どうも、こんにちは

 

今回は浪人生でもマルチ商法を勧誘される怖い話について説明していきたいと思います。まずお金を稼ごうと思うのであれば簡単に稼ぐことはできません。しかし、しっかりとした仕組みや稼ぎ方を知ればお金は稼ぐことはできるのですがマルチ商法はおすすめしません。マルチ商法は私自身浪人生時代勧誘され入るだけ入りすぐにクーリングオフしました。普通は学生は禁止されているのに勧誘するというほど人数が困っているんでしょうかね。ということでさっそくみていきましょう。

マルチ商法の勧誘手口

不満や不安を煽る

マルチ商法にハマる人は、収入や仕事内容など現状に不満を持っているように思います。勧誘員はまず、相手がどのような不満を抱えているのかを確認します。

夢を聞かれ、夢を叶えたいか?と聞かれる


例えば、勧誘される側が嫌な仕事を安月給で続けていて不満を抱えていたとしましょう。勧誘員は、不満を聞いたあとに「どうなれば毎日ワクワク過ごせますか?」などと相手の理想像を探り出します。このときに「紙に願い事を書くと叶う」という話をし、夢を明確化させ執着させていきます。勧誘員が、自分は夢を叶えて楽しく生きている人間だと演出できているほど相手は素直に話を聞きます。

夢とマルチ商法の販売を結び付けられる


自由になるためには、自分の時間を切り売りして得られる労働収入ではなく、労働に依存しない権利収入(不動産収入や株式の配当など)を得る必要があると勧誘される側に刷り込んでいきます。そして、実際に権利収入を得ている人を紹介し、「この人達について行ったら人生が良くなりそう」と思わせていきます。最終的になってはじめて、マルチ商法であると告げ、販売員になることこそが自由を得る方法だと刷り込んでいきます。

マルチでよく扱われる商品

以下がマルチ商法でよく扱われる商品です。しかし、マルチ商法で扱われている商品だからと言って品質が悪いわけではないでしょう。悪いのはいつも人です。悪い人には騙されないようにしましょう。

サプリ
化粧品
健康食品
健康器具
布団
浄水機
空気清浄機
情報商材
セミナー
旅行会員権

マルチ商法のデメリット

強引な勧誘で人間関係が破壊される


マルチ商法で実際にお金を儲けるには、個人の力で多くの人に商品を販売し、さらに勧誘して会員を増やさなければなりません。そのため、大きな収入を得たいと思うほど、強引に販売・勧誘をすすめてしまいがちです。多くのマルチ商法会員が、昔の友人・知人を勧誘することが多いのはそのためです。しかし、勧誘される側からすれば、「あいつはこれまでの人間関係を利用して、金儲けの道具にしようとしている」と映るでしょう。こうした噂がひろまれば、「あいつは自分のカモを探して勧誘しているだけだ」と、親しくしてくれる人も減っていきます。その結果、友人・恋人、ひいては家族など、あらゆる人間関係が破壊されてしまうことになります。残されたコミュニティは同じマルチ商法の会員たちのみ。こうしたマルチ商法「夢を叶える」「お金持ちになる」といったポジティブな目標を仲間内で共有しあうことが多く、ますますのめり込んでいくようになってしまいます。

そもそも、儲からない


マルチ商法は、商品を購入する権利を得るための代金として、高額な入会金や権利料を最初に設定していることがほとんど。また入会料が無料でも、事前に高額な教材を購入させられるといったケースもあります。こうした初期投資を回収するには、ある程度の勧誘・販売実績が必要となりますが、実際には勧誘に成功することはほとんどないのが実情です。よくマルチ商法やネズミ講を否定する理屈として、「1人のマルチ会員が必ず新規会員を2人獲得していった場合、1ヶ月以内に日本人すべてがそのマルチ商法の会員になってしまう」というものがあります。もちろん、実際にそんなことはありません。勧誘されて会員になる人数よりも、断る人数の方が圧倒的に多いからです。

まとめ

ということで今回は浪人生でもマルチ商法に勧誘されるという話でした。それほど人がほしいのか、、、と思ってしまいますよね。なので、あまりマルチ商法をしている人とは関わらない方がいいです。ということでそれでは、バイ!