Amazon"呪術廻戦16巻"予約購入はこちら

【怪獣8号1巻ネタバレ】主人公が超人怪獣になってしまう漫画|感想まとめ

漫画

怪獣8号第1話『怪獣専門清掃員』

怪獣大国の日本。怪獣の発生率は世界でも指折りである、という説明から物語が始まります。

神奈川県 横浜市に怪獣が発生!

地域住民はただちに命を守る行動をとってください、という自然災害が発生したときのようなアナウンスが流れる中

防衛隊第3部隊による怪獣の討伐アナウンスが流れます。

防衛隊員による討伐後は、怪獣処理班の出動。

煌びやかな表舞台(ヒーロー)の仕事である怪獣の討伐部隊に対し、

地味で大変な目立たない仕事である怪獣の死骸処理部隊

主人公 日比野カフカ(32歳)は討伐部隊にあこがれる、怪獣の処理部隊。

怪獣専門清掃業者 モンスタースイーパーの職員です。

中でも大変なのは腸作業。

腸の中には何があるでしょう・・・

そうです。それを処理するのは大変臭いのです!

大変な作業を終え、家でTVを見るカフカ。

するとTVには今回の討伐第3部隊の隊長 亜白ミナ(27歳)の姿が。

・・・実はカフカとミナは幼馴染で、昔は怪獣に荒らされた町を見て二人で怪獣を全滅させようと誓った仲なのでした。

なのになぜじぶんは(TVを見ている)こっち側にいるんだろうと、落ち込むカフカでしたが・・・今の生活で十分だと自分に言い聞かせ、深酒をして寝てしまいます。

次の日、二日酔いで痛む頭をかかえながら出勤すると上司に呼ばれます。

そこで新人バイト 市川レノ(18歳)を紹介されます。

レノが防衛相を目指していることを聞き、こいつ(カフカ)も昔目指してたけどもう諦めちまってすっかりここの古参だと余計なことをしゃべる上司。

討伐部隊を諦めた理由を聞くレノ。

あやふやな言い訳をするカフカに、自分は諦めないから、死ぬまで理解できないと言い切るレノ。

それにムカつきながらも作業に向かうカフカとレノ。

現場につくと、昨日に続き今日もまた腸作業を命じられるカフカ。

レノも手伝うのですが、慣れないレノは吐き気が止まらず食事もできず・・・

そんなレノにカフカはゼリー飲料をあげ、鼻栓も渡そうとします。

そこでちょっと二人の距離が縮まり・・・

作業後、お礼を言いに来るレノ。

そして防衛相の募集は33歳未満に引き上げられるということを教えるレノ。

レノの優しさに、お礼を言うカフカでしたが

そのとき、振り向くレノの背後から怪獣が出現!!

食べられそうになるレノをすんでのところで助けるカフカ!

全力でここを離れて安全確保したら通報してくれと頼むカフカ。

立ち去るレノ。

巨大な怪獣を前に、諦めかけるカフカ。

ミナと幼少期にした勝負「どっちがカッケー隊員になるか」を思い返し、こんなはずではなかったと食べられそうになりながらも思うカフカでしたが・・・

突然、武器を持ったレノが戻ってきて怪獣の頭を殴ります。

自分の無力を知りつつ、叫ぶカフカ

と、ここで突然怪獣の頭が吹っ飛びます!

通報を受けた第3部隊がやってきたのです。

そこにはもちろん、ミナの姿が・・・

救助され、病院の相部屋に運ばれるカフカとレノ。

そこでカフカは再び防衛隊員を目指そうと心に誓おうとし・・・

ているところに小型の怪獣が目の前に現れ、なんと口の中に!!!

隣のベッドでカーテンごしにあばれるカフカを不審に思い、カーテンをあけるとそこには

怪獣になってしまったカフカが!!

2人してびっくりしながらも、通りすがりの患者にバレてしまい、即通報されて・・・!?

