今回は学歴社会といわれる日本で中卒であるということは将来への不安の要因となることがあります。大卒や高卒からの就職活動に比べて、中卒という学歴が選考の際に不利になるのではないかという心配があるからです。

安定した生活を求めて実際に就職活動を始めたものの、なかなか正社員の仕事が見つからないと悩んでいる人もいることでしょう。そこで、中卒でニートの方に向けてニートを脱却しお金に余裕がある生活をするために解説します。事実受動的な方は中卒でなくても不利です。

まずは何をすべきかを説明していきますので見ていきましょう。

中卒ニートがやるべき3つの勉強

資格を取ること

 

資格の勉強をしましょう。資格を持つことによって世の中的に価値のある人になれます。

国家試験に合格していないとできない仕事も中にはあり、そういう仕事ができる人は希少性が高いです。資格試験の勉強計画を立てるコツの1つめは、なるべく小さな目標から始めることです。

例えば簿記に向けて勉強する場合、いきなり「簿記を1日2時間勉強する」と決めるのではなく、まずは「1日1つ、問題を解く」というような、確実に達成できる目標を立てましょう。

目標を小さくすることで資格試験の勉強を始めるハードルが低くなり、毎日机に向かう習慣が形成されやすくなります。習慣が充分に身に付いたと思ったら、資格試験の本番に向け、徐々に1日のノルマを増やしていきましょう。

読書をすること

読書をしましょう。読書をすることによって視野が広がることができます。読書とは「著者との対話」にほかなりません。

著者がどう考えているのか、どう感じたのか――著者の思考の過程をたどることで、自分以外の視点でものを考えることができるようになります。本を多く読んだ人は、多くの視点を持っているのです。

視野が広い人間になるには、とにかく学びのアンテナを広げることが大切です。身の周りのあらゆることに関心を持ち、ジャンルを偏らせることなくさまざまな種類の本を手に取ってみましょう。

ビジネス書しか読まない人は、小説や理系の本なども読んでみましょう。ベストセラー本や人気の本しか読まない人は、本屋で目についた本を「ジャケット買い」してみてください。広く食指を伸ばすよう心がければ、あなたの視野は驚くほど広がるはずです。

おすすめの本↓

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

お金の勉強をすること

最後にお金の勉強をしましょう。お金の勉強は中卒だとしても高卒や大卒の人も学ぶことが少ない勉強です。特にお金の役割について知っておくといいでしょう。また、お金を増やすためにもお金をどう運用したらいいのかなどをしっかりと学ぶことが必要です。

お金は1番大事なものではありませんがトップ10には必ずお金というワードが入ってくる人が大多数だと思います。なので、お金のゆとりは精神のゆとりでもあるのでまずはお金の根本を理解していきましょう。

おすすめのセミナーがありますのでお金について学びたい人は見てみてください

ファイナンシャルアカデミー

おすすめ!仕事探しならこれ!

食費/交通費/住居を提供

東京での環境を用意されます。
住居や食費など東京での生活や学習に必要なものを無償で提供。
様々な理由で東京への進出を諦めていた方、実現できます。

充実のカリキュラムで

自分の強みを力に実践的な、営業・人間力・マネジメント・マーケティング研修であなたの強みを能力へしよう。e-Learningなども、すべて無料で受講可能です。著名人・外部企業の講習、海外研修といった地元ではなかなか味わえない体験も!

同じ仲間との出会い

メンタル面もサポートが充実しています。「人生を選択する」ことを決心し集まった仲間との出会いはあなたの一生の財産に。そして、あなたが大卒者に負けない選択のための就活サポートも行っています。悩みや不安があっても、同世代のメンターが全力で共に向き合います。

おすすめの就職支援会社

【職/食/住】無償提供のヤンキーインターン

まとめ

ということで今回は中卒でニートの方向けにすべきことを3つ紹介しました。中卒だとまだまだ世の中的には厳しい目で見られる可能性が高いです。なので自分で能動的に勉強をすることをおすすめします。勉強ほど楽しいものはありませんし、ありがたいものです。しっかりと身に着けましょう。