Amazon"呪術廻戦16巻"予約購入はこちら

【Dグレ】アレン・ウォーカーの過去や正体は?プロフィールまとめ

漫画

アレン・ウオーカーのプロフィール

誕生日 – 不明(マナに拾われたのは12月25日)
年齢 – 15歳 → 16歳ぐらい
身長 – 168 センチメートル → 169 センチメートル → 174 センチメートル(現在)
体重 – 58 キログラム → 55 キログラム → 56 キログラム(現在)
血液型 – O型
国籍 – イギリス
趣味 – 食事、お金を増やすこと
好きな物 – みたらし団子、ティムキャンピー
苦手な物 – お酒、師匠(クロス)の借金
嫌いな物 – 借金、俺様な人
マイブーム – チェス
服装―英国紳士をイメージしての服装

アレンの詳しい詳細

エクソシストの一人である少年。対アクマ武器は寄生型の「神ノ道化(クラウン・クラウン)」。

黒の教団に所属するエクソシスト元帥・クロス・マリアンの弟子。作中の序盤ではまだエクソシストではなく、クロスの紹介(指示)により黒の教団へ向かい、入団後は彼も正式なエクソシストとなった。当初は儚げな雰囲気を持っていたが、物語が進むごとに成長し、たくましい顔立ちになってきた。

片腕で逆立ちをした状態で更には指先だけで腕立て伏せ(厳密には指たて伏せ)を300回もするなど、非常に優れた筋力を持っている。

白髪と左眼上の逆さペンタクルが特徴。髪の色が白いせいか後ろから見ると時折老人に間違えられることもある。寄生型イノセンスの適合者であるためかなりの大食漢である。画才は皆無な上、酷い方向音痴で1人だと必ず迷う。修行時代によるトラウマから、アルコールが苦手。教団内の自室は、以前はベッドや机があるだけのごく普通の部屋だったが、コムリンII騒動で壊されてからは食堂近くにある元物置を改装して使用している。不気味な部屋だったが、アレン本人は食堂近くのため気に入っている。

好きな女性のタイプは料理の上手な人で、エプロン姿がイイらしい。

マナの真似をしていてマナ同様ほとんど敬語で話す(ティムキャンピー、フォー、動物等人間でないものは除く)穏やかな性格だが、感情が高揚したり激怒すると敬語を使わなくなる。しかし,長い間一緒にいた仲間には無意識のうちに敬語ではなくなっていることもある。自分の借金の話やポーカー等のカードゲームをするときになるとかなり黒くなり裏の顔(通称“黒アレン”)が出てくる。生まれつきの不幸体質(ラビ曰く「アンラッキーボーイ」)であり、ジャンケンではいつも負ける。同じ教団に属する神田ユウとは入団時のトラブル以降相性が悪く、「モヤシ」と呼ばれている。現在の一人称は「僕」だが、幼少期の一人称は「オレ」で口調も敬語ではなく荒っぽかった。瞳の色は銀灰色。

左眼

AKUMA化したマナによってつけられた左眼の呪いの傷によって、アレンの左眼はAKUMAに内蔵された魂が見える。「巻き戻しの街」での交戦の際、ロードに左眼を潰されたが「呪い」の影響でクロウリー城にて再生し(ブックマンいわく、「(大怪我だが)三、四日で治る」)、以後マナの「呪い」がより強まった(アニメ版ではエリアーデと戦ったときに強まった)。髪が白いのは呪いのせいらしい(原作2巻参照)が、今でもマナを好いている。呪いが強まってからは、AKUMAを見る際左眼が2つのスコープの様に変化し、障害物があろうと半径300m以内のAKUMAを探知可能となり、AKUMAに内蔵された魂を現実に映し出し他の人間にも見せることができるようにもなった。しかしそれ以降AKUMAの魂を現実に映し出す描写は無く、実際にAKUMAの魂を目にしたのはラビ、クロウリー、エリアーデのみ(アルマ=カルマの魂を見た際も、アルマのすぐ傍にいた神田には見えていなかった)。以来、左眼そのものがアレンをAKUMAの元へと導くかのように時々疼くようになった。
方舟の中の「奏者の部屋」でティムキャンピーの出した奏者の楽譜を見ている最中、左眼がAKUMAを見るときのように変化しており眼の周りの模様が複雑になっていた。

14番目との関連

ティムキャンピーとセットで『方舟を操作出来る奏者』の資格を持っている。なお、14番目と思われるノアの影には警戒心を抱いている。また、奏者の楽譜に書かれている文字はかつてマナとアレンがつくった文字(暗号)で、紋章はマナのボタンにあったもの。また、ロードとティキの靴の裏にもその紋章と思われるものがある。方舟からホームに帰った時から鏡や窓に映った自分を見る時に「14番目のノア」と思われる方舟の奏者の部屋で出てきた影が(鏡などを通して見た場合)アレンの後ろにでている。これはアレンにしか見えず(ティムキャンピーは不明)、アレンは当初は驚いていたがもう慣れている。

しかしその実態は、アレンが再びこの世に蘇るであろう14番目のメモリーを移植された存在であり、クロスはアレンがいずれ「14番目へと変貌するであろう」ことを示唆している。

そして覚醒し、14番目のノア「ネア」と会う。

一度はアポクリフォスにより覚醒がおさまるが、教団からの逃走中に合流したジョニーを平然と傷つけるなどしているため、ネアの覚醒が完全におさまっているわけではない。

北米支部襲撃~教団からの離別(原作19巻~)

第三エクスシストと共にヨルダンで任務中にノアからの襲撃に遭い、トクサがノアに拉致されてしまう。連れ戻すためにティキと戦っていたが北米支部に誘導されてしまい、千年伯爵から教団を抜けることを命じられる。ノアたちの隙を見てトクサとヨルダン陣営から拉致されていた神田と共に支部脱出を試みるが失敗し、ワイズリーの能力で神田とアルマの過去を見せられる。神田の真意やアルマのアジア支部での大量惨殺、ロードに第二使徒計画を聞かされ動揺するが自身の力でワイズリーの能力を打ち破る。しかし、教団に対する憎しみやダークマターの力を得たアルマや第三エクソシストが覚醒し、支部にいる人間を次々に襲い始める。その光景を見たアレンはアルマや第三エクソシストが救いようが無いと困惑し、伯爵の命令に従おうとするが、フォーの一言で踏み止まり戦う事を決意する。神田とアルマの戦いに乱入し、二人の殺し合いを止める突破口を開こうとするが、神田に返り討ちを喰らってしまい『14番目』ネアが覚醒してしまう。

自力でネアを抑え込み神田とアルマを方舟でマテールへと逃がすが、それを咎められ牢に入れられる。数日後潜入してきたアポクリフォスに融合されそうになるが、突然現れたティキとロードに助けられ逃亡。自分の中のネアと決着を付けるべく、必ず帰ることを仲間に誓い教団を後にする。

離脱した後、クロス元帥のパトロンのマザーの所へ現れるが、逃亡から三か月後は、ピエロに扮して大道芸で生活費を稼いでいた(理由はマフィアのボスにイカサマをしたため)。

タイトルとURLをコピーしました