浪人生が読むべき漫画8選│休憩中に読んでみよう

浪人のあれこれ

どうも、こんにちは

 

今回は浪人生が読むべき漫画を8つ紹介します。浪人中だからといってめちゃめちゃ根を詰めてしまって体を壊しては意味がありません。途中には必ず休憩を入れましょう。また、休憩中にも教養のあるものを読めるといいですよね。ということで学びある漫画を紹介していきます。

 

●ラブひな

●二月の勝者

●ドラゴン桜

●市場クロガネは稼ぎたい

●ここは今から倫理です。

●はじめアルゴリズム

●天地創造デザイン部

●インベスターZ

計8つです。さっそくみていきましょう。

ラブひな


浦島景太郎は幼い頃に女の子と交わした約束を果たそうと、東京大学の入学を目指す19歳。しかし、彼はすでに2浪の身。家を追い出され、祖母が経営する東京近郊の温泉旅館を頼るのだが、そこは彼の知る昔の姿とはまるで違っていた。唐突に「女子寮」の管理人となってしまった景太郎は、ドタバタに翻弄されながらも、東大入学、そして「約束」に近づこうと奮戦していく。



新装版 ラブひな(1) (週刊少年マガジンコミックス)

浦島 景太郎(うらしま けいたろう)


本作の主人公。ひなた荘の管理人。1979年1月5日生まれ。身長171cm。血液型はAB型。星座はやぎ座。東京都出身。一人称は「俺」。眼鏡を取ると童顔になる。
幼い頃に詳細不明の「約束の女の子」とした、「一緒に東大へ行く」という約束を守るために東京大学を受験する。物語当初は勉強は得意な方ではなかったが、浪人を重ねるたびに勉強に慣れ、周りにも勉強が出来る人間が集まり手伝ってもらったことから、三浪の末に東大合格を果たす。当初は合格すること自体が目的で、合格後にやりたいことが決まっていなかったが、瀬田記康との出会いによって考古学への道を志し、アメリカ留学を経て人間として大きく成長を遂げる。∞巻に掲載の結婚のお知らせによれば、最終話では東京大学の助教授になっている。所属は瀬田ゼミ。

二月の勝者


東京での中学受験前日、研修講師の佐倉麻衣は、吉祥寺校生徒である木下くんから、分からない問題の解説を頼まれる。彼の志望校に受かりたいという熱意に佐倉は彼を励ます。


二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (1) (ビッグコミックス)

ドラゴン桜


元暴走族の駆け出し弁護士・桜木建二(さくらぎ けんじ)は、経営破綻状態となった落ちこぼれ高校、私立龍山高等学校の運営問題を請け負うこととなった。

始めは清算を計画していた桜木だったが、破綻を回避し経営状態を良くするためには、進学実績を上げるのが手っ取り早いと考え、5年後に東大合格者100人を出す計画を考案する。

かつて受験指導に大きな実績を上げた個性溢れる教師を集めながら、開設した特別進学クラスに人生を諦めかけていた水野直美(みずの なおみ)と矢島勇介(やじま ゆうすけ)を迎え入れた桜木は、彼らに様々な受験テクニックや勉強法を教えていく。受験の結果、水野は東大に合格し進学、矢島は不合格となったが翌年の再挑戦を表明する。

ドラゴン桜(1) (モーニングコミックス)

桜木建二(さくらぎ けんじ)

本編の主人公で、元暴走族という異色の肩書を持つ弁護士。元はバスケ推薦で名門高校に行く事を約束されていたが、友人に負わされた借金による父親の保険金自殺によって、将来が狂ってしまい、自暴自棄となり暴走族となった。その後、立ち直って大検を経て独学で弁護士の試験に合格して虎ノ門に弁護士事務所を開設する一里塚として、龍山高校の再建に臨んだ。

