どうも、こんにちは

 

今回は大学生が読むべきおすすめの読書本を5選紹介したいと思います、読めば読むほど自分の身になる本でもあるので、よかったら本屋で見つけたときはちょっと買ってみるといいかもしれません。

 

大学生の勉強はもう高校受験や大学受験のようなものは必要なく、人生にとって価値を高める勉強が大事になります。価値はいろいろとあると思います。それこそ趣味でもいいですし、仕事で役立つビジネススキルもいいでしょう。

 

それではさっそく見ていきましょう。

大学生は本を読んで勉強しない?

「大学生になったら勉強しないでよくなるんだ」と考えている方も多いかもしれません。たしかに、勉強よりサークルやアルバイト、飲み会などに明け暮れている大学生を描くドラマや小説は多いですよね。実際はどうなのでしょう?

文部科学省が公開している、日本とアメリカの大学生の勉強時間を比較したデータ(2009年調査)を見てみると、アメリカの大学1年生(文系)が週に13.3時間の自習をしているのに対し、日本の大学1年生(文系)は、8.9時間しか勉強していません。大学に入ったばかりの1年生ですから、受験勉強から解放され、晴れて志望校への入学がかなったら、羽を伸ばしてしまうのでしょう。文系に限らず、理系でもおよそ同じような結果です。

4年生になると、日本人の大学生(文系)の週あたり勉強時間は14.5時間にまで増え、アメリカ人大学生(文系)の13.1時間を上回ります。卒業論文の準備が始まるためです。特に日本の理系学生は、実験などが大変なのでさらに勉強時間が多く、28.6時間という数字になっています。

上記のデータから、日本の学生は受験から解放された大学1年次にはあまり勉強せず、卒論が始まって必要に迫られてくると勉強時間が増える、という傾向があるといえるでしょう。つまり、大学生になっても、高校時代のように「受動的」な姿勢でしか勉強できない人が多いのです。

くわえて、キャンパスには「大学生は遊んでナンボ」という雰囲気が満ちています。「今日の1限、サボっちゃった」「昨日は徹夜で麻雀してたんだ」というような“サボった自慢”、“遊んでいる自慢”が、あちこちで耳に飛び込んできます。そんな環境に影響され、はじめは学習意欲に燃えていた人でも「勉強しなくても大丈夫なんだな」という自堕落な気分に陥ってしまいがちです。

もちろん、サークルや遊びなども、社会経験や思い出づくりの一環としてとても大切なものです。しかし、まったく勉強しなくなってしまったり、大学に入った当初の目標を忘れてしまったりというのでは、やはりもったいないですよね。なのでできる限り勉強しようという考えは大事ですね。

大学の勉強で困ったときは?

勉強が難しくてついていけない

 

 

 

 

大学の講義は、専門の教授によって行われるため、内容が高度なのは当然です。くわえて、大学の教授は「学問のプロ」ではあっても「教えるプロ」ではないため、余計に話が難しいと感じることもあるかもしれません。

どうしてもついていけないときには、授業が終わったあと、教授に質問しにいきましょう。少し近寄りがたいと感じるかもしれませんが、遠慮する必要はありません。

大学教授はみな、その学問が大好きで仕方がない人たちばかりです。そのため、質問をしにいくと多くの場合、喜んで答えてくれます。教授と1対1なら「そこをもう少し詳しく聞かせてください」と、わからないところを逐一聞き直すことができるので、理解がスムーズに進むでしょう。

また、入門書を読むのもひとつの手です。講義を聞いてよくわからないと「自分の頭が悪いのかな」と落ち込んでしまうかもしれませんが、初学者向けに書かれた簡単な本ならすんなり理解できることがあります。「大学生になったんだから大学レベルの勉強をしないと」と気負わず、まずは自分のレベルに合った参考書を見つけ、基礎からしっかり学びましょう。

勉強へのやる気を失ってしまった

 

 

 

 

入学前こそ熱心に勉強していたのに、大学に入ってから勉強の目標を見失ってしまった人もいるはず。高校生には志望校合格という分かりやすい目標がありますが、大学生の場合、「勉強を続けた先で得られるものがある」という感覚を持ちにくいためです。

おすすめなのが、資格試験を受験すること。資格試験を受けるとなると「何月何日までに、どれくらいの知識をインプットする」という具体的な目標ができるため、ぼやけてしまいがちな勉強の目的を明確化できるからです。

特に、TOEICやTOEFLといった英語系の資格は人気です。語学なら上達を実感しやすいですし、大学卒業後の大きな武器にもなります。あるいは、歴史能力検定や数学検定など、大学で学んでいることに直接関わるような検定にチャレンジするのもいいでしょう。

勉強ばかりの毎日がつらい

 

 

 

 

将来に備え、勉強漬けの毎日を送っている人もいるかもしれませんね。周りが楽しそうに遊んでいるなか、ひとり黙々と勉強していると、ときには「しんどいな」「もう勉強したくないな」とめげそうになることもあるでしょう。勉学に励むこと自体は素晴らしいですが、つらいと感じているのなら「勉強は1日4時間までにする」などと上限を決め、残りの時間は別の活動に充てることにすれば、うまく気分転換できるはずです。

たしかに、大学は勉強をしに行く場所ですが、勉強“だけ”をする場所ではありません。サークル活動やアルバイトなども、大学時代しかできない立派な経験のひとつ。勉強一本槍になるのではなく、ほかの活動もバランスよく取り入れて勉強とプライベートを両立させることが、充実した大学生活を送る上で大切です。

同じ目標に向かって勉強している友だちがいるなら、励まし合いながら一緒に勉強することもおすすめ。筑波大学大学院体育科学研究科の横山典子氏らは、個人運動のみのグループと集団運動も取り入れたグループとで、モチベーションにどのような違いが生まれるのかを調査しました。実験の結果、集団運動も取り入れたグループのほうが、個人運動のみのグループより25%も参加率が高くなり、「達成感」や「好奇心」の度合も高くなったのだそうです。

つまり、誰かと一緒に活動するほうがはかどるし、楽しめるということ。勉強にマンネリを感じはじめたら、ときには他者からの刺激も取り入れてみましょう。

おすすめの読書本5選

金持ち父さん貧乏父さん

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

7つの習慣

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

パビロンの教え

 

漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則

 

影響力の武器

 

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

 

ミライの授業

ミライの授業

まとめ

ということで今回は大学生が読むべきおすすめの本を紹介しました。勉強は本来いいものです。なので自分がしたいときに勉強ができる環境を作りましょう。勉強したらいいことはいっぱいあります。逆に得ないものは何もありません。なのでまずはあなたは勉強するための第一歩で本を読みましょう。