Googleマップなどの地図アプリは非常に便利ですが、インターネットに接続していないと地図が見れないため、圏外の多い山の中での使用は不向きといえます。なので仮にインターネットにつながっていても登山ルートの表示がなかったり、等高線もおおざっぱなので登山での使用には向いていません。一方、登山用のGPS地図アプリは事前に地図データ自体をダウンロードすることができ、圏外環境でもGPSによって現在地を把握することができます。

そんな林業でも使えるおすすめのGPSを紹介します。それぞれのアプリに特徴がありますが「結局、自分におすすめのアプリはどれ!?」と思った方もいるのではないでしょうか?そこで、登山スタイル別におすすめのアプリをご紹介します。

YAMAP

全国のほとんどの山のコースタイムや水場の情報入り地図が無料でダウンロード可能。

・里山などの低山から日本アルプスまで幅広く登る人
・コースタイムや水場などの情報がほしい人
・活動記録をつけたい人、YAMAP内のコミュニティで共有したい人

https://help.yamap.com/hc/ja

山と高原地図(通常版)/山と高原地図ホーダイ

主要な山岳エリアについて最も詳細な登山道情報が収録されており、綿密な計画を立てやすい。

・これまで紙の「山と高原地図」を使っていた人
・コースタイムや水場などの情報がほしい人
・綿密な登山計画を立てたい人

http://mapple-apps.jp/products/yamachizu/

ジオグラフィカ

地図のダウンロードが楽なうえ、音声ガイド機能は唯一の特徴にして大きな魅力。

・音声ガイド、ナビゲーション機能が欲しい人
・雪山などスマホを取り出しづらい場所に行く人、いちいちスマホを取り出すのが億劫な人
・オリジナルコースを作ったり、カスタムするのが好きな人

http://geographica.biz/

ヤマレコMAP

ルート表示など基本的な機能に加えて超マイナールートも表示される「みんなの足跡」は玄人から見ても心強い。

・マニアックなルートを含む低山から日本アルプスまで幅広い山域に出かける人
・登山届の提出も一緒に済ませたい人
・山行記録をつけたい人、ヤマレコ内のコミュニティで共有したい人

https://www.yamareco.com/yamareco/map

森の中でGPSを使う際に持ってほしいもの

モバイルバッテリー

スマホの充電が無くなるとGPSが見れません。なのでスマホのバッテリーが無くなったときにもすぐに充電できるようにするためにもモバイルバッテリーを購入しておくことをおすすめします。

Ankerのモバイルバッテリーは災害用にもおすすめのバッテリーで大容量サイズでもありますので何かあったときにも対応できます。

  Anker PowerCore Essential 20000

スマホ用防水ケース

山の天気は移り変わりが激しいです。なのでスマホが濡れないようにするためにもスマホの防水ケースにスマホを入れておくことをおすすめします。また、コケてスマホが壊れないためにもスマホ用のケースは購入しておくことをおすすめします。

スマホ用防水ケース

まとめ

今回は林業のおすすめGPSを調べてみました。GPSは用途によって使い方が変わるので自分にとって使い勝手がいいものを探しましょう。