【東京喰種】滝澤 政道(たきざわ せいどう)の覚醒状態は?プロフィールまとめ

BLOG

【東京喰種】滝澤 政道(たきざわ せいどう)

20区担当の男性捜査官。9月10日生まれのおとめ座。血液型A型。法寺のパートナーで跳ねた前髪が特徴。アカデミーを次席で卒業しており、アキラとは同期。有馬と亜門に強く憧れており、彼らの関わった事件のスクラップ記事を全て集めている。局員補佐として働くヒデと親交がある。首席卒業のアキラや異例のスピードで自身と同じ階級に昇進したジューゾーには劣等感を感じており、特にジューゾーを疎んでいる。その為、両者に対して辛辣な態度で接することが多く、日常的に言い争いが絶えないが、梟討伐作戦でジューゾーの負傷を知った際には動揺しながら彼の容態を問い質していた。同作戦ではアキラと同じく第一隊に所属。 彼女や他の隊員らと共に喰種と交戦していたが、亜門の窮地を察するも班長補佐の任を負うために現場から動けないアキラに代わり、命令違反を承知の上で彼の救援に向かった。亜門および第四隊との合流には成功するものの、突如現れたタタラによって第四隊は壊滅。自身も亜門の制止を振り切り果敢に立ち向かうが、ノロに左腕を喰われた。その後提出された報告書では亜門と共に死亡扱いとなった。

クインケは法寺から譲り受けた小型のクロスボウ状の羽赫[ドゥヒ]。

『√A』における梟討伐戦ではアキラが第四隊を援護するよう命を受けた為、原作とは逆に自らが現場を引き受け彼女を叱咤し、亜門の元へ向かわせた。その後、タタラとノロの急襲を受けて自身以外の隊員は全滅。壊滅的な状況下でタタラに立ち向かうも、圧倒され、ノロに捕食された模様。また、その現場を居合わせたヒデが目撃している。その後の消息は不明だが破損した[ドゥヒ]だけが法寺の元へ届けられたことから、亜門同様に遺体は回収されていない可能性が高い。
『:re』では梟討伐戦後にアオギリに実験体として回収され、ヨシムラベースの半喰種化施術における成功体「オウル」として登場。かつて喰われた左腕は完全に再生しており、赫眼は左眼に発現。半喰種化直後から希少な成功体として嘉納によって拷問に等しい人体実験を受けてきたことから髪色が白髪となり、爪や唇も赤黒く変色している[注 51]。外見のみならず心理面も著しく変貌しており、人間性や倫理観を完全に喪失。捕食行為に対する抵抗を持たず、逡巡も一切見られない。対峙した相手を食物として捉え、捜査官の殺害を嬉々として行うなど、残虐かつ狂気的な言動が散見される。

【東京喰種】滝澤 政道(たきざわ せいどう)別名「オウル」

喰種としての赫子は芳村同様羽赫であり、半赫者。オークション掃討戦では他の赫者同様に暴走・錯乱傾向が見受けられたものの、それ以後は練度が上昇しており、タタラや亜門との交戦では理性を保ったまま赫者化している。戦闘時には肩部から長大なブレード状の赫子を展開。赫子の刃による接近戦や羽赫の掃射による遠距離攻撃の双方に特化するが、基礎的な身体能力自体が並の喰種を遥かに上回っている[注 52]ため、赫子に頼らず近接格闘で相手を圧倒する場面も多い。回復能力も極めて傑出しており、欠損した四肢を傷口から発生させた無数の赫子と瞬時に連結させて再生している。また痛覚が鈍化しており、回復の早さと相まって鱗赫の直撃を受けても平然と戦闘を続行できる耐久性を獲得している。これらの特徴から攻防両面において絶大な能力を発揮、暫定SSレート以上と認定された。エトの指示を受けてオークション掃討戦に参戦した際には多数の捜査官を殺害、CCGを撹乱しながら管理棟へ向かうクインクス班を急襲。終始ハイセを圧倒するも、最終的に彼と相討ちとなり、作戦終結間際に現場に駆けつけたアキラとの一瞬の邂逅の後に姿を消した。

掃討戦終結後はCCGに甚大な被害を齎らした「正体不明の喰種」として記憶され、流島上陸作戦開始に向けた捜査会議では改めてSS+レートの評価を受けている。
流島へ調査に向かった鉢川班を死堪と共に襲撃し、鉢川を始めとする多数の班員を殺害。穂木やトオルを撤退に追い込んだ。流島のアオギリの樹殲滅戦では法寺班とタタラとの戦闘に乱入。法寺やアキラを助けるべく、20区梟戦の復仇も兼ねてアオギリを裏切りタタラと交戦。途中で墓盗りの妨害を受けるも圧倒的な実力で彼女を退け、タタラを討つ。しかし、直後に法寺から自分自身に対する攻撃命令を出されたことに逆上。彼を殺害して法寺班を壊滅させ、アキラにも手を掛けようとした所を亜門により阻止されたが、自身を救う為に現れたとする彼を実力差で圧倒、一蹴する。乱入した六月の不意討ちによって一時的ながらも行動不能に陥り、止めを刺されかけるがアキラの介入によってそれを免れた。再生が終わった後は亜門の言葉を受けて意識を失ったアキラを「人質」として連れて撤退。強制的に協力を取り付けた墓盗りと共に埠頭へ合流、流島を脱出した。その後は意識の戻らないアキラを救う為、彼女の治療に必要なRc抑制剤の奪取を目的にカネキらと共にラボへの潜入を図り、非常に卓越した嗅覚で抑制剤の保管場所を特定する。施設内にて暴走した亜門と対峙した際にはクロと共に彼への対応を引き受け、逡巡するカネキをアキラの許へ向かわせた。亜門との交戦ではクロと連携して攻撃を仕掛けるものの、予想を上回る猛攻を受け、自身も赫者化して激突。深手を負わされながらも死闘の末に亜門の赫包を損傷させ、彼の制圧に成功する。対照的に自身は体力の消耗から赫子の制御が滞り暴走しかけるも、クロナの機転で抑制剤を浴びたことによって沈静化。その後は彼女の手で亜門と共に生還した模様。

タイトルとURLをコピーしました