絶対に買ってはいけない投資信託を3つ紹介│低リスク投資

投資

今回は絶対に買ってはいけない投資信託を3つ紹介したいと思います。リスクは冒さないといけないものですが危険すぎるリスクは冒さないようにしましょう。できるかきり堅実にやっていくのが投資のポイントです。ということでそれでは見ていきましょう。

投資信託とは


「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。投資信託の運用成績は市場環境などによって変動します。投資信託の購入後に、投資信託の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。このように、投資信託の運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。つまり、投資信託は元本が保証されている金融商品ではありません。

ダメな投資信託とは

購入時手数料がかかる投資信託

おすすめなのがノーロイド投資信託です。ノーロード・ファンドとは、販売手数料がかからない投資信託のことです。投資信託の販売手数料のことをロード(load)と呼ぶことから、販売手数料が無料の投資信託をノーロード・ファンドと呼びます。通常、投資信託を購入する場合には販売手数料がかかりますが、ノーロード・ファンドは、この販売手数料が無料です。販売手数料は証券会社などの販売会社がある程度自由に設定することができるため、同一の商品でも、販売会社によって異なる場合があります。投資でやっかいなのが手数料です。せっかくお金を働かせたのに、、、という状態から利益が少なくなるのは嫌ですよね

信託報酬が高い投資信託


信託報酬は、保有している間に引かれる手数料のことを言います。実際にいつ手数料が引かれるのかは後ほど解説いたします。信託報酬は保有している間、日に日に引かれていっているのですが、大抵「信託報酬〜%」と書かれているものは、年間でその割合の報酬を引くということです。信託報酬は基本的に0.1〜3%くらいに設定されていて、実はこれが高いものと低いものには、共通の特徴があるのです。例えば、アクティブファンドなどの高い運用目標を掲げる(ハイリターン)投資信託は、信託報酬が高くなります。しかし、アクティブファンドよりはおすすめはインデックスファンドです。プロでも負けるときがあるという投資の世界ではできる限り危険を冒さず、最小限のリスクで生きていくことが大切です。

毎月分配金の投資信託


分配金を支払う頻度が高いければ高いほど、その投資信託は複利効果が低いです。例えば全く分配を行わない場合と1年に1度分配を行う場合を考えてみましょう。元本(初期投資額)として100万円投資して、年利10%とすると、1年後には100万円が110万円になります。投資信託を解約しなければその110万円を運用に回すため、さらに1年後には121万円となります。仮に10年間投資信託を解約しなかったとすると、最初に投資した100万円が260万円弱になる想定です。一方、1年に1度、利益分(10万円)だけ分配を行うと、10年後には最初に投資した100万円は200万円と想定できます。このように、得られた利益を再投資することでさらなる利益を得ることを複利効果と言います。分配を行うということは、現金を得られる一方、「その現金を運用に回すことで得られる可能性がある利益に期待しない」という選択をしているのです。毎月分配型投資信託は、分配の頻度が高いため、複利効果という観点ではもったいない投資信託といえます。もちろん複利効果が低いことは悪いわけではありません。しかし運用の利益を毎月分配すると、このようなデメリットがあることも理解しておきましょう。

どういう投資信託がいいのか


おすすめはインデックス投資です。インデックス投資では、指数に連動する非上場の投資信託もしくは上場投資信託(ETF)から銘柄を選択して運用を行うことになります。そして、運用期間中は運用する上で発生した人件費や銘柄選定における調査費用などが含まれた「信託報酬」を支払う必要があります。この信託報酬が低コストという点がインデックス投資のメリットです。インデックスファンドは指数に連動しますが、アクティブファンドという指数に連動させずに独自の運用方針で銘柄を選定して運用するものがあります。アクティブファンドは、銘柄選定といった調査コストがかかるため、信託報酬がインデックスファンドと比較すると高めに設定されています。

おすすめの投資信託の本


改訂版 一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門

お金は寝かせて増やしなさい

まとめ

ということで今回は絶対に買ってはいけない投資信託を3つ紹介しました。具体的に上げてしまうとたくさんになってしまうので、必要最低限の知識は詰め込めましょう。自由な働き方をしたいのであればお金を働かせることが重要です。しっかりとお金の勉強をしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました