どうも、こんにちは。

今回は人生100年時代をどう生きていこうかということで、ローリスクな生き方をまとめてみました。4つにまとめてみたので、あまり危険な行動をしたくなければ、この記事を読むことをお勧めします。

 

それではいきましょう。

会社を辞めないこと

 

案外、人生100年時代なので起業しようとか言う人もいますが、あくまで大事なのは起業家精神をもって働くことです。なので、起業なんかせず会社にいるのも1つの手段であります。

 

最初新入社員として入る場合は、もちろん雑務をこなし基本的なことができるようになるまでは、新しいことを挑戦させてくれる人は少ないでしょうが、やりたいことは上司に言っておいた方がいいです。将来どうなりたいのか知っていることと知らないことでは多いに違います。

 

メリット|会社に守られている

 

また、会社に残ることで、メリットもあります。それは会社に守られることです。起業やフリーランスになるとどうしても後ろ盾がいません。なので、もし何かあった時1人で行わなければなりません。そのために、会社に入って、会社外では好きなことをするという方法もあります。

 

デメリット|拘束時間が長い

 

会社に勤めている以上、頼まれた仕事は行わなければなりません。そのうえ定時まで帰れないのも拘束時間が長いと感じる1つでしょう。拘束時間が長いのが嫌な人はだいぶストレスに感じるでしょう。なので、時間にとらわれない働き方がしたければ、フリーランスや起業を目指すことをおすすめします。

人に喜ばれることをする

 

人に喜ばれることをしましょう。これはビジネスにおいて、そうでなくても重要なことです。人に喜ばれると自分もうれしくなります。そして、感謝されることは非常にいい経験にもなります。あなたは感謝されたことがあるでしょうか?

 

ぜひ1度感謝される体験をしてみましょう。あなたの人生観が変わります。また本来好きでない仕事だとしても、あなたを夢中にさせる言葉だとも感じています。「ありがとう」と言われるそんな行動をしましょう。

 

0次産業|お金を追求しないビジネス

 

お金を追求しないビジネスのことを0次産業と言います。これは人に感謝されたい、喜ばれたいということを重視し、できるだけお金の利益を考えていないビジネスです。

 

Z世代|今の若者の考え方

 

現10代後半から20代前半の人をZ世代と社会ではいいます。Z世代とは、お金を追求しない生き方、最小限のお金で生きていくための生き方を志している人のことを言います。なので近年NPO法人などが多く設立されているかもしれません。

自分のありたい姿を定める

 

自分のありたい姿を決めましょう。例えば看護師になりたい!という人がいますが、これではいけません。看護師になってさらにどうしたいのかを考えましょう。どういう人を助けたいとか、どういう人になりたいかなどあると思います。

 

このなりたい姿は基本的にモヤモヤしています。霧がかかっている状態と言ってもいいです。このモヤモヤしたものを決めましょう。

生き生きした自分

✔自立した自分

✔成長する自分

✔人に喜ばれる自分

 

と色々あると思います。この理想な自分を決めていきましょう。

 

ゴールから逆算をする

 

自分のなりたい姿が決まれば、あとは逆算をして自分が何をすればいいのかが明確になります。そして、まずは自分ができることから始めましょう。

 

小さいことからで十分です。まずはやりきることを目標においてがっつり行動しましょう。

第3の居場所を探すこと

 

家でも、仕事先でもない第三の居場所を探しましょう。別にその居場所は稼げなくてもいいです。自分がその空間にいてほっこりするようなそんな場所を探しましょう。

 

例えば行きつけのお店やBARでもいいでしょう。これからの時代コミュニティは最低でも5つどこかに入っていないと生きていけなくなる時代でもあります。自分でプラットフォームを形成するのも1つの手です。最低でも5つ見つけていきましょう。

まとめ

 

以上で今回はローリスクな人生100年時代の生き方で大事な4つのことをまとめました。生きる上でお金は大事です。しかし、お金が一番価値があるとも限りません。自分が価値あると感じることをやってみたり、その空間にいれるといいですよね。しかし、まずは行動をしましょう。