怪獣8号第2話『主人公・超人怪獣になる』

今回はミナの回想から始まります。

カフカとの幼少期を思い返しています。

怪獣と戦うときは、いつも俺が隣にいるから大丈夫だと言ってくれたあの頃のカフカ。

うそつき・・・とつぶやいていると、招集の連絡が入ります。

一方、怪獣になってしまったカフカはというと、力加減がわからず、触ったものを次から次に破壊してしまいます。

通報され、病院を逃げることになるカフカ。

レノと一緒に窓から逃げます。

途中、別の怪獣が現れ、逃げるチャンスだというレノですが、見過ごせないカフカ。

襲われている女の子と建物の下敷きになっている母親を発見。

2人が食べられそうになっているところを怪獣をぶんなぐって助けるカフカ!

驚く女の子を、笑顔で大丈夫だと言って聞かせますが余計に泣く女の子!笑

そこに、殴られた怪獣が戻ってきて・・・

レノに、二人の保護を頼み、本気で怪獣を殴ってみることに!

すると

ボゴオオン!!!

とすさまじいパンチで木っ端みじんになる怪獣!

それを見て衝撃を受けたのはレノや女の子だけでなく、もちろんカフカ自身も・・・

怪獣の血の雨が降ってくる中、ぜったいに人に向けてはいけない拳だと言うレノ。

「もう大丈夫だよ。お母さんを病院に連れて行ってあげよう」

と女の子に話しかける怪獣化したカフカに、恐怖しレノの後ろに隠れる女の子。

それを見たカフカは、レノが安全なところへ連れて行ってくれるよ、としゃがんで女の子に話しかけます。

そして自分はすぐにいなくなるから安心してと言い、その場を去ろうとします。

その時、女の子が

怪獣さん、ありがとう

とお礼をいいます。

その時、カフカは幼少期のことを思い返します。

ミナに、怪獣と戦うときはいつも俺が隣にいるといったとき、ミナは笑いながらも

「ありがとう。たしかに2人なら怖くないね」と言います。

それを思い返したカフカは、大人になって、ミナと一緒に怪獣に立ち向かっている自分を想像します。

諦めない!

「アイツの隣にいかなきゃなんねぇ」というカフカは、半分人間の姿に戻ります。

怪獣になってしまったけれど、防衛隊員に絶対になるんだと決意をするカフカなのでした。

怪獣8号第3話『防衛隊』

怪獣8号

怪獣化したカフカがニュースで報道されているところから始まります。

防衛隊がカフカにつけたコードネームは「怪獣8号」。

2話の騒動から3か月がたった今、カフカは日本中の防衛隊員に追われる身となりました。

一方レノは職場で上司に呼ばれ・・・

渡されたものは、レノとカフカの防衛隊第一次試験の合格通知でした。

急いでカフカのところへ行き、一次試験に通ったことを伝えると

怪獣の姿のカフカが「マジで?」と驚いて振り向きます。

なんで(怪獣)丸出しなんだよ!とツッこみを入れ怒るレノ。

焦って人間の姿に戻るカフカ。

32歳のカフカにとって、この試験は(33歳未満のため)ラストチャンス。

ライバル同士の2人は、お互い頑張ろうと張り切ります。

10日後

防衛隊員選抜試験二次の西東京会場に着く2人

2人が話していると、後ろから、「ねぇおじさん。おじさんってば」と話しかけられます。

俺?おじさん?

振り返ると、1人の少女と、その後ろには高級車と運転手が。

ガラガラに空いた駐車場なのに、自分の車を停められないからおじさんの車をどかしてくれと言ってきます。

怒るカフカに、今日のラッキーナンバー「5」だから「55」番に停めたいの、と主張します。

キレるカフカに、もういいわ自分でどける、といきなり服を脱ぎだす少女!

驚きながらも嬉しそうなカフカ!

しかし、服の下には・・・ボディスーツ。

そして軽々と、カフカの車を持ち上げます。

ドーン!と車を投げ飛ばしてしまいます。

君は一体・・・と驚くレノに、少女は言うのです。

「四ノ宮キコル。趣味は怪獣殺し 覚えときなさい!」

レノは、四ノ宮という苗字に覚えが・・・

そしてキコルはカフカに近寄り・・・

なんか怪獣臭くない?と詰め寄るところで話が終わります。

怪獣8号第4話『キコル登場』

いよいよ防衛隊員選抜試験 二次試験の開始です!

