【呪術廻戦】伏黒 恵の領域展開「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」とは

呪術廻戦

伏黒 恵の領域展開「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」

嵌合:軸と穴がはまりあっていること。容器と蓋をはめてあわせることをいう。
暗翳:暗い影。翳=影、陰

<効果>

地面が液状の影で満たされます。まだ未完成のため、必中の効果はない様子。領域内を液状の影で覆い、その影から式神が多数出現して相手を攻撃をする。自身の分身も作れる。相手の攻撃に対しては、自ら影の中に入り避ける。

伏黒 恵(ふしぐろ めぐみ)の誕生日や好きな女性のタイプは?

都立呪術の高専1年生で、虎杖の同級生に当たる2級呪術師。12月22日生まれ。甚爾の息子であり、恵という名前は父から付けられた。御三家・禪院家の血筋であり、その分家出身と見なされている。実の両親は共に亡くなっており、小学1年時から1つ年上の義姉・津美紀と共に暮らしている。さいたま市立浦見東中学校を卒業した後、都立呪術高専に入学した。また、担任である五条とは入学前からの知り合い。

任務で杉沢第三高校の百葉箱に保管されていた宿儺の指の捜索に来た際に虎杖と出会う。虎杖が両面宿儺の指を呑み込んだ際、一度は虎杖を「呪い」として祓おうとするものの、五条に虎杖の処遇を尋ねられた際には、虎杖を救うよう懇願している。反面、無免許運転で子供を撥ねるなどの罪を犯した少年院在院者に対しては「ただでさえ助ける気のない人間を死体になってまで救う気は無い」と発言するなど、自らの善悪の価値判断を重視している。

中学生の時は荒れていたが、津美紀が呪いで寝たきりになった事により、不平等な現実のみが平等に与えられ、幸せになるべき善人が報われない事に疑問を抱き、少しでも多くの善人が平等を享受できるように不平等に人を助けるために呪術師となった。上記の出来事があり、好みのタイプとして、津美紀のように「揺るがない人間性」を持つ女性を挙げている。

好きな食べ物は生姜に合うもの(生姜そのものではないらしい)。嫌いな食べ物はパプリカ。実話系の本を読むことが多い。部屋着はとにかく楽なものを選ぶ。

伏黒恵の術式は?│十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)

使用する術式は、自身の影を媒介とした十種の式神術「十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)」であり、御三家・禪院家相伝の術式の一つでもある。手で作った影絵を実体化させる形で、式神を呼び出す。並の式神より強力で、完全に破壊されると二度と顕現できないが、破壊された式神の遺した術式と力は他の式神に引き継がれる。

基本的に一度に二種類顕現されることができ、拡張術式によって二つの式神を合体させることも可能。また、影を呪力の媒介にする特性を利用して、自身の影に呪具を収納させることも可能。式神を用いた遠距離攻撃が主流の戦闘スタイルで、複数の式神を連携させる等、攻撃の用途が広い。ただし、近接戦闘は苦手で、影絵のために両手を空けておく必要もあり、呪具も使い慣れていなかったが、交流会前の真希との練習で呪具を使い慣れてきた。交流会直前にあらゆる呪具を自身の影の中から出し入れ可能な事がわかり、真希の呪具も運搬している。「奥の手」として、八握剣異戒神将魔虚羅という式神を有している。

八握剣異戒神将魔虚羅(やつかのつるぎかいしんしょうまこら)とは

【呪術廻戦】伏黒恵「八握剣異戒神将魔虚羅(やつかのつるぎいかいしんしょうまこら)」の強さや能力は?
「布瑠部由良由良(ふるべゆらゆら)」歴代十種影法術師の中に調伏できたものはいないとされる最強クラスの式神「八握剣異戒神将魔虚羅」。六眼持ちの無下限呪術使いの五条家当主と十種影法師の禪院家当主が本気で殺し合い、勝負を互角にした原因と考えられて

 

応用力のある術式や宿儺さえも警戒させる術を持っているが、それらを十分に使いこなせていないようで、宿儺には「宝の持ち腐れ」と評されている。五条には、「奥の手」を出して最悪自分が死ねば全て解決出来ると思っているから本気の出し方を出来ていないと指摘される。その後、埼玉の八十八橋での仮想特級呪霊との戦いで本気を出し、不完全ながら領域展開を取得し、仮想特級呪霊を倒した。

伏黒恵の渋谷事変での行動

渋谷事変では、敵の降霊術によってよみがえった伏黒甚爾と再会するが、父親であることに気づかなかった。その後、満身創痍の状態にあったところを重面春太に襲われ、「奥の手」である八握剣異戒神将魔虚羅を出現させ、駆け付けてきた宿儺によって救出された。

