新大学生におすすめなノートパソコン3選【生協PCはおすすめしない】

ガジェットのあれこれ

今回は新大学生におすすめなAmazonで買えるPCを紹介します。大学でパソコンを使うことは人それぞれですが、特に就活やゼミでは必須のアイテムになります。ぜひ新大学生のうちに買っておきましょう。

買っておく条件としてはやはり長持ちしてほしいですよね。そんなPCを今回は紹介したいと思います。それではみていきましょう。

新大学生のPC選びに重要なこと2選

性能

やはり性能はとても大切です。学生がノートパソコンを選ぶ際にチェックしたいのが「CPU」。CPUとはパソコンの脳みそといっても過言ではありません。もっとも重要なパーツのひとつで、CPUの性能が高いほど処理速度が早く、快適に作業できます。

スタンダードなのはCore i5シリーズ。文系理系を問わず、文書作成をはじめとした一般的な作業をスムーズに行えます。計算処理などの負荷の高い作業を行う理系学生は、Core i7シリーズがおすすめ。パソコンの使用頻度が高くなく、メールやワードがメインならばCore i3程度でも十分です。

また、CPUと同じくチェックしたいのが「メモリ」です。パソコンが一度に処理できる容量を表したもので、スペックが高いほど、複数の作業を同時並行に行えます。

スタンダードな容量は4GB。WEBページで調べ物をしながらテキストを作成する程度なら、スムーズに行えます。文系の場合は通常授業から卒論まで対応可能です。理系の場合は卒論時にデータを扱うことが多いので、8GB以上のハイスペックモデルがおすすめです。

軽い・大学ノートサイズ(持ち運びできる)

学校やカフェ、通学時の電車で作業したい方など、持ち運びを想定している場合は14インチ以下のサイズがおすすめです。14インチ以上のノートパソコンは基本的に据え置きとして使うのが一般的。カバンにも入れにくいので、持ち運びでの用途には不向きです。しかし、大画面で視認性に優れているため、家でしか使わない場合におすすめです。

また、重さは1.5kg前後が目安です。軽いほど持ち運びがしやすい一方、価格が高くなるのがポイント。安くて軽量のモノはスペックが低い場合があるので注意しましょう。家の机に据え置きで使う場合、重さは特に気にする必要はありません。

Mac book Pro

2020年の新型モデルこと13インチMacBook Pro は、先にアップデートされた2モデルとおなじく、新型シザー構造キーボード 「Magic Keyboard」 が従来のバタフライ構造キーボードの代わりに搭載しています。これですべてのMacBookのキーボードが 「Magic Keyboard」 に置き換わった形になります。

また、キーボードのほかにも標準搭載のストレージ容量が2倍に増量したほか、最新の第10世代Intelクアッドコアプロセッサが搭載されて処理能力が向上しています。動画編集・プログラミングもできる万能なパソコンです。

Apple MacBook Pro (13インチPro, 16GB RAM, 512GB SSDストレージ, Magic Keyboard)

Surface Pro 7

Surface Pro 7 には、第 10 世代 Intel® Core™ プロセッサが搭載されており、最大 16GB の RAM および 1TB の SSD の構成オプションが用意されています。高速充電、丸 1 日持つバッテリー、クイック起動により、どこでも作業を再開することができます。

また、Windows Hello サインインや Microsoft Edge などの使い慣れた機能を利用できます。Office 365 を使って効率的に作業し、OneDrive に安全に保存できます。

マイクロソフト Microsoft SurfacePro7

VAIO SX

はっきり見やすい12.5型フルHDディスプレイを搭載しているのが特徴です。VAIO SXは、コンパクトなモバイルノートPCで主流の11.6型ディスプレイよりも一回り大きな12.5型ディスプレイを搭載しています。A4用紙より一回り小さいコンパクトボディながら、テキストや表がしっかり確認でき、写真や動画などの映像コンテンツもきちんと楽しめるディスプレイサイズになりました。

VAIO ノートパソコン

まとめ

ということで今回は新大学生におすすめなPCを紹介しました。私的には大学の生協でPCを買うことはあまりお勧めしません。30万円払ってその分保証はすごいですが、そんなにパソコンもやわではないので丈夫なつくりはしていると思います。自分に合うものを買いましょう。

タイトルとURLをコピーしました