これは二部制の試験で、

一部が体力検査、二部が資質検査です。

カフカとレノは試験の分析をし、二部は内容が毎年変わるうえ、自分ではどうしようもない素質面であることから一部の体力検査で確実に点数を取っておきたいと話し合いますが・・・

怪獣の力を使えばトップに立てそうですが、カフカはみんなが努力してる中自分だけ怪獣の力を使ったら卑怯だと思い使いませんでした。

そして・・・

一部 体力検査結果、225人中219位という悲惨な結果に。

30代の衰えってやつか!?と息も絶え絶えになるカフカに、

5位だったキコルがあざ笑います。

前回、「日比野カフカだ。覚えとけおじょーちゃん!!」とでかい口を聞いていたカフカは恥ずかしくなり

「忘れて!!今すぐ俺の名前なんて忘れてッ!!」と泣きづらで叫びます笑

レノが小声で「まじで怪獣の力使わなかったんですね」というと、

かっこつけてないで使っておけばよかった!とまたしても泣きづらで叫ぶカフカ笑

一方、受験者名簿を眺める第3部隊隊長ミナ

受験者にカフカがいることを知ります。

他の隊員に、今回の受験者の話をさせます。

今回の受験者で注目を集めているのは一部の結果順位で言うと

第1位 陸自の若手ホープ 神楽木葵

第2位 東京討伐大学首席卒業 出雲ハルイチ

第3位 八王子討伐高専首席卒業 古橋伊春

そしてそんな彼らの目線の先には・・・

史上最高の逸材と謳われる少女、四ノ宮キコル。

そんなにすごい奴だったのかと叫ぶカフカに、その対応にびっくりするキコル。

煽るキコルに、またもやキレそうになるカフカですが・・・

ここで、第二演習場に場面が変わります。

第3部隊 副隊長の保科が挨拶をし、二部試験の説明を始め

二部では演習場で怪獣を討伐してもらう!と告げられます。

ここ2年、二部試験で怪獣の死骸処理が採用されていることをレノから聞いていたカフカはてっきり解体かと思っていたので、まさかの実践に驚きを隠せないのでした。

 

怪獣8号第5話『防衛隊入団』

怪獣の討伐を言い渡された受験者たちには、防衛相のスーツを支給されます。

着てみると筋力が数段あがったような実感のあるこのスーツ、解放戦力という数値が測定されます。

これはスーツの力をどれだけ引き出しているかの指標となっています。

レノは8%。

それしか力を引き出せていないと落ち込むレノに試験管の保科は初めてで8%出せたら上出来だと言います。

訓練を積んだ一般隊員で大体20%だと言いますが・・・

なんとキコルの解放戦力は46%!

すでに小隊長並みクラスのキコル。

そして出雲が18%、神楽木が15%・・・と数値を発表されていく中、カフカは・・・

0%!!

0なんてやつ今までいなかったと驚く試験管たちですが・・・!?

そのまま最終審査が始まります。

そして、最終試験には隊長の亜白ミナも審査に入っていることがアナウンスされ、ミナを意識するカフカ。

そこで、試験者側が受験者1人1人にドローンをつけてモニターしている理由を分析し、能力の状況に合わせてどう行動するのかを見ているんだと分析したカフカとレノ。

攻撃能力の低い自分たちがとるべき行動を考察します。

そして、攻撃手をサポートすることに!

怪獣に目くらましを食らわせるカフカ。

近くにいる出雲にその怪獣の皮膚は薄いからそこを狙えとアドバイスします。

そう、日ごろ怪獣の死骸を処理しているカフカは怪獣のことなら内蔵までお見通しだったのです。

このままいける!と踏むカフカでしたが、そこに横からカフカに別の怪獣がアタックしてきて・・・!?

