【ダンジョン飯】魔法使いマルシルは実はダークエルフ?プロフィールまとめ

漫画

【ダンジョン飯】魔法使いマルシル

種族・エルフ。女性で魔法使い。コミカルな描写が多いために霞みがちだが、作中世界においても美人な部類。海辺の街育ちで、宮廷魔術師の親を持つ。
強力な攻撃魔法を駆使し、また多少の回復術の他、防御、罠や鍵の解除まで様々な魔法を扱えるのだが、回復術は回復速度に重点を置いている為か、掛けられた治療者は治療時に痛みを伴うという欠点がある。とはいえ、感覚派のファリンに比べれば論理的で、ライオスに回復魔法を教えた際には「分かりやすい」と評されている。武器は輪状の杖頭の先端に、魔力で生育する双葉が芽吹く木の根を手編みした杖、”アンブロシア”と魔法書。金髪のロングヘアーは、魔法の媒介となるため、大がかりな術の前には特に念入りに手入れを行っており、編み込みを作る位置やまとめ方を変えるなど、作品中で頻繁に髪型を変えている。2年前にスライムに窒息させられたのが、初めての死亡経験。

明るく、感情表現が豊かな人物。弱音を吐くことも多いが、仲間と口喧嘩をしたり、オークの族長の憎悪に反発して言い返すなど、気の強い一面もある。また安全な場面では迂闊さを覗かせ、時に墓穴を掘ることもある。常識的な性格と嗜好の持ち主であり、「魔物を食べて食費を浮かす」というライオスの計画には心理的な忌避感の他にも魔物食による食中毒死の実例もあるため、当初から強い拒絶を示し、迷宮内の生物を食することに対しては絶対反対の立場をとる。しかし空腹には抗えず、魔物食を口にするたび、その意外な美味に複雑な心境を覗かせている。恋愛小説のファンだったり好みの異性のタイプが耽美的だったりと、若干少女趣味なところがある。

元々は魔法素材の安全な栽培、収拾目的でダンジョニウムの研究をするためカーカブルードの魔法学校に研究者として入学。特別に混ぜてもらった授業でファリンと出会い、友人となった(ファリンは恩師とも言っている)。ファリンに対しては些か過保護な面も見られる。ファリンを救出するために、ライオスに同行を申し出る。父の早逝やペットの死から、親しい者が先に死ぬこと、厳密には「自身だけが長寿故に置いていかれること」にトラウマを抱いており、ファリン救出への強い動機となっている。

魔術の知識は豊富で、学生時代は「学校はじまって以来の才女」と言われるほど勉学優秀だったが、ファリンとの出会い後に実地体験が乏しいことを自覚し、実践不足が露呈してしまった経験を持つ。また運動能力が低いためパーティの足を鈍らせてしまい、それをチルチャックに悪し様に言われたため、自分が旅の妨げになると落ち込んだこともあった。しかしライオスから、彼女の魔法を頼りにしていることや、深層まではその力を温存したいという方針を聞かされ、一応ながらチルチャックからも謝罪を受けて立ち直っている。

度々ダンジョニウム理論から迷宮を考察し、迷宮全体を構成・維持する仕組みや、魔力の膨大さに好奇心を抱いている。
ダンジョニウム研究の一環として古代魔術にも通じ、禁忌とされる魔術にも踏み込んでいる。本人は「魔術に善悪はない」とのスタンスだが、禁忌の魔術に対する一般的な偏見から、神経質で心配性なチルチャックやファリン復活の経緯を知る者の一部からは「ダークエルフ」「邪悪な黒魔術師」と誤解される羽目になる。もしファリン復活の経緯が西方エルフに知られた場合、極刑に処されるか、カナリア隊に配属されるだろうとカブルーは予想している。

上記の様に、本編中では頼りない面が度々みられるが、ファリンを勧誘(実際にはライオスから奪還)するためにライオスと出会った際、トーデン兄妹の「不慣れなマルシルを助け、実力を認めさせる」という企みの下で浅い層を探索した際にも、経験を補ってあまりあるほどの実力と理論を有していた。しかし、その直後にスライムによる窒息死とファリンによる蘇生を体験した事で、自身の「夢」に近付ける古代魔術への興味が爆発し、似た目的で冒険をするライオスからの勧誘によって加入した経緯がある。

タイトルとURLをコピーしました