宅建とは

宅建や宅建士とは「宅地建物取引士」の略称で、国家資格にあたります。そして、この宅建士になるための資格試験を「宅建試験」といいます。宅建士とは、「宅地建物取引業者」で働く従業員をイメージされると良いでしょう。宅地建物取引業者とはいわゆる不動産会社のことで、土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなどを行っています。不動産取引はとても高額です。お客様の多くは不動産に関する専門知識や売買経験がほとんどないため、不当な契約を結んでしまうと思わぬ損害を被ることがあります。そのようなことがないよう、お客様が知っておくべき事項を説明するのが宅建士の仕事。そして、重要事項の説明をお客様にできるのは宅建士だけです。宅建とは、不動産取引の専門家を示す資格、といえるでしょう。

 

宅建資格を得て宅建士の仕事をするためには、まず宅建試験に合格し、合格後は試験開催地の都道府県知事に対して登録手続きを行い、取引士証の交付を受けることが必要です。しかし宅建試験の合格率は低く、例年15~17%台となっています。難易度が高いため、合格するためには専門的な勉強が必要です。独学で受験する方もいますが、専門的な勉強が必要であることから、専門学校や通信講座を利用する人が多い傾向にあります。

 不動産への就職や転職が有利になる

不動産会社には、宅地建物取引業の従事者5人に対して1人以上の宅建士を事務所などに置かなければならないという「宅地建物取引士の設置義務」があります。当然、会社や事務所の規模が大きくなればなるほど、多くの宅建士が必要です。不動産会社に勤めていても宅建の資格を持っていない人もたくさんいます。しかし、会社としては宅建士が一定数以上必要になるため、実務が未経験でも宅建士の資格保有者であれば、就活の際に有利に働く可能性があります。そのため、不動産業界を志望する大学生の中には宅建の資格取得を目指して勉強している人が大勢います。また、不動産業界への転職活動時にも有利な材料として認められやすいでしょう。

給料が上がるかも

不動産会社の中には、資格保有者に対して資格手当を支給しているところがあります。また、「宅地建物取引士の設置義務」があるため、会社が資格取得を支援しているケースも一般的です。一方、資格を持っていないと、管理職への昇進を判断される際にマイナスの影響を受ける場合もあります。

独立開業が可能

物件の紹介や簡単な説明などは資格がなくても可能ですが、土地・建物の売買や交換または賃借の代理や媒介等を行う際に取引の相手方(買主、借主)などに対して重要事項の説明ができるのは宅建士だけです。そのため、宅建士は会社に所属して働くだけではなく、独立して不動産会社を開業することも可能です。宅建が人気資格なのは、「将来起業したい」という目標を持っている人にも支持されているからだと言えます。

自分で家を購入するときに役立つ

不動産は安い買い物ではありません。将来自宅を購入する際には、住宅ローンの返済だけでなく、不動産取得税や固定資産税などさまざまな費用を考慮して資金計画を立てる必要があります。それらの知識は宅建資格の勉強時に身に付くため、健全な資金計画を作成するのに役立つでしょう。仕事とは関係なくても、知識を実生活で役立てることが可能なのは宅建取得のメリットです。

宅建試験内容


宅建士試験は、土地・建物の取引における実務能力を判定する目的で実施されます。

その基準を満たすかどうかを問う試験内容は、宅地建物取引業法第8条で以下のように定められています。

✔土地の形質、地積、地目および種別ならびに建物の形質、構造および種別に関すること
✔土地および建物についての権利および権利の変動に関する法令に関すること
✔土地および建物についての法令上の制限に関すること
✔宅地および建物についての税に関する法令に関すること
✔宅地および建物の需給に関する法令および実務に関すること
✔宅地および建物の価格の評定に関すること
✔宅地建物取引業法および同法の関係法令に関すること
試験科目は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税と価格に関すること」の4科目です。

✔権利関係:民法、不動産登記法、建物区分所有法、借地借家法
✔宅建業法:宅建業法、住宅瑕疵担保履行法
✔法令上の制限:土地計画法、建築基準法、国土利用計画法、農地法など
✔税と価格に関すること:不動産取得税、固定資産税、所得税、印紙税、登録免許税、贈与税、時価公示法、不動産鑑定評価基準など
以上の試験科目から出題される問題を、4肢択一マークシート方式で解いていきます。

問題は全部で50問あり、およそ7割(35点前後)の得点率で合格できるといわれます。

宅建おすすめの本5選

1位 みんなが欲しかった!宅建士の教科書


みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 [スマホ学習対応(例題付)] 2020年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)

2位 スッキリわかる宅建士 中村式戦略テキスト


スッキリわかる宅建士 中村式戦略テキスト 2020年度 (スッキリわかるシリーズ)

3位 わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト

わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト 2020年度 (わかって合格る宅建士シリーズ)

 

4位 合格のトリセツ 基本テキスト 【法改正対応】

2020年版 宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト 【法改正対応 / フルカラー / 分冊可能】 (旧『きほんの宅建士』) (宅建士合格のトリセツシリーズ)

 

5位 らくらく宅建塾


2020年版 らくらく宅建塾 (らくらく宅建塾シリーズ)

まとめ

ということで今回は宅建に必要な勉強本を5選紹介しました。どうでしょうか。宅建でスキルアップをしてみるのはいい機会だと私は思います。頑張って勉強していきましょう。