どうも、こんにちは

 

今回は飲食業界で常識である3つのものについて解説していきたいと思います。QSCとも言って「品質」、「接客」、「清潔さ」の3つです。ということでさっそく見ていきましょう。

品質「クオリティ」

品質であるクオリティです。やっぱりおいしいお店でないと来店してくれませんよね。もはや今ではネットの復旧によってやはり、クオリティは高くなっていき、「おいしい」のは当たり前であるということもなってきていると思います。

昔は、おいしくなくても、情報が少なかったので、その狭い地域でしか情報を得られなかったので、行っていたということもあったそうです。

接客「サービス」

2つ目は接客である、サービスです。料理はおいしくてもお店の接客が悪かったら人は来ません。難しいですよね。すごいおいしい料理ができても、態度が悪かったらお客さんは見ているので、それで評価してしまいます。

今ではお店の口コミもネットで見ることができてしまう時代です。なので、見えていないと思って気を抜いて変な態度をとってしまったらそれこそお客さんは見ているので評判は下がるでしょう。

清潔さ「クレンネリス」

清潔さも重要となります。よく言うのがあなたのお店のトイレはきれいかどうかということです。トイレでその地域の評判もわかってしまうと言われています。なので特にトイレはきれいにしましょう。店内もできるのであれば、ごちゃごちゃした感じのデザインではなく、すっきりとしたデザインの方がいいでしょう。

店は料理で言うのであれば、お皿になります。メインは食材です。なので凝ったお皿にするとメインが目立たなくなります。なのですっきりとしたデザインがいいと思います。

私が考えるもう1つの常識

私の考えるもう一つの常識は顧客情報です。顧客情報があった方が今後自分のお店の改善点が分かりやすいです。別にお客さんの個人情報のことを言っているわけではありません。どちらかというとアンケートの方です。アンケートを書いてもらってそれをデータ化してどの年齢層がどういった不満を持っているのかを分かるようにしておくとすごいいいと思います。

まとめ

ということで今回は飲食店の3つの常識について解説しました。どうだったでしょうか?飲食店の常識であるQSCは私も最近勉強して知りました。やっぱり一番大事なのは私的には清潔さかもしれません。まずはトイレをやっぱり見てしまうのもあるでしょう。ということで今回はこれくらいにしたいと思います。ありがとうございます。

他にも読んでほしいオススメ記事

カフェ運営に必要なブランディング

 

カフェ経営でファンを作るために必要なこと(回答)ファン同士を繋げる

【カフェ集客】Instagram編│SNSを使って来店してもらうきっかけを作ろう

カフェ経営ですべきブランド戦略│開業から考える8つの術

カフェ経営で売り上げを上げるためにすべき2つのブランディング

【カフェブランディング戦略】実店舗は何を売りにするのかで決まる

【副業】1人カフェ起業でするべき3つのこと

 

カフェ経営

 

カフェ経営での失敗談を7つ解説│結論)経営の仕方を学ぼう

カフェ経営で客数×客単価は意味がない?解説してみた

カフェ経営から学ぶ3つの時間の浪費│無駄はなくそう

カフェ開業が夢であればやるべき5つのステップ

【カフェ大繁盛】通販番組から学ぶ導線設計│経営・集客戦略

【週末カフェ起業】メリットとデメリットをそれぞれ3つずつ解説します

 

カフェ運営に必要な集客

 

カフェブログ集客をするときに注意する5つのポイントまとめ

【カフェ集客】集客できるホームページの5つのポイントを紹介するよ

カフェブログでWordPressを使うときにおすすめ無料テーマ紹介