【新しくブログを始める人へ】旧エディタ『Classic Editor』を必ず入れよう

Cocoon・Wordpress

どうも、こんにちは

 

今回は新しくブログを始める人向けに新しいエディタは少し使うのがちょっと、、、、、

という人向けに旧エディタでできるプラグインを紹介する記事を作成しました。

 

「Classic Editor」は旧エディタでできるプラグインです。

それでは使い方を説明していきましょう。

Classic Editorのプラグインを導入

 

使い方はいたって簡単です。

Classic Editorのプラグインを導入するだけであとは自然と反映されています。

上記の図を「Classic Editor」で探して検索しましょう。

 

 

出てきたら、インストールをして有効化を押しましょう。

 

あとは、新規投稿をクリックすれば反映されています。

まとめ

 

今回は【新しくブログを始める人へ】旧エディタ『Classic Editor』を必ず入れようということで、Classic Editorのプラグインの導入方法を紹介しました。Classic Editorはプラグインの編集はしなくてもいいので簡単にインストールをして有効化するだけです。

 

 

もし今のエディタが使いにくければ旧エディタでできるプラグインである「Classic Editor」を使いましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました