投資ポートフォリオを構築するための3つのステップ

投資

金融市場では、ポートフォリオが投資家の成功には不可欠です。個人投資家は、個人の投資目標とリスク許容度に最も適合する資産配分を決定する方法を知る必要があります。投資家は、体系的なアプローチに従って、投資戦略に合わせたポートフォリオを構築することをおすすめします。

ということでここでは3つのステップで投資用のポートフォリオの手順を解説していきます。

ステップ1:適切な資産配分の選択と決定

個人の財務状況(貯金や負債など)と目標を確認することは、ポートフォリオを構築する際の最初の課題であります。

考えるべき重要な項目は、年齢、投資を拡大するために必要な時間、投資する資本の量、将来の収入のニーズです。キャリアを始めたばかりの未婚の22歳の大卒者は、次の10年間で子供の大学教育の費用を支払い、定年退職を今後期待している55歳の既婚者とは異なる投資戦略が必要になります。

 

考えるべき2番目の要素は、性格とリスク許容度です。あなたはより大きなリターンの可能性のためにお金の損失を危険にさらすことをいとしないのか?誰もが毎年高いリターンを獲得したいと思っていますが、投資が短期的に低下する夜に眠ることができない場合、これらの種類の資産からの高いリターンはストレスに値しない可能性があります。

 

現在の状況、将来の資本ニーズ、リスク許容度を明確にすることで、さまざまな資産クラス間で投資をどのように配分するかが決まります。

より大きなリターンの可能性は、より大きな損失のリスクを犠牲にしてもたらされるのは当然の原理です。個人の状況やライフスタイルに合わせてリスクを最適化するほど、リスクを排除する必要はありません。たとえば、投資で収入を得なくても他に収入減がある場合は自分の投資に依存する必要がなく、高いリターンを求めてより大きなリスクを負う余裕があります。一方、退職に近づいている人は、自分の資産を保護し、税効率の高い方法でこれらの資産から収入を引き出すことに集中する必要があります。

ステップ2:ポートフォリオの決定


適切な資産配分を決定したら、適切な資産クラス間で資本を分割する必要があります。

さまざまな資産をさらに細かく分解することもできます。これらもさまざまなリスクと潜在的な利益をもたらします。たとえば、投資家は、ポートフォリオの資本部分を、さまざまな産業セクターとさまざまな時価総額の企業の間、および国内株式と外国株式の間で分割することがあります。債券部分は、短期および長期の債務、政府債務対企業債務などの間で配分される可能性があります。

ステップ3:ポートフォリオの分析


ポートフォリオを確立したら、それを定期的に分析し修正する必要があります。ポートフォリオの実際の資産配分を評価するには、投資を定量的に分類し、全体に対する投資の比率を決定します。

時間の経過とともに変化する可能性が高い他の要因は、現在の財務状況、将来のニーズ、リスク許容度です。これらが変わった場合は、それに応じてポートフォリオを調整する必要があります。

まとめ

ポートフォリオ構築プロセス全体を通して、何よりも多様化を維持することを忘れないことが重要です。また、投資信託とETFを使用することにより、優れた分散化を実現できます。リスクを高くとればその分多くのリターンをもらえる可能性もあります。自分の性格も知っていきながら投資を学び実践していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました