Galaxy Tab S7Plusレビュー│アンドロイドタブレット

ガジェットのあれこれ

Samsungは新しいタブレットの2つの異なるモデル、Galaxy Tab S7とGalaxy Tab S7 +を発売しました。今回はS7+のレビューをしていこうと思います。

おそらく2020年の最高のAndroidタブレットの中ではもっともいいタブレットだと思うのでさっそく見ていきましょう。

デザイン

デバイスの実際の設置面積は、12.4インチディスプレイに対応するために大幅に増加しています。 Galaxy Tab S6よりも大きくて広いですが、5.7mmで、S6と同じくらい印象的にスリムです。

重量は重く、575g入りました。iPad Proよりも薄くて軽いタブレットです。

パフォーマンス

Galaxy Tab S7 +には、クアルコムの改良されたSnapdragon 865+チップセットが搭載されています。基本モデルには、6 GBのRAMと128 GBの内部ストレージがあり、Galaxy Tab S6とまったく同じです。 microSDカードスロットもあり、もう少しカスタムしたい人は8GB + 256GBのものもあります。

Galaxy Tab S7 +の5Gバリアントもあります。これにより、5Gネットワ​​ークが利用可能な市場のユーザーは、仕事と遊びのための次世代ネットワーク標準に​​アクセスできます。

 Sペン

Sペンが大幅に変わったと思います。エアアクション機能が、ホーム、最近、戻る、スマート選択、画面書き込みなどの頻繁に使用されるアクションをカバーするように拡張されました。

Sペンでよりクリエイティブになるために使用できる新しいアプリのサポートがあります。描画とスケッチのアプリであるClip Studio Paintがプリロードされており、Airアクションのショートカットもサポートしています。 Noteshelfは無料でダウンロードでき、必要な数の仮想ノートブックを作成できます。 Canvaは、特にソーシャルメディアの投稿用のグラフィックを作成するために使用できる非常に便利なグラフィックデザインアプリです。 S Penを使用して簡単に編集できる、何千もの作成済みテンプレートが利用可能になっています。

バッテリー

Samsungの新しいタブレットには、45Wの超高速充電をサポートする1​​0,090mAhの大容量バッテリーが搭載されています。

1回の充電でGalaxy Tab S7 +を10時間以上使用することも可能で、 Snapdragonチップセットはかなり電力効率がよかったです。

まとめ

Galaxy Tab S7 +と同じレベルのパフォーマンスのタブレットを見つけるのは難しいと思います。それほど高品質なタブレットでもあります。なので一度検討してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました