今回は月収100万越えの人が僕に教えてくれた、本について紹介していきたいと思います。

その本の名前は

パビロンの教え

です。

W君
W君

パビロンって何???

と思う方もいるでしょうが

 

この本にすべてが詰まっていると言われました。今回はそんなパビロンの教えから学んだ7つの教えを書いていこうと思います。

それではいきましょう。

収入の10分の1を貯金せよ

収入の10分の1を貯金しましょう。

毎月あなたの給料やバイト代の10分の1を貯金することがあなたの生活を豊かにするための第一歩です。

毎月収入の10分の1を貯蓄すればあなたは、10か月後にはお金を稼がなくても、1か月分の収入を得ることができます。お金を稼ぐことだけがすべてではないということを教えてくれていますね。また、毎日コンビニに意味もないのに行く、自動販売機でジュースを買うなどのことは浪費につながります。

お金には3つの使い道があります。投資、消費、浪費です。この中で一番悪いのは浪費です。つまり散財ですね。散財することであなたは一時は豊かになれますが長期的に考えれば豊かにはなれません。なのでコンビニや自動販売機であまりお金は使わないようにしましょう。

欲望に優先順位をつけよ

欲望に優先順位を付けましょう。

あなたがもしやりたいこと、夢がたくさんあるとします。しかし、全てをいっぺんに叶えることはほぼ不可能です。なのでまず1つだけ集中して叶えることをすべきです。そして、1つ叶えたら、次また他の夢を叶えて、どんどん叶えていけばいいことです。

最終的にはすべて叶えることも夢ではありません。なのでたくさん夢があるから全部叶えたいという気持ちはわかりますが、まずは1つに絞りましょう。

蓄えたお金を働かせよ

蓄えたお金を働かせましょう。これは株やFxをするという意味ではなく、どりらかというとお金になる木をを作れという意味だと思います。お金になある木を作る方法はいろいろとあります。

僕の友達の人は土地を買って駐車場を作り、月に5~6万円ほどの収入を得ていると言っていました。つまり、安易に金融投資に行くなということです。金融投資は稼げても利回り5%程度でしょう。なので1年間で100万円投資をしたら5万円だけしか出てこないのです。何もせずにお金が5万円増えたらいいですけど、少しの手間でお金をふやすことも可能なのです。

投資にも色々な種類があります。私が知人に教えてもらったことは金融投資は一番最後で、まずは事業投資をしろということでした。

危険や天敵からお金を守れ

危険や天敵からお金を守りましょう。

危険や天敵とは、税金や経済悪化からお金を守ろうということです。

株やFxを行う場合で一番気を付けなければいけないことは手数料です。さまざまな手数料が取られます。なのでできる限り手数料がないもの、低いものを選ぶといいでしょう。

また、今ではコロナウイルスによって経済が悪化している状態でもあります。このような状態からお金を守りましょう。

より良いところに住め

より良いところに住めというのは、高い家賃の物件に住めというわけではありません。

より良いところに住めというのは自分にとって環境のいい場所を示します。例えば、自分が向上できる場所である、仕事がしやすい環境や仕事場から近いこと、仲のいい友達が周りに住んでいることなど様々あると思います。

自分にとって環境のいい場所に住みましょう。私は田舎だけど30分電車で都市部に行けるところが将来住みたいところです。

今日から未来に備えよう

今日から未来に備えましょう。

これはどういうことなのかというと、、、

自分で能動的に行動しようということです。自分から積極的に行動しないと何も変わりません。例えば、学校の授業なんかもそうです。毎日受動的に受けていませんか?やるべきことは明確にありますか?

最終的な目標があるのに今何をすべきなのかわかっていないのはとても悲しいです。今何をすべきかを考えて挑戦しましょう。

自分こそ最大の資産

自分こそ最大の資本でもあります。

つまり、まずは自己投資をしろということでもあります。自己投資をして自分の価値を高めることが非常に大事になります。そして、それを武器にしてお金を稼ぐことも可能です。

勉強しただけというケースが非常多いです。この場合だと、釣りをして魚を釣ったものの、何もせずに販売していることになります。なので魚を何か調理してお客さんに出す行為をしなければいけません。お客に届けるまでの勉強もしましょう

まとめ

ということで今回はパビロンの教えという本から学んだ7つの教えについて話をしました。他の本でもおなじことを言っているものもあります。やはり成功者には共通点がありますね。お金についての勉強も大事なのでぜひしてみてくださいね。