【怪獣8号】キノコ頭の保科宗四郎のプロフィールまとめ

怪獣8号

【怪獣8号】保科宗四郎

副隊長にしてキノコ頭と糸目が特徴の防衛隊員。
ミナとは対照的に多弁かつ御笑い上戸と対照的な性格をしているが、冷静かつ分析力に長けており、厳しさをにじませる一面も。
副官と言う立場からかミナの補佐にもたけており、殆ど出さない彼女の感情を読み取ることができる模様。

小物体に対する攻撃が得意

【保科の後輩】日比野カフカ

怪獣8号の主人公。名前の元ネタはフランツ・カフカと思われる。幼少の頃に幼馴染のミナとした約束により日本防衛隊に入ることを夢見ていたが、大人になってミナの方は防衛隊のエースとしてスーパースターの様な活躍をするまでになるが、カフカの場合は防衛隊の試験に受かることすらできず、そのまま32歳の年齢制限を超えたために夢破れる。
本編開始時における現在では、討伐隊が倒した怪獣の死体を処理する怪獣専門清掃業者モンスタースイーパーの社員として働いていた。

困っている人を見かけたら放っておけないお人好しで、善良な人物。
入ったばかりで生意気な態度を取った新人アルバイトの市川レノに対しても、初仕事で精神的にダメージを受けているレノにエナジーゼリーを渡して体力を回復するように促したり、二人して同時に怪獣に襲われた際には、自分が命の危機に陥っている状況でもレノを逃がすために体を張るなど、根っからの英雄気質。

怪獣清掃業者としては非常に優秀で、文句を言いつつもきつい作業をこなす精神性と、解体業者としての経験から培った知識は本物で、その優秀さはもしも防衛隊員に「なれていれば良い隊員になれていた」と、清掃業者の社長が一目置くほど。

肉体的にも通常の三〇代としては決して劣っている方ではないが、肉体の衰えは隠しきれず、やや中年太り気味。それでも腹回りに若干肉が付くに留めている。

タイトルとURLをコピーしました