今回はFP3級の勉強講座第一回目です。この記事ではファイナンシャルプランナーとはどういった職業なのか、ファイナンシャルプランナーの具体的な考え方や心構えについて学べます。

ファイナンシャルプランナーの基本

個人の人生における価値観や生きがいをライフデザインと言います。このライフデザインに応じて生涯の生活設計(ライフプラン)を立てることをライフプランニングと言います。

ファイナンシャルプランナーが守るべき原則

顧客の利益優先

顧客の立場に立って、顧客の利益を優先するような資金計画を立てること。あくまで自分だけの利益を得るような考えた方はやめましょう。

秘密の保持

顧客から得た個人情報を顧客の許可なく、第三者に漏らしてはいけません。

ライフイベントと3大必要資金

結婚や子供の教育、住宅の購入、退職など人生の出来事をライフイベントと言います。あなたは各ライフイベントを迎える前にまとまった資金を準備する必要があります。

ライフイベントの中でも、特に子供の教育、住宅の取得、老後にかかる資金は額が大きくなるため、教育資金、住宅取得資金、老後資金と言い、3大必要資金と言います。

ライフプランニングの進め方

ファイナンシャルプランナーは顧客に対して以下の手順で進めていきます。

1顧客の希望や目的、現状を聞く

2顧客から得た情報をもとに現状の問題点を分析する

3問題点を解決するための対策と計画を立てる

4計画の実行をする

ライフプランニングをする際に使うツール

ライフイベント表

ライフイベント表とは家族の将来のライフイベントとそれに必要な資金の額を時系列にまとめた表を言います。ライフイベントを作成することによって、将来の目標や夢を明確にできます。

キャッシュフロー表

キャッシュフロー表とは、ライフイベント表と現在の収支状況にもとづいて、将来の収支状況と貯蓄残高の予想をまとめた表のことをいいます。キャッシュフロー表を作成することによって、ライフプランの問題点を明らかにすることができます。

個人バランスシート

個人バランスシートとは、一定時点における資産と負債のバランスを見るための表をいいます。

まとめ

今回は、ファイナンシャルプランナーの3級の資格取得のための勉強講座ということで書きました。お金の勉強は日本ではまだまだ海外の教育に比べるととても遅いです。取得はしなくてもいいけれど、覚えておいた方がいい考え方もあるので頭の片隅に入れておきましょう。