1日に7件件成約できたアフィリエイト記事の書き方│初心者でもわかりやすい

体験談

どうも、はじめまして

 

今回は1日に7件成約できたアフィリエイト記事の書き方を紹介します。みなさんがまず悩むと思うのは文章構成ではないでしょうか?頭の中で考えて書いていませんか?ここでいうとまず何か紙に書いておいて頭を整理させるのが大切なポイントだと思います。

 

文章の構成もそうですが検索している人がどういうキーワードを使っているのかも知らなければなりません。そういったポイントも紹介していきます。それではいきましょう。

タイトルを決める

大事なことは全部で4つあります。

狙っているキーワードをタイトルに含める

狙っているキーワードをタイトルに含めましょう。調べたい方はどんなことを知りたいのかを考えよう。どんなキーワードで調べているかを調べるのにいいアイテムは関連キーワード取得ツールがあります。これを使えば、どんなことをキーワードとしてユーザーが調べているかがわかります。

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))
無料で使えるキーワードリサーチツール。一瞬でキーワードリサーチに必要な情報を収集してくれる、コンテンツ制作者のためのツールです。読者、視聴者が求める情報を把握してより良いコンテンツ作りを目指しましょう!

文字数は30以内にする

文字数は30文字以内にしましょう。Googleの調査によると、モバイルだと36~41文字。PCだと30~35文字。のタイトル数が限界です。余裕をもって文字数は30文字以内にするといいですよね。

目を引くキャッチコピー

日本語のほうがSEO上有利

タイトルを日本語と英語どちらにするか迷ったときは、日本語にしたほうがよい。英語の場合はできればカタカナ表記にしよう。なぜなら日本人が日本語のサイトを検索する際は、たとえば「manga」ではなく「マンガ」と日本語のキーワードで検索するのが普通だからである。

 

造語や具体性のない言葉は避けたほうがよい

造語や具体性のない言葉をタイトルに使うのはあまりお勧めできない。SEOの観点からも一目で内容のわからないサイトやページにはなかなか訪れてもらえないからだ。ただし、将来的には造語が「ブランドネーム」として機能する可能性もあるため、オリジナリティと具体性のバランスがとれたタイトルにしよう。

流行語をサイト名に使うのは避けたほうがよい

たとえば「行列のできる~」というタイトルは、似たような名前を冠したサイトやページが乱立する可能性があることや、流行が終わってしまえば急速に陳腐化してしまうので、避けたほうがよい。ただし、期間限定で客寄せ的に使うのは悪くはない。

 

スモールワードをタイトルに含める

たとえば「電子」よりも「漫画」、さらに「電子漫画」のほうが狭い概念のスモールワードである。広い概念のビッグワードは競合が多く、自分のサイトが検索エンジンで上位にリストされる可能性は低いので、なるべくスモールワードを含めたほうがよい。

数字を使い具体性をもたせる

読者によって捉え方が変わらないまぎれもないデータかつ事実なので具体的な内容やインパクトが伝わる。字面上に数字があった方がメリハリがあって読みやすい。プレゼン冒頭のように事前情報を与えられるので読者は本文を読みやすい。

構成を決める

構成時はライバルサイトを見る

構成時はライバルサイトがどのようにして書いているのかをみましょう。ライバルサイトの構成の形を真似て書いてみましょう。そっくりそのまま書いてしまうのはNGですが、似た表現や雰囲気を用いましょう。

見出しタグにもキーワードを含める

キーワードを見出しにも入れましょう。しあkし、キーワードを詰め込み過ぎると、違和感のある見出しになる可能性があります。さらに、かえって検索エンジンからスパムと認識されてしまう恐れもあります。ユーザー理解を助けるためにキーワードを含めるのは問題ないですが、無意味に含めるのは逆効果と言えます。あくまでキーワードを入れる場合は、自然な形で入れることをおすすめします。

ライティングのコツを覚える

ターゲットを置く

あなたのブログのファンになってくれて、商品を買ってくれる1人の見込み客が必要だからです。その1人の見込み客を具体的にイメージすることでお客さんが求める価値を生み出すことが出来るのです。人はブログを読んだり商品を買ってくれるのか?というと、価値を感じているからです。人は価値を感じるから商品を買い価値を感じないから買わないのです(価値があっても買わない人はお金にそれ以上の価値を感じている)。例えばあなたがいまこの記事を読んでいるのは「なんとなく」ではなく価値ある情報と感じてくれているからですよね。そうでなければ読まないはずです。人は価値のある場所、人、情報にアクセスが集中します。人は価値を感じているものに反応しお金を支払うのです。人は価値がある情報を見て価値ある商品を買います。価値があるからこそ時間を割いたり、お金を払おうと思えるのです。

誰でも分かる文章で書く

誰でも分かるように書きましょう。目標としては中学生が読んでもわかるようにです。まず自分の文章はあまり読んでくれていないというマインドで書いていくと効果的です。

記事のデザイン

見出しの下に画像を入れる

読み手は早く、楽して、情報を知りたいと思っています。文字だらけのページを最後まで読む人は少ないのです。そこで「画像」で説明します。

グラフや表を使う

グラフや表も使いましょう。使うと見た目がすっきりして見やすいです。

アフィリエイトを始めたい方向けのおすすめの本

アフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げる アフィリエイトブログ 収益・集客が1.5倍UPするプロの技79


アフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げる アフィリエイトブログ 収益・集客が1.5倍UPするプロの技79

知識ゼロ・元手ゼロからはじめる 月3万円稼ぐ アフィリエイト実践教室


知識ゼロ・元手ゼロからはじめる 月3万円稼ぐ アフィリエイト実践教室

アフィリエイト報酬アップの絶対法則61 トップアフィリエイターの「新常識」と「実践ノウハウ」


アフィリエイト 報酬アップの絶対法則61

まとめ

【タイトルを決める】
・狙っているキーワードをタイトルに含める
・文字数は30文字以内に収める
・目を引くキャッチ―コピー
・数字を使い具体性を持たせる

【構成を決める】
・構成時はライバルサイトを見る
・見出しタグにもキーワードを含める

【ライティングのコツを覚える】
・ターゲットを置く
・誰でもわかる文章を書く

【記事のデザイン】
・見出しの下に画像を入れる
・グラフや表を活用する

タイトルとURLをコピーしました