なお、この件は本来下記の岡部が担当するはずだったが、桜木が元暴走族だったことを書いた週刊誌の風評被害により仕事がなく、本人曰く「岡部先生に仲介してもらえなかったら来月の家賃も危ないところだった」「(お見合いパーティでの井野真々子との行為は)タダ飯食うのにちょうどよかった」など生活に困憊していたため、岡部が譲るという形で担当となり、本来の内容は学校の民事再生法適用を告げた後、管財人となる弁護士が職務を引き継ぐ予定だった。

しかし、それだと「俺の役目が終わるからデカイことをしたい」と、龍山高校を進学校にする構想をその時練り、特別進学クラスを新設しその責任者に就任した(桜木以外の教員たちが「責任を負いたくない」と押し付けたのが実情)。その一方で、センター地歴の世界史を「スクラム勉強法」(自身の習っていない世界史を「3人」で共同して勉強する)という手法で生徒共に学ぶ。

 

リアリズムを徹底した生き方をモットーとし、自分の考えはハッキリ他人に伝え、性格は明け透けとしている。冷静で論理的かつリアリストで理屈っぽい人間あり、感情的な面を見せる場合もある。


本作の続編である『エンゼルバンク-ドラゴン桜外伝-』にて、龍山高校再建の成功から自身の経営している弁護士事務所の経営再建も成し遂げており、龍山高校の他にも学校再建を行ったことから「学校再建の救世主」と呼ばれている。更に自身の持つテクニックを全面に出した進学塾の経営も始めた。

市場クロガネは稼ぎたい


本作の主人公・市場クロガネは、ある日、学円園学園という学校に入学する。この学校は「いくら稼いだか」が評価される学校であり、クロガネも自分の力で稼ぐことを目指すが、入学早々、多額の借金を負ってしまう。しかし、クロガネは校内の人材をマッチングさせることで稼ぐことを思いつく。

クロガネが入学した時点で、学円園学園の生徒会は生徒会長・朝政ハガネが1人で業務を担っていたが、クロガネは新しい生徒会役員として、エルザ・スチュアート、イアラ・ミタル、クーロン・リューの3名を就任させるなど実績を上げ、彼が立ち上げた人材派遣を目的とする部活動・「神の左目」も順調に顧客を増やしていく。

しかし、「神の左目」の躍進に目をつけた学園屈指の資産家・覇我カズトが新しく部活動を立ち上げ、「神の左目」を潰して、学園における人材派遣業を独占しようと目論む。これに対し、クロガネは「神の左目」を上場させることで窮地を脱し、その後、借金を完済する。

一方で、校内ではハガネの失脚を目論む組織・地下生徒会が暗躍していた。その会長を務める主導シロガネは、夜景ナマリという生徒を使い、文化祭でハガネに対するデモを起こす。

デモは鎮圧されるが、シロガネはその裏で同志とともに校内の有力な部活動の買収を進め、生徒会長の解任権を有する議会を支配下に置くことに成功する。こうしてシロガネはハガネを失脚させ、後任の生徒会長として、自身の同志の1人、キース・久我山を擁立する。また、生徒会長を解任されたハガネも再び生徒会長に立候補し、2人の候補者による生徒会長選挙が行われることとなる。


市場クロガネは稼ぎたい(1) (裏少年サンデーコミックス)

ここは今から倫理です。


春。高校3年生らは体育、情報などから1つの選択科目を受けることになった。抽選が行われるほど人気の授業もあれば、受けることすら嫌がられるものもあった。その中で、倫理の授業が行われる教室には15人が集まる。倫理を受け持つ高柳は最初の授業で、「倫理は学ばずとも困ることはない」と、冷淡な様子で説明する。その言葉にある生徒は圧倒され、ある者は嫌悪し、ある者は尊敬の目を向ける。

その生徒の一人、教員の中でも有名な問題児である逢沢いち子は、高柳に艷やかな視線を向ける。1年前の出来事がきっかけで高柳に興味を抱いていた彼女は、授業後に高柳を誘惑しようとするも「自分が好きなのは教養のある女性だ」とあっさり受け流され、プライドを砕かれる

