どうも、こんにちは

 

みなさん、20代という時期は、男性も女性も、今後の人生のために、とても重要な意味を持つ時期といえるでしょう。より良い人生の成功を手に入れるために、一般的な20代後半の男女がどんな生活をして、どんなことを感じて、どんな恋愛をして生きているのかを調べることは大切ですね。ということでさっそく20代という大切な時期にどんなことをして過ごすと、より充実した人生を送れるのかを解説していきます。それではいきましょう。

得意なことを見つけ、やってみる


まずは得意なことを見つけましょう。得意なこととは、最も手馴れていて自信があるという意味であります。また、やっていて苦にならないことも得意とされることが多いです。人が嫌がるような仕事でも楽しくできれば得意なことだと思います。そんな得意なことを20代のうちに伸ばしておきましょう。ニッチなジャンルほどもしかしたらその分野で稼げてしまうなんてこともあります。

毎日コツコツ継続する


継続をして習慣化しましょう。習慣化に必要なことはたったの3つに集約されます。この3つのコツを確実に実行することで、容易く習慣化することができるのです。

小さな変化から始める

最も重要なことは、脳の仕組みに合うように習慣を作ることです。大きく変えようとするのではなく、小さな変化を確実に続けていくこと。これが、習慣化の最大のポイントです。時間をかけて少しずつ変えることが、「リバウンド」を防いで確実に習慣を作っていきます。例えばダイエットを始めようと思って最初だけ頑張るなんてことは多々ありますよね。張り切りすぎてあとが続かないのはダメです。まずは小さいハードルから超えていきましょう。

モチベーションを捨てる

モチベーションに頼ると、「やるときには一気にやるけど、やらないときはまったくやらない」状態になりがちです。習慣化のためには、少しずつ確実に反復してインプットしていくことが大切なのですから、起伏の大きいモチベーションに頼るのは危険です。モチベーションは捨てて、「モチベーションが無くても自然と行動する」ような状態に持っていきましょう。つまり、やる気が出ないときでも習慣化されているので出来るようになっているということです。

仕組みを作る

人は忘れる生き物ですし、怠惰な生き物でもあります。できるだけ、ラクをしたいという衝動に流されていきます。特に、習慣が定着するまでは、「仕組み」を作って反復させることに注力しましょう。おすすめはアプリのスケジュールでアラーム付きにして1日のスケジュールを管理することです。

 

生活リズムを整える


生活リズムの中で特に大事なのは睡眠のリズムです。睡眠のリズムをつくるには、朝が大切です。毎朝決まった時間に起きる習慣をつけましょう。無理に起きるというより、目覚まし時計が鳴る前に、朝日を浴びて自然に起きられるようにするのがベストです。ただし、夜が遅い仕事の方は、無理をして早起きしなくて大丈夫。起きる時間が少し遅くても、“毎日同じリズムで生活すること”がポイントです。だいたい7時間ほど寝るのがベストです。

本を読む


読書にはいろいろな効果があります。その中の1つの読書の効果としては、ストレス解消が挙げられます。本を読んで心が安らいだ経験は誰しもあると思いますが、実は、読書のリラックス効果は科学的に認められているのです。英サセックス大学は2009年、読書によるストレス解消効果を発表しました。心拍数や筋肉の緊張状態からストレスを計測した結果、ストレスが68%も減少することがわかったそう。これは、音楽鑑賞やコーヒーなど、ほかのあらゆるストレス解消法を上回る数値なのだそうです。読書を甘く見ていませんか?他にもメリットはたくさんあるので本を読みましょう。

成果を出しやすい環境を作る

人間の成長と言うのは、環境で決まります。良い環境に身を置けば、質の高い経験が得られます。
いい経験が得られれば、成長の速度も上がります。そうして成長できれば、さらによりよい環境にいき、さらに質の高い経験を得ることができます。逆に、悪い環境にいれば、たいした経験を積むことができません。そして、いつまでたても大した経験ができず、レベルアップすることができないのです。人間は誰しも最初は大した能力を持っていません。なので運が良くない限りは、レベルの低い環境からのスタートとなります。だからそこで甘んじてしまうと、一生そのレベルにとどまってしまいます。まずは、頑張ってそこから這い上がることが大事になってきますので地道に頑張りましょう。

まとめ

ということで以上で今回は人生を豊かにする20代でしておくといいことを説明しました。どうだったでしょうか?まずは小さいことから始めてみましょう。大きなことは目標を立てるのはいいですが、まず何をすればいいのかが分からなくなりやすいです。なので、まずは継続するためにも小さいことをやっていきましょう。