怪獣8号第6話『四ノ宮長官の娘』

別の怪獣がカフカに横からアタックし、カフカは負傷します。

遠隔シールドを張る用意をする試験管。

遠隔シールドを張られるということは、そこで失格を意味します。

焦るカフカですが・・・!?

間一髪のところで、キコルが怪獣の頭を撃破!

「私のいる戦場で犠牲者なんて出させない」というキコル。

助かったと、ほっとするカフカに、私が華麗に片付けるから、あんたはそこで無様に転がってなさいと嫌味をいうキコル

何も言い返せないカフカに背を向け、そのままキコルは別の怪獣に向かって突進していきます。

一方カフカは複数個所骨折してしまい、保科にリタイアを勧められますが、そのままやらせてくれと言います。

絶対諦めない!と叫ぶカフカを見て、俺がフォローしますというレノ。

そーいうことなら・・・!というカフカがとった行動は

まさかの肩車!!笑

レノはカフカを肩車してキコルを追います!

一方、他の受験者たちの追随を許さず次々と怪獣を倒していくキコル

ついには、最後の怪獣までも一人で倒してしまいます。

あっという間に怪獣を一掃してしまったキコル。

最終審議はここで終了となりました。

さすがは四ノ宮長官の娘。と、ここでキコルの素性が明かされます。

間違いなく彼女は未来の防衛隊の要になると言う保科でしたが・・・

キコルが審議終了後も、その場に立ち尽くしていると・・・

いつの間にか、背後に一匹の怪獣が。

こんなの討伐リストに入っていないーと思うキコル

油断しているキコルに怪獣は

キコルの胸を指から出したなにかで貫いて・・・!?

 

怪獣8号7話『怪獣化カフカ』

試験が終わって気が緩んだカフカとレノでしたが、倒した怪獣たちがなぜか再び動き出し・・・!?

一方、胸を貫かれたキコルは、シールドの一点集中でなんとか心臓へは貫通させずに済みましたが重傷を負い倒れこみます。

そして、そこで目にしたのはキコルを攻撃した怪獣が、倒した怪獣たちを蘇らせその中の一体に対し「よしよし、あとはお前に任せるから」と言葉を発しているところでした。

そして怪獣は「よーく噛んで食べるんだよ」と言うと、キコルを指さし、腕や足を複数個所撃ってきました!

叫ぶキコル。

ここでキコルの今までの回想が始まります。

キコルは四ノ宮長官の娘。

他の人が褒められることは、それ以上の成果を出すことが当たり前。

他の追随を許してはいけない。

圧倒的な存在になれ。

と、完璧であることを強いられて生きてきたキコル。

だから怪獣に攻撃されても、何度も何度も起き上がります。

しかし、手も足もやられてしまい、なす術を失ったキコルは・・・

絶望し、ごめんなさいパパ・・・と、完璧でいられなかったことを父に謝罪します。

・・・と、突然「よく頑張ったなキコル!!」という声が!

目の前にはカフカがいました。

びっくりするキコル。

なんであんたがここに・・・

「お前が頑張ったおかげで、みんな避難できたぞ」と告げるカフカ。

・・・そして!

キコルの目の前で怪獣化し、「あとは俺に任せろ」というカフカ!

怪獣8号1巻感想まとめ

怪獣が出現し、討伐に向けての組織と社会体制が構築されて二十年くらいは経過している世界か。主人公の名前が「カフカ」なのは、よくわからない理由により「見つけられ」、体が「変身」してしまった不条理と、生かすか殺すかについていずれ「可」または「不可」を周囲が選択することになる…ということなのかなと。自分を「8号」として追う討伐組織にヒトとして入隊する流れとなり、果たして大丈夫なのか。秘密を分かつ人物が増えたところで次巻。あの『変身』と違って、カフカは孤立してはいないし、前職の知識があるのが強み。

次巻>>【怪獣8号1巻ネタバレ】主人公が超人怪獣になってしまう漫画|感想まとめ

おすすめ漫画>>【チェンソーマン1巻ネタバレ感想まとめ】元ネタも紹介

タイトルとURLをコピーしました