彼を見返してやろうと、手始めにボールペン字のテキストを手に取ったのをきっかけに、いち子は勉強にも関心を持ち、素行も改善されていく。そんなある日、その裏で不満を募らせていた元セックスフレンドの男子生徒らにいち子は強姦されかかる。

そこへ1年前のように高柳が現れて、言葉だけで彼らを追い払う。いち子は、彼女を慰める高柳の笑顔を見て、突発的に恋愛感情を告げ、彼に見合う教養を持った女性になると宣言する。そんないち子に、高柳は「愛こそ貧しい知識から豊かな知識への架け橋である。」(マックス・シェーラー)という言葉を言い残して去る。

ここは今から倫理です。 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

はじめアルゴリズム


老数学者の内田豊は、つまらない講演の仕事を依頼されて故郷の米作島を訪れた。廃校となっている母校の中学校を訪れ、かつて自分が書いた数式を発見した豊は感傷に耽るが、そこには何者かの手で謎の記号や絵が描き加えられ、数式が解かれていたのである。

ふらふらと校舎をさまよい出た豊は、そこで天才少年の関口ハジメと運命的な邂逅を果たす。ハジメがこれまで系統的な数学教育を受けていないにもかかわらず、天性の数学の素質を持っている事を理解した豊は、ハジメを島から連れ出し、自らの弟子として育て上げようと決意する。

そして外の世界へと飛び出したハジメは、自分と同じもう一人の天才数学少年の手嶋ナナオと出会う。


はじめアルゴリズム(1) (モーニング KC)

天地創造デザイン部


地球上のあらゆる万物を創造したとされる旧約聖書の神は天地や水を造った時点で面倒になって、生き物を造るのは“下請け”に任せることにした。その下請けである「天地創造社」のデザイナーたちが生き物の案を出し、エンジニアが実現可能か検証し、クライアントである神が採用の可否を決定する。

わがままな神様からの矛盾をはらんだオーダーに悩む、デザイナーと呼ばれる人間そっくりな謎の知的生命体が働く天地創造社に天上界から連絡係にあたる男女2人の天使が舞い降りて来る。熟練の業務連絡担当者であるセクシーなキャリアウーマン天使の上田は新人部下で青年サラリーマン天使の下田を新しい連絡係として派遣し彼らに紹介する。

下田は、激務ではあるがオシャレなデザイン部のデザイナーやエンジニアたちと歩み、紡ぎながら突飛なアイデアをもとに描かれた生物の独創性に富むデザインと造形にハラハラさせられるドタバタな毎日に慣れていく。頭を働かせて疲弊しているデザイナーとエンジニアたちを申し訳なく思った神様は3日間だけのガラパゴス島(別名:試作島)での慰安旅行を彼らに与え、デザイナーたちはこの慰安旅行を楽しむ。


天地創造デザイン部(1) (モーニングコミックス)

インベスターZ

北海道札幌市にある道塾学園は、全国屈指の学業成績を誇る私立の男子中高一貫校。炭鉱開発や漁業によって財を成した豪商・藤田金七により創設された。彼の方針により、開校以来生徒やその家族には授業料などの金銭的負担を一切かけないことになっている。

入学試験満点の成績で道塾に入学した財前孝史は、始業初日の放課後に野球部の活動に加わろうとしていたところ、ちょうど野球部まで案内するという先輩に出会う。

しかし、行先は校内図書館奥の扉からさらに先にある地下室であった。そこで麻雀をして遊んでいた数人の生徒は、自分たちは学校の運営資金を稼ぎ出す投資部であると名乗る。

財前は、得体の知れない投資部という存在に疑念を抱きながらも、麻雀で遊べるのならということで活動に参加することにする。


インベスターZ(1)

まとめ

ということで今回は浪人生が読むべき漫画を8つ紹介しました。どうだったでしょうか?漫画もモノによりますが勉強になります。特にインベスターZやドラゴン桜はとても勉強になる教養の漫画だと思います。よかったら読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました