Amazon"呪術廻戦16巻"予約購入はこちら

堕天作戦が休載した理由は?面白いから今からでも読んでみて

漫画

堕天作戦が休載した理由。。。

正直に言うと、堕天作戦が休載した理由は明かされていません。

もしかすると山本先生の何かしらの理由があって書けないかもしれません。

なので気長に堕天作戦が連載開始するのを待つのがいいと思います。

W君
W君

堕天作戦の連載開始楽しみです。

堕天作戦のあらすじ

遠い未来、300年にも渡る人類と魔人の抗争の中で、ある人間の男が魔軍の捕虜となる。所謂「不死者」であったその男アンダーは、2年間ありとあらゆる拷問・処刑を試みられたが、そのたびに驚異的な再生能力で復活を果たしていた。

アンダーは戦争の道具として利用され続けるうちに人間らしい感情を失っていたが、魔人の研究者レコベルの言葉をきっかけに生きる意志を取り戻し、自身の不死性の謎と天上に浮かぶ「星」の謎を解明するために各地を放浪するようになった。魔人国家「ダルガパル」に所属するギンカ隊の女兵士たち、樹海で世界の謎を研究する不死者のゾフィア、人魔混合の新興勢力「戴天党」で不死者を探すシバなどとの邂逅の中で、アンダーは徐々に人間らしさを取り戻しながら「星」にまつわる世界の秘密に迫っていく。

そのころ、戴天党に雇われた傭兵ルビーの無差別爆撃によって、戴天党はダルガパルと人間陣営「クメル軍閥」と敵対することになった。また、爆撃直後に誕生した魔竜騎兵の処遇を巡り、ダルガパルと魔人国家「ハイデラバード」は緊張状態に陥る。ハイデラバードが人間陣営を離脱した「メイミョー技研団」と同盟を結んだことにより、300年来の人魔2大陣営の対立構造は崩れた。さまざまな政治的思惑が絡み合った結果、ダルガパルとハイデラバードの全面衝突を前に、ダルガパル軍と戴天党、戴天党とハイデラバード‐メイミョー連合軍との戦いが勃発する。

堕天作戦・主人公・不死者アンダー

本作の主人公。公式記録における15号目の「不死者」。血の一滴灰の一粒から蘇る再生能力を持つことから、長きに渡って人間軍の特攻要員として利用され、魔人国オーパスの捕虜となった後は拷問と実験を繰り返し受けていた。
解放後は特定の勢力に所属することなく、各地を転々としながら「星」や不死者の謎を追求する。

タイトルとURLをコピーしました