子供を変えたければ、親が変わるしかない。親革命こそが子供の教育を変える

体験談

どうも、こんにちは

 

 

今回は、子供を変えたければ、親が変わるしかない。親革命こそが子供の教育を変えることが必要であることについてお話をしたいと思います。

 

子供は親の姿勢を見て育つ言いますが、これは事実です。

正確に言うと、子供は親の言うことを信じるのです。

 

子供は逆に言えば、他の人が助言をしても親の言うことを絶対だと思います。

子供の教育は親にかかっている

 

子供の教育によって今後の子供の成長はかかっているといっても構いません。

しかし、たくさん習い事をしようとかそういうわけではありません。

 

子供のやりたいこと、不思議に思ったことを妨げる言動はしないようにしてはいけないということです。

上記でも話した通りに、子供は親のいうことを第一に信じます。

 

そうとうの反感をもった子でない限り、そうなります。

なので、まずは親であるあなたが変わらなければなりません。

 

親がまず行動し、それを子供は見て初めてやってみたいと思うのです。

友達がやっていることもやりたいと思うのは当然のことです。

 

子供の興味を疎いてはいけないのです。

子供に何かさせるのではなく、何もするな

 

子供には何か習い事や塾に行かせた方がいいかもしれないが、それは子供が行きたいといったときにさせましょう。

 

まずは、子供が自分の探求心をもち何事にも興味を持つ。これこそが子供の真の教育ではないかと私は思う。

 

だから、まずは探求心を育たせるためにも、子供の邪魔をしては行けない

探求心を育てるためにYoutubeを子供からとるな

 

Youtubeは現代でもっともいい教科書だと私は思う。

 

それはいい意味でもあるし、悪い意味でもある。

自分が興味のある分野をYoutubeで調べたとしよう。

 

すると、おそらく悪い動画もあるしいい動画もある、

確かにいい意味で育ってほしいと思うが、今後Youtubeではよりメディアは大きくなり、もっと規制が厳しくなるであろう。

 

なので、規制が厳しい分、その分悪いと思われる動画は今後無くなりつつあろう。

色々な引き出しを与えよう

 

いろいろな引き出しを与えるためにも、いろいろなことをさせたいのですが、どうしてもお金、、、、という部分が絡みます。

 

しかし、子供のためにそこまでお金をかけなくてもいいのです。

お金をかけないという規制が入ると子供は、そこから創意工夫をします。

 

子供の想像力は仇乗れないです。

なので、そこでいろいろな想像力を働かせ、引き出しの種となる部分を養ってあげましょう。

まとめ|子供の自由に生きさせよう

 

子供の自由に生きさせてあげましょう。

法的に間違ったこと、友達との関係を悪くさせることをしたときなどは、ちゃんとそこは叱り。

 

しかし、間違ったときでいいのです。

確かにタブーな部分は止めるべきですが、間違ったことをしたことで子供は学ぶのです。

 

これは大人でもそうです。

なので、まずは何度も言いますが、子供の好きなように生きさせましょう。

タイトルとURLをコピーしました