Amazon"呪術廻戦16巻"予約購入はこちら

【危険】高卒ニートがプログラマーになるのはリスクが高い?ブラック企業に行く可能性も

高卒日記

ITエンジニアは人材不足?

高卒ニートでもプログラマーであるITエンジニアになれるかどうかと言われれば答えはYes。

しかし、正直とんでもない苦行が待っている可能性もあります。そもそもプログラマーになる理由が楽して稼ぎたいというのであればまず向いていないです。なので辞めておきましょう。プログラミングを習得するにはまず時間がかかります。なのでそこでモチベーションが続かず折れる可能性が高いです。

けれども、プログラミングできる人を企業は求めています。プログラミングでコードを書くだけが仕事ではありません。アプリを作るにも企画、設計、マーケテイング、プロダクト制作など過程を経てリリースされます。なのでコードを書けなくてもプログラミングの知識を持っているだけでも人材としては重宝されます。

プログラミングにもいろいろある

プログラミングといっても色々な言語あります。

プログラミングと言っても1種類でくくることはできません。Web制作であればHTML、CSS、Javascript。人工知能であればPython。アプリ開発であればC言語、Javaなどいろいろとあります。

まずは自分が作ってみたい言語を習得することをおすすめします。

未経験でもITエンジニアにはなれる

未経験でもITエンジニアにはなれはなくはなれません。

しかし、先ほどにも述べた通り苦行に近い勉強をする必要もあります。ただ稼ぎたいと思っているのであれば辞めておきましょう。まずプログラミングを完ぺきに習得することはできません。ほとんどの人は、分からないところがあれば何かしら調べながら修正・改善しています。

高卒ニートがプログラミングスクールに行くデメリット

高卒ニートでプログラミングスクールに行くのはおすすめしない。

なぜならプログラミングスクールで学べることは、ただの登竜門のようなものだからです。プログラミングスクールでは基本的に枠組みである全体の理解が学べます。車の免許証をとる感じに似ています。なので、車の運転と同じで何年も継続していかなければなりません。

独学にもデメリットはある

じゃあ独学がいいのかと言われるとそうでもありません。

プログラミングスクールにもメリットはあるし、独学にもデメリットがあります。独学のデメリットはグループで開発をした際に明らかになることが多いです。プログラミングスクールでは基本を学べます。なのでコードのマニュアルの書き方を学べます。しかし独学の場合は動けばいいという思考に走るので自分1人で開発して仕事をもらう場合はいいかもしれません。

なので独学の場合は、チームでの開発時に少し苦労するかもしれません

まとめ|努力すればなんとかなる

結論、何事もそうですが努力すればなんとかなります。

ITエンジニアであるプログラマーになりたいのであればまずはパソコンが必要です。ノートパソコンの方が持ち運べるので便利です。長期的にずっとITエンジニアとして仕事をしたいというのであれば、まずは自分で独学をしてみて、できそうだなと思ったらプログラミングスクールに行くか、そのまま独学で突き進むか決めるといいと思います。

タイトルとURLをコピーしました