理系大学生が「7つの習慣」を読んだ感想・レビュー

BLOG

今回は、7つの習慣を読んだので感想を書いていく。

「7つの習慣」とは、スティーブン・R・コヴィー博士によって書かれた人生を本当の幸福へと導く成功哲学です。成功哲学、自己啓発、ビジネス書の代表的な一冊です。本書は40か国以上の言語に翻訳され、全世界で2,000万部を越えるベストセラーであり、「ミッションステートメント」「第二領域」「Win-Win」「シナジー」など、本書で謳われている様々な概念がビジネスの場に留まらずあらゆる場所で当たり前に使われています。ということでさっそく見ていきましょう。

7つの習慣の具体的な7つの題材とは?

全部で7つの題材がありますが、今回は僕が興味を持った題材を1つ紹介します。

最優先事項を優先する

最優先事項を優先する。あなたはやりたいことがたくさんあるかもしれない。たくさんあるのはいいことだが、あなたは全部叶えることができるのであろうか?答えはNOである。だから自分のやりたいことを優先事項を決めて行動しなければならない。

成功者たちの共通点は、成功していない人たちの嫌がることを実行に移す習慣を身につけているということである。彼らも、必ずしも好きでそれをやっているわけではないが、自らの嫌だという感情を目的意識の強さに服従させているのである。

まとめ│7つの習慣を読んだ感想

今回は7つの習慣の第3の習慣を紹介しました。どうでしょうか?

他にも以下の習慣が今回の題材です。

第一の習慣:主体的である

第二の習慣:終わりを思い描くことから始める

第三の習慣:最優先事項を優先する

第四の習慣:Win-Winを考える

第五の習慣:まず理解に徹し、そして理解される

第六の習慣:シナジーを創り出す

第七の習慣:刃を砥ぐ
正直、抽象的な表現や難しい表現が多いので少し読むのに時間がかかるかもしれないが、大学生のうちに読んでおくときっと社会人になったときに役立つはずだ。なので、まずは店頭や図書館で見てみましょう。

タイトルとURLをコピーしました