【仮想通貨】分散型金融(DeFi)とは?

DeFiとはDecentralized Financeの略称で日本語訳にすると分散型金融という意味になります。簡単に言うとブロックチェーン技術を使った金融サービスのことを言います。

一般的にイーサリアム上の金融サービス群やそのエコシステムを総称する言葉として知られています。資産はユーザーで管理したまま、誰でもインターネット上でアクセス可能なのが特徴です。

誰でも利用でき、中心となる管理者がいないエコシステムの構築です。ユーザーは方式の分散型アプリケーション(dApps)を通してエコシステムにアクセスすることが可能になり、ユーザー自身が資産を管理できるようになります。

*ブロックチェーンとは本来海外銀行間を仲介してしかお金の送金ができませんでしたが銀行間の仲介なしで送金ができることです。銀行を仲介してしまうとどうしてもその間に手数料が取られてしまうのが難点でしたがビットコインの誕生によりその悩みが解決されました。

Defiが今最も熱い理由

DeFiが今もっとも熱い理由は、Defiに参加することでお金を増やすことができるからです。例えば、コインを預けておくだけで利息がつくことができます。日本の銀行の場合だと金利0.0001%に対するよりもはるかに稼ぐことができます。

なぜ?稼ぐことができるのかというと秘密は、compound(コンパウンド)にあります。

Compound(コンパウンド)とは

Compoundとは数あるレンディングサービスを提供するDefiです。レンディングとは融資仲介サービスのことで、お金を増やしたい人とお金が必要な人をマッチングさせて借りた人は利子をつけてお金を返しお金を増やしたい人に分配することをいいます。

一般的に銀行がこのような働きをしていたのですが、これまでのレンディングサービスとは違い、仲介手数料のようなものがかからないのが特徴です。今ある金融サービスは手数料収入を1つの生業にしており、出勤や振り込みにも手数料がかかっていました。

Compound(コンパウンド)を使って稼ぐ方法は2つあります。キャピタルゲインとインカムゲインという方法です。

DeFiで稼ぐ主な2つの方法

 

DeFiで稼ぐ方法は主に2つあります。1つずつ見ていきましょう。

利息収入:インカムゲイン

インカムゲインとは、資産を保有中に得られる収益のことです。資産を保有し続けることで、継続的な収入を期待することができます。インカムゲインに対し、保有する資産を売却することで得られる収益のことをキャピタルゲインといいます。

 

コインの売却益:キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、保有している資産を売却することによって得られる売買差益のことです。

例えば、30万円で購入したBitcoinが、35万円になったときに売却した場合、差額5万円がキャピタルゲインになります。

Bitcoinはコロナ不況時の2倍に上昇

上記の画像の通りから分かるように、Bitcoinでもプライスがコロナ不況時から現在(9月初め)までにおよそ2倍以上になっています。正直コロナ不況時前よりもプライスが高くなっているので今Bitcoin誕生時の再来のバブルが来ています。

また、DeFiのコインの中には、取引開始から32000%以上上昇したものもあります。

仮想通貨を始めるならまずは口座開設

ただ単に仮想通貨取引所の口座を開設するのはもったない!です。おすすめはポイントサイトを経由してポイントをもらいながら口座を開設することです。

おすすめの口座は以下になります↓

DMM Bitcoin

1 モッピーに登録

2 DMM Bitcoinと検索

3 DMM Bitcoinの口座開設

通常500ポイント(円)から今なら2500ポイント(円)もらえるキャンペーン中です。

DMM Bitcoinは、超有名企業のDMM.comが運営する日本の暗号資産取引所です。

国内でも3本の指に入るほどの人気で、暗号資産を始めるなら絶対に登録しておくべき取引所と言えます。

 

https://pc.moppy.jp/entry/invite.php?invite=5Z6Be1a6

GMOコイン

1 モッピーに登録

2 GMOコインと検索

3 GMOコインの口座登録

通常100ポイント(円)から今なら1000ポイント(円)もらえるキャンペーン中です。

GMOコインは国内でもトップクラスの人気を誇る暗号資産(仮想通貨)取引所です。

東証一部のGMOインターネットグループが運営しており、信頼性やセキュリティが抜群と評判が高いです。

これから仮想通貨を始める初心者の方に非常にオススメできます。

 

https://pc.moppy.jp/entry/invite.php?invite=5Z6Be1a6

bitFlyer

開設の仕方

1 ハピタスに登録

2 bitFlyerと検索

3 bitFyerの口座を開設する

通常1500ポイント(円)から今なら3000ポイント(円)のキャンペーン中です。

2014年1月に設立されたbitFlyerは、日本でも古参の仮想通貨取引所になります。
他の取引所と比較しても歴史が長く、取引所の運営ノウハウを十分持ち合わせているため、知名度は国内トップクラスだといえます。

また、bitFlyerは三井住友銀行グループのSMBCベンチャーキャピタルや、みずほキャピタル、リクルート、第一生命といった各業界の大手企業から出資を受けています。資本力の高さは取引所の運営の安定や新しいサービスの向上につながることが予想されます。

 

https://hapitas.jp/register?i=21329868&route=pcText

 

まとめ

ということで今回は【分散型金融(Defi)】今来てる仮想通貨?投資の始め方についてお話をしました。DeFiは今インフルエンサーの方も注目している仮想通貨です。今後仮想通貨はもっと浸透していくと思います。今勉強しておいて損はないのでぜひ、やってみましょう。