りもあり、大卒の方と比較すると、転職活動で必要なスキルやマナーが身についていない可能性があるので知っておきましょう。面接や履歴書で良い印象を抱いてもらうためには、魅せ方にも工夫が必要です。

転職エージェントを利用すれば、履歴書の書き方や面接対策など、転職活動に役立つノウハウやマナーを一から教えてもらえるのでおすすめです。また、キャリアカウンセリングも受けられるので、転職先をどのように選ぶべきかわからない方は相談してみましょう。

転職未経験のための方の会社もあります。その会社の口コミも書いてあるので参考にどうぞ↓

高卒・専門卒・大学中退のための転職サービス【未経験NAVI】の口コミはどうなの?まとめてみた

まとめ

ということで今回は高卒転職が難しい理由と成功するためにやるべき3つのことについて解説しました。自分のスキルを高めないと転職してもまた同じような労働環境下になる可能性もあります。努力なくして、その分得るものも何もありません。なので、特にITスキルは勉強しておきましょうお。プログラミングでなくてもWord、Exell、Powerpointを勉強するのも全然ありです。まずはやってみましょう。