【ザ・ファブル】佐藤明の強さってどのくらい?プロフィールまとめ

漫画

佐藤明(さとう あきら)※偽名 / ファブル

本作の主人公。幼少時から殺し屋としての訓練を受け、物語開始時点で現場に出て6年、合計71人を殺害しているが、殺人を好んでいるわけではなく、普段は至って温厚な人間であり、仕事以外で無駄な殺生はしない。友達や世話になっている人物に対しては恩を返す性格。

訓練により「どんな敵でも6秒以内に殺す」技術を持ち、場所や道具を選ばないオールラウンダー。殺気や気配を消す能力を持ち、ターゲットのみならず、初対面の組織メンバーにも正体を見破られることなく接近できる。その実力は組織内でもずば抜けていて、同じ組織の幹部山岡をして、明が10点としたら自分は8点程度の評価であり、さらにその後明の点数に関しては、10点どころではなくそもそも点数で測れないとしている。また、洋子ほどではないが短い時間であれば瞬間記憶をすることができ、ターゲットを車で追う時などマップを少し見ただけで記憶し運転している。
これらの明の戦闘をはじめとする能力は訓練や努力というものより「サヴァン症候群」の一種であるとされ、仮に「殺しのオリンピック」があればダントツで金メダルが取れるだろうと言うほどである。

武装はもっぱら「ナイトホーク」と小型ナイフを使用。ナイトホークを用いて暗殺を行った際には、その度に銃身を廃棄して新品に交換していた。武器を大阪へ携行することをボスから禁じられたが、銃身を外したナイトホークとナイフだけは隠して持参した。大概のことは知恵と工夫で何とかなるというボスの教えを貫いているため、ミサキが小島の策動に巻き込まれた際には、救出に備えて市販の素材(モデルガンの薬莢や鋼材、花火など)を使って手製の銃身と弾薬を自作した。かつては「ブラックホークCQD-MKⅠ」というサバイバルナイフも愛用していたが、山で遭遇したクマと戦う際に失っている。

標準語、関西弁、広島弁、九州弁、東北弁を流暢に話すことができ、言葉を切り替えるときはおでこを指で突くことで「スイッチを切り換える」イメージトレーニングを行う。このトントンとおでこを突く行動は正確には「顔に力を込めてイメージチェンジするが、おでこには力が込められないので指でつつく」であり、話の中でも言葉の変更よりむしろ行動の切替でトントンする場合が多い。同様に同業者の前で無害な一般人を装ったり、山道を高速で運転する前にはおでこを突いて切り替えを行っている。

訓練を通じて身に付けたサバイバル技術として、食べられるものか毒を含むものかを舌で判断できるが、その影響で舌の感覚が鋭敏になってしまい極度の猫舌となり、熱いものはよく冷まさないと食べられない。また枝豆をさやごとかじるなど、食べ方が一般人のそれとは多少ずれている。洋子が作った手料理の出来が悪いと、食べる前にそのことを指摘できる。舌以外の感覚も敏感で、「ニオイ」という感覚で監視カメラや盗聴器を見つけることができる上に、相手が銃を所持しているか、同業者であるか、身体能力や何か盗撮など悪いことをしようとしているかなども気づくことができる。アルコールには強いが、飲酒すると昔の傷が体に浮き出てくる。自宅では全裸で過ごし、就寝時にはベッドの上に寝具でダミーを作り、自らは浴槽で眠っている。

「ジャッカル富岡」というお笑い芸人のファンで、彼の出演する番組や広告を見ては大笑いしている。
自らが殺しのプロである自覚は強く、何かをする際には「プロとして」と自分に言い聞かせるように呟くことがある。一方で「プロ」という言葉自体に弱いのか「プロとして」と付け加えて頼まれると「プロか」と呟き行動してしまうことが多い。大阪に来てからは普通の生活をしていることから「普通」という言葉にも反応する。

ボスの指示によって大阪に移住して以降は、現地の暴力団「真黒組」の若頭・海老原の庇護の元で一軒家暮らしを始め、その後自ら仕事を探し、小さなデザイン会社「オクトパス」の配送・雑用担当として雇われる。真面目な仕事ぶりと独特の絵のセンスを認められ、イラストを少しずつ任されるようになり、当初800円であった時給は後に1000円になった。こうした普通の生活を通し、明日やしばらく先のことについて考えるようになる。

第1部のクライマックスにおいて、ボスからの指令を受け山岡の殺害に向かい、アザミ・ユーカリも含め3名を圧倒的な実力で制するも、殺害する段になり洋子やミサキ達の顔が脳裏に浮かび止めを刺すことができなかった。後にそのことをミサキに伝えると、佐藤が普通になったのだと教えられた。ボスとの相談のうえ組織を抜けることになった佐藤は、ミサキと内縁の夫婦となり、ミサキが抱えている借金を全て肩代わりする(内縁の夫婦となったのには好意があることと、組織からミサキが狙われないようにするという二重の意味があった)。そしてミサキと社長には必ず帰ってくると伝え、洋子とともに人助けの旅に出た。

タイトルとURLをコピーしました