今回はお金が貯まらない人の特徴に迫っていきたいと思います。お金はめちゃめちゃ大事です。お金があるからこそ見える景色もあります。お金の使い方は主に3つあります。投資・消費・浪費です。特に浪費をしている人はお金は貯まるはずはないですよね。また、しかたがない消費だと思っていて実はそれをもっと安くする方法だってあります。今回はそんなことを見ていきます。それではいきましょう。

スマホを大手キャリアにしている人

大手キャリアではなく格安SIMに乗り換えましょう。格安SIMにすることによって大手キャリアの通信料金よりも約5000円ほどお安く済みます。年間で6万円です。すごい節約にもなりますよね。また、中にはスマホを仕事をするという人にはおすすめができない場合があります。しかし、たいていの人は格安SIMに乗り換えることをおすすめします。デメリットもありますが、たいていの方は他のツールやアプリで代用できますので、スマホを大手キャリアにしている人は早めに変えましょう。

おすすめの格安SIMはBIGLOBEモバイル

ATM手数料を払っている人

ATMは手数料が取られやすいです。中には無料で手数料が取られないときもあります。しかし、万が一降ろさないというときにその時間帯が手数料が取られる時間帯であればどうでしょうか?手数料は無料の方がいいですよね。なのでおすすめするのはネット銀行です。ネット銀行のメリットは以下です。

・都市銀行など他の金融機関よりも金利が高め
・利用状況に応じて手数料無料やポイントバックなどのサービスが受けられる
・口座開設キャンペーンのキャッシュバックなど特典が豊富
・土日でもオンライン取引ができて便利
・振込手数料やATM時間外手数料等が無料のネット銀行もある
・法人向けのビジネス口座も開設できる(専用WEBページから申し込み)

このように、ネット銀行にはたくさんのメリットがあります。特に手数料に関しては、ほかの金融機関と比べて大きなメリットがあるといえるでしょう。一度きりであれば大して意識しない手数料も、利用するたびに積み重なっていくと考えるとかなりの支出になります。ネット銀行を上手に利用して、手数料を節約してみてください。おすすめは楽天銀行と楽天証券を連携させたマネーブリッジです。金利が0.1%でメガバンクの普通預金の100倍ほどなります

コンビニ・自動販売機での無駄な飲食の購入

 

コンビニの無駄な立ち寄りによる飲食の購入は控えましょう。コンビニや自動販売機は少し高い値段で設定されて売られています。それに比べてスーパーなどではコンビニの2、3割引きされた値段でお得です。例えば、何か友達と旅行に行きちょっと小腹がすいたときなどは特別な日として購入してもいいかもしれません。しかし、何もないのにふらふらコンビニ行くのはNGです。お金を使わないこともお金を貯める上で重要なことです。

外食ばかりしている

毎日700円のランチを食べるとしましょう。1カ月で約2万千円の食費が加算されてしまいます。これは無駄ではないでしょうか。また、無駄な付き合いの飲み会もそうです。お金を浪費に使うのはよしましょう。中には有益なものもありますのでバランスが重要です。しかし、毎日ランチなどの外食に行くのはどうかと思うので辞めましょう。できるだけ自炊を心がけてください。

セール品を衝動買いをする

セール品を衝動買いするのは辞めましょう。安いというお得感につられて買ったはいいものの使わないことは多々あります。それならばいったん考えてみるのはどうでしょうか?いったん考えて本当に必要なものかどうかを考えましょう。消費品でも買いすぎて腐らせてしまっては意味がないですからね。こちらもバランスが大切です。

キャッシュレス決済をしない人


支払いに使うのが紙幣や硬貨ではなく、スマートフォンやカードになることから、持ち歩くモノが減ります。近くにATMがなく現金が引き出せなくても買い物ができ、財布を忘れてもスマホで支払いができます。クレジットカードなら、カードの紛失・盗難の際、サービスを止めて悪用を防ぐことができるでしょう。決済データが残るため、自分がいつ何を購入したかがすぐ分かります。家計簿をつけている人は手間が減ります。キャッシュレス決済を広めたい企業がポイント還元などを行っているため、お得に買い物ができます。しかし、中には使いすぎてしまう人もいるので気を付けましょう

必要以上に保険に加入している人


保険は保障が手厚ければそれだけいいですが、必要以上に保険に入りすぎてしまうのも問題です。月々の保険料負担によって、家計を圧迫することになりかねません。 保険料を払うことを優先させて、生活費を切り詰めたり、住宅ローンが支払えなくなっては、保険自体を継続することも難しくなってしまいます。 保険にさえ入っておけば安心だという気持ちになりがちですが、必要保障額以上の保険に入ることはありません。収入と支出のバランスを優先させてください。 知り合いがこれぐらい保険に加入している、あるいは結婚したらこれぐらいは入らなくてはいけないといった情報や価値観に振りまわされて、 加入を急いでしまう方もいますが、必要な保険や保障は家族構成や経済事情によっても変わります。 自分の家計を守るためにも、必要以上は入らないよう心がけてください。

まとめ

以上でお金が貯まらない人の特徴をざっくりですが説明させていただきました。無駄なものにはお金はできるかぎり使わないようにしましょう。支出を抑えることもお金を貯めるための必要なことです。固定費を見直すことも一つのポイント。一度検討してみてください。