伏黒恵の死滅回遊編での行動

143話にて、恵が登場してきました。傷はおそらく家入の反転術式によって治癒されたと思います。恵の姉である伏黒 津美紀(ふしぐろ つみき)が加茂憲倫の死滅回遊の参加者として選ばれたのを知り、虎杖に助けを求めます。

恵の姉である伏黒 津美紀(ふしぐろ つみき)とは

恵の一つ年上の義姉。小学2年の時に恵の父親(甚爾)と津美紀の母親が付き合うも蒸発し、それ以降、恵と2人で暮らしている。「誰かを呪う暇があったら大切な人のことを考えたい」という考えを持つ。弟想いであり、中学時代に暴力が絶えなかった恵を叱責していた。高校1年生の時に八十八橋へ肝試しに行った事で呪われてしまい、それ以降寝たきりの状態である。加茂憲倫の死滅回遊のプレイヤーとなっており死滅回遊編から後々、より詳しい情報が出てくるでしょう。

まとめ│感想

伏黒自体、渋谷事変からどうなっているのか。。。禅院直哉が登場をして伏黒を殺そうとしていますが、伏黒は今一体どこにいるのか。。。そして、禅院直哉に対して怒っている虎杖もかわいいですね。個人的には、さらならパワーアップをして再登場しいてきてほしいです。

渋谷事変が終わり、偽夏油の正体が加茂憲倫ということが判明しました。その加茂憲倫の思惑として次章では死滅回遊編が始まりました。143話では、乙骨先輩が虎杖の味方であることが分かりました。そして、恵が虎杖に姉であるつみきを助けるために助けを乞いましたね。

恵自身も今後成長を遂げているに違いはないと思いますが、一体今後の展開はどうなるのでしょうか。

【呪術廻戦】巻ごとのネタバレ感想まとめ

【呪術廻戦1巻】ネタバレ有り感想まとめ│伏黒と虎杖との出会い
【呪術廻戦1巻】ネタバレあらすじまとめ 常人離れした身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、両親の顔を知らず、祖父に育てられた。祖父が逝去した夜、虎杖の学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、人を襲う化物・呪霊が現れてしまう。虎杖は「呪物」回収のため...
【呪術廻戦2巻】ネタバレ有り感想まとめ│主人公の虎杖死亡?
【呪術廻戦2巻】ネタバレあらすじまとめ 少年院内に現れた呪霊に、高専1年生たちは手も足も出ず。 そこで悠仁は、体を宿儺に渡して呪霊を倒すことを試みる。 呪霊と宿儺は同じ特級に分類されているが、その実力は天と地の差があり、戦闘はあっ...
【呪術廻戦3巻】ネタバレ有り感想まとめ│伏黒と東堂のバトルが見所
【呪術廻戦4巻】ネタバあらすじまとめ 東堂葵は「性癖にはソイツの全てが反映される。女の趣味がつまらん奴はソイツ自信もつまらん。俺はつまらん男が大嫌いだ」と、だからどうしたという謎理論を展開していて、伏黒がターゲットに。 伏黒は面倒臭...
【呪術廻戦4巻】ネタバレ有り感想まとめ│吉野の悲しい結末
【呪術廻戦4巻】ネタバレあらすじまとめ 虎杖と吉野の戦いがありました。 虎杖は 吉野の身に何が起こってしまったのか把握していなかったみたいです。 吉野の術式は 「毒」でした。 呪力から精製した毒を式神の触手から分泌して,戦って...
【呪術廻戦5巻】ネタバレ有り感想まとめ│京都校VS東京校開始
【呪術廻戦5巻】ネタバレあらすじまとめ 東堂に好きなタイプを聞かれ、虎杖が答えたのが 『お尻と身長が大きい女の子』 虎杖の答えは、東堂の好きなタイプと一緒でした。 東堂は虎杖の答えを聞いた瞬間から、虎杖と親友だったという...
【呪術廻戦6巻】ネタバレ有り感想まとめ│東堂と虎杖のコンビの戦いが魅力
【呪術廻戦7巻】ネタバレあらすじまとめ 呪いの種子を防いだ東堂、そして虎杖は、続けざまに二人がかりでけりをはなちます。 前回の東堂の発言がブラフだったことは花御に見抜かれたハズ… しかし東堂は、まだ自らの術式について、すべてを...
【呪術廻戦7巻】ネタバレ有り感想まとめ│受胎九相図と伏黒の覚醒
【呪術廻戦7巻】ネタバレあらすじまとめ 特級呪霊・花御が京都姉妹校交流会に乱入して派手な戦闘を繰り広げているあいだに、真人は高専が所有している特級呪物“両面宿儺”6本に加えて、同じく特級呪物“受胎九相図”1番~3番というバケモノを手に入れ...
【呪術廻戦8巻】ネタバレ有り感想まとめ│虎杖と小沢の回
【呪術廻戦8巻】ネタバレあらすじまとめ 伏黒は宿儺の指を持ったまま倒れていました。疲れ果てて寝ていたようです。 すでに3本の宿儺の指を食べている虎杖。伏黒は虎杖の指のキャパが分からないので、まだ食べるなと虎杖に念を押します。しかし、...
【呪術廻戦9巻】ネタバレ有り感想まとめ│五条と夏油の過去編
【呪術廻戦9巻】ネタバレあらすじ内容まとめ 伏黒には呪力が全くなく動きが早いため五条でも追いきれません。 伏黒は呪具を使いながら素早い動きで攻撃を仕掛けます。それに対し五条は術式「蒼」を発動し周りの壁や家などの遮蔽物を消し去りました...
【呪術廻戦10巻】ネタバレ有り感想まとめ│渋谷事変始まり!
【呪術廻戦10巻】ネタバレあらすじ 虎杖は、すぐに下に真人がいるのならとB2階へ向かいます。 そこにはバッタのような容姿をした呪霊が人間を食べていました。 バッタは自分のことを賢いと言うのが特徴です。 真人の場所を聞くと...
【呪術廻戦11巻】ネタバレ有り感想まとめ│五条悟が封印?どうなるのか・・・
【呪術廻戦11巻】ネタバレ有り感想まとめ 列車で1000体もの改造人間を連れてきた真人たちの狙いは、その場に死者も生者も増やして五条先生を迷わせること。しかし、彼は瞬時の判断で巻き込む非術師に影響が出ない0.2秒間だけ領域展開「無量空処」...
【呪術廻戦12巻】ネタバレ有り感想まとめ
呪術廻戦12巻ネタバレ内容 ミニメカ丸は脹相が加茂と同じ赤血操術を使っていると言うも、加茂とは違い失血しない脹相に隙はありません。 メカ丸は一か八かの可能性にかけて虎杖をトイレに駆け込ませました。メカ丸の煽りで狙い通りトイレへと入っ...
【呪術廻戦13巻】ネタバレ有り感想まとめ│漏瑚vs宿儺の戦いエグイ
【呪術廻戦13巻】ネタバレ内容 13巻は107話から115話までが収録されています。 変態をして大きくなった呪霊は宙に浮きながら指先に球体を作り出しています。 呪霊に対して構えの姿勢を取る直毘人。 次の瞬間、駅の構内に大...
【呪術廻戦14巻】ネタバレ有り感想まとめ│宿儺強すぎワロタw
【呪術廻戦14巻】ネタバレ内容 14巻は116話から124話までが収録されています。 「火への恐れ」から生まれた漏瑚に対して、侮辱ともとれる勝負の持ちかけに、宿儺の術式が定かでないことへの驚きを抱きながらも応戦する漏瑚です。 ...
【呪術廻戦15巻】あらすじネタバレ感想まとめ│真人と虎杖の決闘
【呪術廻戦15巻】あらすじネタバレ 虎杖と真人の体力はほとんど無く、戦いは佳境を迎えていた。 お互いにトドメの一撃「黒閃」を繰り出そうと、拳を振りかざしている。 真人は、黒閃を狙って出せる術師はいないと知っていたが、今の虎杖に...
【呪術廻戦16巻】ネタバレ有り感想まとめ│新章開幕、乙骨雄太登場
【呪術廻戦16巻】ネタバレあらすじまとめ 16巻は134話から収録されています。 呪術廻戦134話│偽夏油うずまき発動 夏油が 「「極ノ番」というものを知っているかい?」 「「領域」を除いたそれぞれの術式の奥義のよ...
【小説版】呪術廻戦 夜明けのいばら道│ネタバレ感想まとめ
【小説版】呪術廻戦 夜明けのいばら道│感想まとめ 野薔薇と棘」何者でもない、“釘崎野薔薇”であると言い切ってしまえるこのカッコよさ!言葉を封じる先輩の優しさ。仲良くなれたようでよかった。「此処に在らずとも」泣く。会って話したいとか触れたい...
【小説】呪術廻戦 逝く夏と還る秋│ネタバレ感想まとめ
小説版逝く夏と還る秋は5つの短編で構成されていました。 【小説】呪術廻戦 逝く夏と還る秋の目次・内容 1話:虎杖と伏黒のメイド喫茶の話 2話:五条先生とななみんの話。 3話:真人のお話。人間から生まれた呪いの真人らしい物語。...
タイトルとURLをコピーしました