Amazon"呪術廻戦16巻"予約購入はこちら

【呪術廻戦】庵 歌姫(いおり うたひめ)って何歳?術式は?プロフィールまとめ

呪術廻戦

【呪術廻戦】庵 歌姫(いおり うたひめ)

呪術高専の京都校で2年生のクラスの担任を務めている準1級呪術師であり、仕事中は巫女装束を着る。31歳
やや勝気・短気な性格。学生時代は後輩の五条や夏油からは弱いとなめられていた上に、本人も五条のことをよく思っていなかった。その一方、五条は内心で彼女を信頼していた。また、同じく後輩の家入とは仲が良く、彼女に禁煙も勧めた。趣味はスポーツ観戦・カラオケ。ビール好き。
2006年の時点では2級術師であり、1級術師の冥冥と任務を請け負ったことがある。また、この時期に顔の傷はなかった。
交流会では京都校の引率として参加する傍ら、五条の依頼で京都側の内通者を探していた。

呪術廻戦あらすじ

2018年6月の宮城県仙台市から物語は始まる。

常人離れした身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、両親の顔を知らず、祖父に育てられた。祖父が逝去した夜、虎杖の学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、人を襲う化物・呪霊が現れてしまう。虎杖は「呪物」回収のために現れた呪術師の伏黒恵と共に、取り残された先輩を救うため校舎へ乗り込む。しかし、そこで窮地に追い込まれてしまい、虎杖は力を得るため自ら呪物「宿儺の指」を食べ、特級呪物・両面宿儺が復活する。

その後虎杖は「宿儺の器」として呪術師に捕らえられ、死刑を宣告される。しかし、特級呪術師の五条悟の提案により、「すべての宿儺の指を食してから死ぬ」という猶予が与えられる。

かくして虎杖は都立呪術高専に入学し、呪術師としての人生をスタートさせる。

タイトルとURLをコピーしました