Amazon"呪術廻戦16巻"予約購入はこちら

【ダンジョン飯】チルチャックの種族は?実は酒好き?プロフィールまとめ

漫画

【ダンジョン飯】チルチャック

種族・ハーフフット。種族そのものが童顔で小柄なため、センシにはトールマンの子供だと思われており、マルシルからも子供扱いされているが、ハーフフットとしては29歳の成人男性で、妻と三人の娘を持つ。

種族特有の身軽さや器用さと鋭敏な感覚を駆使し、扉や宝箱の開錠、及び罠の解除をこなす。また、仕掛けられた装置を作動させての近道や危険の事前回避、安全優先に向けた誘導など、補助的な役割を主とする。戦闘は基本的に行わないが、飛び道具を扱うことができ時には後方支援を務める。なおその役割上、過去に幾度も死亡を含む被害を蒙っているため、ミミックやテンタクルズを心底嫌悪しており、食べることにも抵抗している。

普段は落ち着いた性格で思慮深く、一行の中では最も世間擦れしており、普段は外見から子供扱いしているマルシルにも「一番大人」と言われ、付き合いのそれほど長くないセンシやイヅツミを含むパーティ内でも一目置かれている。一方で領分や役割に関する考えが厳格で、罠の啓開に当たっては指示に従わないセンシの行動に激しい怒りを見せ、雰囲気を剣呑にさせることもある。ライオスによると、彼のこうした態度はパーティに対する責任感の強さゆえのことであり、また役目上ぶっきらぼうで直接的な発言をせざるを得ないことが原因である。新人時代にダンジョンで利用価値の高い魔物の餌にされかけた経験から、同族が「使い捨て」にされない様に「組合」を作る等、迷宮の周辺ではハーフフットの顔役として知られる。金銭感覚もシビアで、「途中で抜けられない」という欠点を受け入れた上で、前払いでしか仕事を引き受けない。

報酬を前払いで受け取っていたことを理由に、ファリン救出行への同行を了承した。しかしこの決断が、かえって仲間をさらなる命の危険に晒したのではという一抹の悔いを吐露している。「死ぬのはまっぴら」と言いつつ、本心は仲間を死なせたくないという想いが強い。その他にも主に恋愛を発端とする人間関係のトラブルを嫌っており、その遠因となる私生活や本心を隠していた。しかし、妻との諍いによる別居の経緯について聞かされたマルシルからは、他人の心の機微を学ぶよう諭されている。

魔物食に対してマルシルよりは柔軟な思考を有しており、食中毒の心配や気分の問題で無条件に受け入れているわけではないが、ある程度の安全が確保されてさえいれば肯定的である。具体的にはコイン虫は地上でも食べたことがある一方、人魚のように人間に近い形態をしている魔物は強く拒絶している。また、酒を見つけた際に目を輝かせすぐ飲もうとする、黄金城の住民が作ったエールを的確に品評するなど、かなりの酒好きかつ酒豪の様子。

タイトルとURLをコピーしました